ZUSによる退職前給付の削減または一時停止

サービス

現在、定年は女性が60歳、男性が65歳です。退職まで数年で、自分の過失によらずに雇用を終了した人は、退職前給付を受ける権利があります。
退職前給付は、職を失った人々を支援することを目的とした社会的保護の一形態であり、彼らの年齢のために、彼らが別の仕事を見つけることはより困難です。資格のある人は、それを受け取る権利を失うことなく雇用を得ることができますか?収入のためにZUSによる退職前給付を減額または一時停止できる時期を確認してください。

退職前給付の対象となるのは誰ですか?

退職年金の受給条件は、退職前給付法により規定されています。私たちは、次の条件のいずれかを満たす人がそれを受ける資格があると読んでいます:

  • 6ヶ月以上雇用され、56歳(女性)と61歳(男性)以上で、20年(女性)と25歳の退職年金を持っている雇用主の清算または破産により、雇用関係を終了した。年(男性)、または年齢に関係なく、34歳(女性)および39歳(男性)の場合。

  • 職場に関連する理由で雇用関係を終了し、そこで少なくとも6か月間雇用され、55歳(女性)と61歳(男性)に達し、退職年金の対象となる雇用期間があります。少なくとも30歳(女性)および35歳(男性)、または年齢に関係なく、35歳(女性)および40歳(男性)の高齢者の場合。

  • 少なくとも24か月間非農業事業を営み、破産したと宣言された。彼女は事業期間中社会保障負担金を支払い、破産日までに少なくとも56歳(女性)と61歳(男性)であり、少なくとも20歳(女性)と25歳の退職年金を持っています。 (男性);

  • 障害者年金の受給資格が終了した日から30日以内に5年間継続してポビアット労働局に登録され、55歳(女性)と60歳(男性)であり、退職年金は20年(女性)であり、 25歳(男性);

  • 介護手当または特別介護手当の権利が終了してから60日以内にpoviat労働局に登録し、休むことなく少なくとも365日間受け取ったが、介護をしていて、55年(女性)と60年(男性)以上を修了し、20年(女性)と25年(男性)の年金を受給している人。

さらに、上記の条件のいずれかを満たす人は、少なくとも180日間失業手当を受け取る必要があります。

  • 失業者として登録され続け、

  • 郡労働局が180日間の手当を受け取ったことを証明する書類を発行した日から30日以内に退職前給付の申請書を提出してください。

退職前給付を受け取るために、180日間の失業給付期間中に正当な理由なしに適切な雇用を拒否することもできません。 退職前給付の詳細については、以下をご覧ください。
退職前の給付-誰がそれらを利用できますか?
退職前給付-誰がどのくらいの金額でそれを受け取る権利がありますか?
退職前の手当-誰がどのような条件でそれを受け取る権利がありますか?

退職前の給付はいくらですか?

老齢年金や障害年金などの退職前給付は、年次インデックスの対象となります。現在、2019年3月1日から、給付額は月額1,140.99ズウォティになります。例外は、PUPに登録する前に障害年金を受け取った人の場合です。その場合、給付はこれまでに受け取った年金よりも高くなることはできません。就職により給付が減少した場合、退職前給付の額は570.50PLN以上である可能性があります。 2019年の退職給付は月額1,140.99ズウォティであり、追加収入による減額後は570.50ズウォティを下回ることはできません。

退職前給付を減額または一時停止する収入額

2019年2月18日に発表された社会保険機関の社長の発表(2019年2月のM.P.2019.204)で、私たちはそれを読みました:

  • 2019年3月1日から2018年の平均報酬の25%に相当する許容所得額は、月額1,146.30ズウォティです。

  • 2019年3月1日から2018年の平均報酬の70%に相当する所得制限は、月額3,209.60ズウォティです。

  • 2019年3月1日からの年間許容所得額はPLN13 755.60、

  • 2019年3月1日からの年間制限所得額は38,515.20ズウォティです。

これは、退職前給付または退職前手当を受け取っている人の収入が、平均給与の70%である月収制限よりも高い場合、ZUSはこれらの給付の支払いを停止することを意味します。一方、所得が平均給与の25%に相当する許容月収よりも高いが、平均給与の70%に相当する月収制限を超えない場合、ZUSはその金額だけ給付を減額します。許容量を超えています。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

ZUSはいつあなたの収入について知らされるべきですか?

退職前給付の受給者は、前会計年度(3月から2月まで継続して退職前給付の権利を決定する)の所得額をZUSに(5月末までに)通知する義務があります。 。従業員は雇用主が発行した所得証明書を提出しますが、事業を営む人は前年度の所得額の申告のみを提出します。これに基づいて、ZUSは利益を全額支払ったかどうかをチェックします。設定された制限を超えた場合、ZUSは不当に収集された利益の返還を要求します。 退職前給付を受け取る人は、翌年の5月末までに収入についてZUSに通知する必要があります。

例1。

2017年3月から2018年2月までの期間に、マリアン氏は月額1,040ズウォティの年金全額を受け取りました。許容所得額は1,011.80PLNでした。 2018年5月、マリアン氏は職場で得られた収入証明書をZUSに提出しました。

  • 3月-PLN1050、

  • 4月-PLN1050、

  • 5月-PLN1,200、

  • 6月-PLN1,200、

  • 7月-PLN1,200、

  • 8月-PLN1,200、

  • 9月-PLN1,200、

  • 10月-PLN1,200、

  • 11月-PLN1,200、

  • 12月-PLN1,200、

  • 1月-PLN1,200、

  • 2月-PLN1,200。

つまり、マリアン氏は3月と4月に年金給付の全額を受け取り、2017年5月から2018年2月までの月に、許容所得額1,200-1,011.80 = 188.20 x10か月1,882PLNを超えました。マリアン氏はこの金額をZUSに返還する必要があります。