雇用関係の存在を確立するためのPIPの力を高める

コサイス変更

左からの議員は、雇用関係の存在を確立するためのPIPの権限を強化するために下院に草案を提出した。オリジネーターによると、そのような変更は規則の施行をはるかに効果的にするでしょう。以下のプロジェクトの詳細!

左翼はどのような変化をもたらしたいですか?

労働関係委員会法および民事訴訟法を改正する法案では、現在の雇用形態が実際に雇用関係の特徴。したがって、全国労働監督官の検査官は、決定によって、雇用関係の存在を確認することができます。

雇用関係の定義はアートにあります。労働法の22§1: 雇用関係を確立することにより、従業員は、雇用主のために、彼の指示の下で、雇用主と雇用主によって指定された場所と時間に特定の種類の仕事を行い、報酬のために従業員を雇用することを約束します。

雇用契約を委任または特定のタスクの契約に置き換えることは頻繁な現象です。 2019年には、検査中に10回ごとの委任契約が問われました。特定の仕事の契約の場合、この規模はさらに大きく、それらのほぼ4分の1が質問されました。雇用主は、主に雇用コストが大幅に低いためにゴミを選びます。

PIPの権限の拡大は、雇用契約を大陸法契約に置き換えることの禁止をより効果的に施行することを目的としています。さらに、オリジネーターは、雇用関係の存在を確立する決定に対する上訴の問題で従うべき手続きも提案しました。

PIP認証が必要なのはなぜですか?

現在、労働関係委員会の検査官は、雇用関係を民法契約に置き換えることにより労働法の規定の違反を発見した場合、雇用関係の存在を確立するための訴訟を起こすことができます。変更の開始者は、この資格が不十分であり、労働裁判所での訴訟に時間がかかりすぎることを示しています。検査官の決定自体は、雇用契約の締結などの影響を及ぼし、直ちに執行可能になります。

PIPの権限を増やすことで、雇用契約をゴミに置き換える現象を減らすことができます。草案は4月14日に下院に提出され、新しい規則が承認された場合、それらはJournal ofLawsに公開されてから90日後に発効します。