シビルパートナーシップのパートナーを変更するにはどうすればよいですか?

サービス

民法パートナーシップまたは商法会社の構成における主観的な変化は、広く理解されている経済的売上高および経済的変革の自然な部分を構成します。適用法を考慮して、主観的な変更を適切に行う方法を覚えておく価値があります。大陸法パートナーシップは特定の種類のパートナーシップであるため、変更を加える場合は、誤って(無知で)解散に至らないように、すべての活動を段階的に検討する価値があります。シビルパートナーシップのパートナーを変更するにはどうすればよいですか?答えは以下の通りです。

大陸法パートナーシップ-それが何であるか、契約書

アートに準拠。民法の860§1、定款により、パートナーは、特に貢献することにより、顕著な方法で行動することにより、共通の経済的目標を達成するために努力することを約束します。

上記のことから、市民パートナーシップには少なくとも2つのパートナーが必要であるということになります。これは、partnersという単語の複数形で示されます。

大陸法のパートナーシップには法人格がなく、芸術で指定された組織単位と見なすこともできません。民法の331。彼には司法能力もありません。それは、共通の経済的目標を達成するために形作られた、パートナー間の多国間義務関係です(民法第860条)。

アートで言及されている目的。民法の860は、パートナーの共同財産である資産の助けを借りて実装されています。このプロパティの機能は次のとおりです。

  1. 株式を処分して満足させることができない、および

  2. パートナーシップ中に財産を分割することが不可能である-共同所有の性格を与え、法定の夫婦の共通性によってカバーされる財産も区別します(家族および後見法の第35条)。

グダンスクの控訴裁判所が2017年10月31日の判決で指摘しているように、I ACa1186 / 17:経済的目的は広く理解されるべきであり、すなわち、利益の形で重要な利益を得ようとする試み、または最高を達成するためのあらゆる試みとして、与えられた資金の支出で、指定された財産タスクの実施の程度。したがって、それは、コミュニティにおける合理的な管理の一般的に理解されている動機と同等である必要があります。つまり、リソースを最大限に節約して最高の効果を得るということです。明らかに、このように理解された経済的目標の追求は、締結された義務について会社の債務者から利益を得ることに、そして会社の債権者に利益を提供することの両方に現れます。彼女の借金を支払うために。

大陸法パートナーシップ契約は書面で締結する必要があります。その重要な要素は次のとおりです。

  1. パートナーの定義-市民パートナーシップを確立する個人または事業体。

  2. 会社とその登録事務所の名前。

  3. パートナーの貢献とその価値の仕様。

  4. 定款の期間;

  5. 会社の代表;

  6. 利益と損失を分配する方法。

  7. 定款の終了方法。

シビルパートナーシップのパートナーを変更する方法

シビルパートナーシップにおけるパートナーの変更に関しては、2つの見解に注意することができます。それは、すべての権利と義務を別のパートナーに売却することを許可することと、シビルパートナーシップにおける権利と義務を譲渡する可能性を排除することです。

1995年11月21日の最高裁判所の決議に従い、III CZP 160/95:新しいパートナーが市民パートナーシップに参加し、既存の義務と権利を引き継ぐことは、他のパートナーを含む他のパートナーの同意を得て許可されます。同時に会社を辞めます。

ただし、アートの下で。民法の863§2は、民事パートナーシップのパートナーによる権利と義務の販売を禁止しており、最高裁判所の立場は疑わしいようです。

2008年2月11日のVCSK 325/08の判決において、最高裁判所は次のように述べています。パートナーの共同財産の株式の処分の禁止は、パートナーシップの存続期間を指します。また、パートナーが会社に居住している場合でも、撤回の結果はアートで規定されている和解であるため、この禁止事項が適用されることも想定する必要があります。民法の871。

したがって、アートから生じます。民法の863§2、パートナーの共同財産の株式の処分の禁止は、パートナーシップの存在期間に適用されます。したがって、シビルパートナーシップに2人のパートナーがいる場合、そのうちの1人の発生は、シビルパートナーシップの存在の終了に等しいと想定する必要があります。

アートを使用して、立法者。民法の863は、「パートナーの共同財産」という用語で、実際には、パートナー間の共同(非共有)所有権の性質を示していました。これは、ポーランドの法律で採用されている概念を裏付けています。これによれば、大陸法のパートナーシップは、パートナーとは別の法人ではなく、パートナー間の多国間義務関係です。したがって、共有の出現は、シビルパートナーシップ契約を締結することの規範的な結果です。この状態は、基本的な関係が続く限り、そしてそれがその社会的および経済的役割を果たすことができるようになるためにのみ持続します。パートナーシップ中に不可侵であるパー​​トナーの共同財産に対する権利は、パートナーが再開したとき(民法第871条)、またはパートナーシップの関係が終了したとき(民法第875条)に実現します。これらの仮定の結果はアートの結果です。民法第863条第2項では、パートナーの共同財産の株式を処分することは禁じられています。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

したがって、シビルパートナーシップ(2人パートナーシップ)で効果的かつ重要なパートナーの変更を行うには、新しいパートナーが最初に3番目のパートナーとしてパートナーシップに参加し、次にパートナーシップを離れたいパートナーが参加する必要があります。 3つの方法でそうするかもしれません:

  • 会計年度末の3か月前に参加を終了することができます。

  • 即時の効力(異常な状況)で参加を終了する。

  • 当事者(市民パートナーシップのパートナー)の合意により会社から撤退する。

パートナーシップのパートナーはまた、市民パートナーシップの定款で理由を指定することができ、その発生により、パートナーはパートナーシップから撤退する可能性があります。

パートナーシップからのパートナーの撤退の宣言は、標準の書面で行うことができます。それ以外の場合、パートナーの共同財産に不動産が含まれる場合。この場合、公証人によって証明された署名を使用して書面で作成する必要があります。

シビルパートナーシップ(2人パートナーシップ)のパートナーの変更は、いくつかの段階に分けることができます。

  1. パートナーシップへの新しいパートナーの加入-シビルパートナーシップ契約を新しいステータスに「更新」するためのシビルパ​​ートナーシップ契約の付属書の準備-その後、シビルパートナーシップの構成は3つのパートナーに増加します。

  2. 会社での活動を終了したいパートナーの発生。これは次の方法で発生する可能性があります。

    a)会計年度末の3ヶ月前に参加を終了する。
    b)即時効果(異常な状況)を伴う参加の終了、
    c)当事者(市民パートナーシップのパートナー)の相互合意による会社からの撤退。
  1. 大陸法パートナーシップ契約を新しい個人的地位に「更新」するために付属書を起草することにより、定款を再度変更する。

  2. 統計局と税務局の大陸法パートナーシップに加えられた変更の通知。

  3. 民法取引に対する税金の支払い-パートナーが民法パートナーシップに対して行った貢献に対する税金。

パートナーが会社から撤退しても、彼が会社を辞める前に発生した会社の債務に対する責任から彼を解放することはありません。既存のパートナーは、会社を辞めた後に発生した債務についてはもはや責任を負いません。