労働法の変更-従業員の新しい定義!

コサイス変更

新しいポーランドの取引は、ポーランドの起業家、雇用主、従業員の心の安らぎを完全に破壊しました。このプロジェクトの巨大さは、他の一見小さな提案を覆い隠しており、それは労働法でも多くの混乱を招く可能性があります。私たちは何について話していますか?労働法のどのような変更が私たちを待っていますか?記事で説明します!

従業員の新しい定義

労働法の改正は、従業員の定義の拡張を規定しています。 KPの新しい記事は、次のようになります。「従業員とは、雇用契約、任命、選挙、任命、または共同雇用契約に基づいて雇用された人であり、また、この法律で規制されている範囲内で、別の契約、特に雇用契約に基づいて働く。サービスの提供。ただし、彼または彼女が、少なくとも6か月間、1日以上の期間に対応する期間、恒久的に直接仕事を行うことを条件とする。雇用契約の半分の時間」。つまり、委任契約、特定業務契約、代理店契約、サービス提供契約、自営業者、B2B契約に基づく協力者は従業員とみなされます。 -もちろん、適切な条件下で。特定の人を従業員として認識することの結果は、休暇や雇用保護などの従業員の権利を取得することになります。

契約の平準化

従業員の定義のまさに変化は、さらに提案された改革の出発点です。大陸法の契約を雇用契約と同一視する傾向があります。立法者はまた、個人事業主および民法パートナーシップのパートナーを事業活動の範囲内で実施しているが、従業員を雇用していない自然人に休暇を提案します。

労働法の改正-行為の目的は何ですか?

提案された変更の主な目的は、事業を営む自然人および雇用契約を履行していない他の人、およびサービスを提供するための他の契約の状況を規制することです。現在、これらの人々は実際には休暇に行く機会がありません。提案された法律は確かに労働市場の安定化と不正の排除に貢献し、その結果、雇用関係の下での雇用を促進し、労働法の規定を回避することを不可能にするでしょう。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

確かに、雇用契約は、従業員が多くの権利と特権を獲得するため、非常に有利な雇用形態です。個人事業主やサービスプロバイダーは利用できません。新しいプロジェクトは、民法上の雇用形態を雇用契約と同等にすることを目的としています。変更は軽微なようですが、労働法に重大な革命を引き起こす可能性があります。変更は2022年1月1日から適用されます。プロジェクトが現状のまま受け入れられるかどうかは非常に疑わしい。