請求パートIの変更

サービス税

ポーランドでは、商取引で最も頻繁に使用される文書の1つは請求書です。 VAT規制が施行された当初から、それを控除する権利はこの文書と密接に関連していました。したがって、請求書の発行、保管、および送信に関する規則は、税法の分野の専門家による際限のない検討の対象となってきました。 2013年以降に発生した請求書の変更をお読みください。

最近まで、税務当局は正式な請求書の問題に過度の注意を払い、VATを控除する権利を(多くの場合些細な理由で)弱体化させていました。購入者の名前やその他のデータの間違いは、起業家を負の税効果にさらしました。

2013年1月の初めに、長い間発表されていた規制の変更が行われました。彼らは請求書へのアプローチを根本的に変えました-彼らは文書を発行して保存するための規則を自由化しました。発行されたドキュメントがすべての正式な要件を満たすために最低限必要なデータのカタログを指定しました。

請求書の変更-何が起こったのですか?

ヘッダー「請求書」

最初から、つまりヘッダーから始めましょう。現在、起業家は「請求書」というフレーズを含め、「VAT」という単語を省略したり、ドキュメントに「請求書」というラベルを付けなかったりする場合があります。請求書で義務的にラベル付けする必要がある特定の名前を指定する規定はありません。省はこの文書の必要な要素を確立しましたが、その中で「請求書」または「VAT請求書」としてラベルを付ける義務はありません。したがって、納税者は自由にそうすることができます。現在の規制では、オリジナル/コピーという用語の使用は要求されていません。

車両登録番号

欧州連合指令の規定に従い、ポーランド政府は、燃料購入を文書化した請求書に車両登録番号を含める義務を廃止することを決定しました。この変更により生活が楽になったように見えましたが、VAT控除額が異なる複数の車がビジネスで使用されている場合に、燃料購入を今どのように文書化するかという疑問が生じました-50%と100%?税務当局は、この特定の燃料が乗用車ではなくトラック用に購入されたこと、および完全なVAT控除を受ける資格があることを検査中に証明する必要はありませんか?このような場合でも、実際には、起業家は登録番号が請求書に記載されていることを確認します。一方、1台または複数台の車両を使用しているが、VATを控除する権利が同じである場合、登録番号の入力は完全に冗長になります。

内部請求書

経済的売上高では、起業家がコミュニティ内の商品の取得(WNT)またはサービスの輸入を行う状況がしばしば発生します。このような取引は国の税率で課税されなければならず、その後、付加価値税が事務所に送金されます。ただし、同時に、アクティブな納税者は通常、この税を控除する権利を持っているため、経済イベント全体がVATに対して中立のままです。

2013年1月1日まで、起業家は、自分のために発行された適切な文書(内部請求書)を持っている場合にのみ、コミュニティの領域での商品またはサービスの購入に対する税金を控除する権利を取得しました。 2013年に省は内部請求書の発行を要求する規定を廃止し、2014年1月1日にそれらは完全に廃止されました。

重要なことに、規制は、例えばコミュニティ内の買収の場合など、起業家が商品やサービスに対する税金を決済するための基礎となる他の代替文書を示していません。そして、そのような状況で内部文書を発行する義務はどこにもありません。

したがって、起業家は別の文書で文書化せずにVATを決済できますか?答えはイエスです。トレーダーは恐れることなく内部請求書を完全に放棄できるようになりました。ご覧のとおり、請求書の変更により、前向きな簡素化がもたらされました。

請求書の署名

非常に多くの変更があり、政府が数年間、不明確で物議を醸している問題、つまり署名に対処していないのは残念です。請求書への署名義務が2004年に廃止されたとき、それは経済取引における文書の流れを容易にするだろうと想定されていました。しかし、立法者は1つの重要な問題、つまり訴訟手続きにおける証拠としての請求書の役割を考慮していませんでした。その瞬間から、署名された請求書と署名されていない請求書は、どちらの場合も規制に準拠していますが、裁判所によって異なる方法で扱われます。署名のない請求書は、法廷紛争においてはるかに少ない証拠力を持っています。したがって、支払い日が延期された請求書の場合は、購入者の署名に注意する価値があります。

請求書の変更-表示されたもの

簡略化された請求書

ポーランド政府は、EU規制の例に従って、起業家を和らげようとしました。この目的のために、完全に新しいドキュメントが作成されました-簡略化された請求書。現在、それに関連する規定はVAT法に含まれています。簡略化された請求書は、起業家が450ズウォティ(または100ユーロ)までの取引を行うときに使用できる特権です。それらの使用は義務ではないことを強調する必要があります-あなたはいつでも「標準的な」請求書を選ぶことができます。ただし、簡略化された形式の選択は、商品またはサービスの購入者の名前、姓、名前と住所、配達された商品の量と量、または提供されるサービスの範囲。その結果、何よりも時間が節約され、すべての起業家は「時は金なり」であることを知っています。

そのすべての利点とともに、簡略化された請求書には1つの欠点があります。それは、政府の起業家への不信によって引き起こされるアイデア全体を大幅に無効にすることです。何?つまり、簡略化された請求書の導入は、会計目的でも、時間の短縮と少額の経費の文書化に関連する手順の制限を目的としていました。簡略化された請求書に表示する義務からNIP番号のデータを除外しないと、実際には簡略化されたドキュメントを導入する意味が失われます。とにかく、トランザクションを文書化するために、つまり領収書をNIPで補足するために、起業家はキューで待機しますが、VAT請求書ではなく、簡略化された請求書を待ちます。

非VAT請求書

2014年には、VATを免除された納税者の請求書に大幅な変更が加えられました。また、15万人までの免税の恩恵を受けるとしてVATに登録していない人。 PLN、請求書を発行できますが、VAT請求書よりも義務的な要素が少なくなります。

口座は実質的に経済循環から撤回されており、この変更は納税者によって長い間待たれていました。どうして?

起業家は、これらの文書を適切に発行、保存、または送信する方法を知りませんでした。この問題の行動方針に関するガイダンスを提供する規定はありませんでした。一方、請求書の発行、送信、保存のルールは標準化されており、請求書の発行者とは無関係です。したがって、2014年までは有効なVAT納税者のみが文書に適用できたすべての規定は、VATを決済する可能性を除いて、免税納税者も使用できるようになりました。

毎月の一括請求書

最後に、2014年に導入された変更について言及する価値があります。 VATの納税義務が変更されましたが、ほとんどの場合、請求書の発行日とは関係ありません(以前は7日で、請求書の発行時期はVATの決済期間によって決定されていました)。一般的な規則によれば、現在、納税義務は商品の配達日またはサービスの提供日に発生します。起業家は翌月の15日までに請求書を発行する時間がありますが、翌月にこの法律に従って請求書を発行しても、VATの決済期間は変わりません。一方、規制により、翌月半ばに発行される一括請求書に、月全体のすべての配達をまとめて含めることが可能になります。これらは、立法者によって導入された請求書の次の前向きな変化です。