事業活動形態の変更および未完取引

サービス税

事業活動の法的形態の変更は、例えば、事業の発展または制限、パートナーの買収または喪失、および他の多くの状況の結果として発生する可能性があります。自然人によって個別に行われる経済活動を会社に、またはその逆に変換することは、履行するために必要な多くの義務と手続きを意味します。この記事では、保留中のトランザクションの側面について説明します。事業活動形態の変更および未完取引 -落ち着く方法を確認してください!

活動の法的形態とVATの変更

事業活動の法的形態の変更は、商品およびサービスに対する税金の決済に影響を与える可能性があります。それはすべて、新しいエンティティがその前身の法的な後継者であるかどうかに依存します。個人事業主を個人事業主(有限責任会社または株式会社)に転換する場合、そのような転換により生じた資本会社を、同条件で後継者として認定する法的根拠はありません。他の変革の結果として設立された企業の数。 商事会社法第551条第5項
「2018年3月6日の法律の意味の範囲内で経済活動を自ら行う自然人である起業家-起業家法は、事業形態を単独株主企業(変革企業)に転換する可能性があります(資本会社への起業家)」。 アートに準拠。 584段落。商事会社法第1号および第3号では、変身した会社は変身した起業家のすべての権利と義務を有し、これまで個人事業を行ってきた自然人が変身した日に変身した会社のパートナーまたは株主になります。 。

個人事業主から個人事業主への変換-費用請求書のVATの控除

個人事業から個人事業への転換の結果として、権利の面で継承があります。法的な承継とは、事業体が変革されると、新しく設立された資本会社が、個人事業主が締結したサービスの提供と商品の供給に関する契約の当事者になることを意味します。したがって、会社は変革の瞬間から、事業体の変革の日以降に請負業者によって提供されるすべての商品とサービスの受領者になります。

上記に関連して、変換の結果として設立された会社は、以前に実施された個人事業主のデータに対して発行された、変換前の事業活動に関連する請求書および修正請求書をVAT購入登録簿に含める権利を有します。ただし、これらの請求書が起業家に滞納することはないという条件で、購入者のデータを修正するため。

個人事業の運営期間中に発行された請求書からVATを控除する権利は、事業が個人事業会社に転換された後にのみ発生する場合があります。変革の結果として設立された会社は、個人事業主のデータに対して発行され、変革日の前に受領された請求書から商品およびサービスに対する税金を控除する権利もありますが、この税金を控除する権利が個人事業主が有限責任会社に転換された日以降に発生するまたは在庫。

例1。

個人事業主であるMarcin氏は、2019年12月1日に有限責任会社に転換することを決定しました。 VAT現金法を使用する会社からの会計サービスの請求書は、2019年11月30日に発行され、今年の12月5日、つまり、Marcin氏の個人事業主が有限責任会社に変更された日以降に支払われました。 「現金方式」の注釈が付いた費用請求書に適用される規制に従い、VATは請求書の支払い日にのみ控除できます。これは、個人事業主を会社に変えた後にVATを控除する権利が現れることを意味します。変換された会社は、この請求書から付加価値税を差し引くことができますか?

はい、変換の結果として新しく設立された会社は、VATの現金法を使用して納税者から受け取り、個人事業主が有限責任会社に変換された日に支払われる費用請求書からVATを差し引くことができます。

事業活動および未完了の取引の形態の変化-個別の解釈

費用請求書からのVATの控除に関する上記の見解は、2013年6月26日の個別解釈で確認されました。 IPPP2 / 443-287 / 13-2 / DG、ワルシャワの税務署長が発行。

事業活動登記簿への記載に基づいて事業を営む申請者は、資本会社への転換を検討している。変革後、企業は以前と同じ程度に活動を行うことを計画しており、自然人の企業のすべての資産および負債を変革された会社に「譲渡」することも計画されています。

次の質問がありました。転換された会社は、請求書に示されている仮払消費税を控除する権利がありますか、または転換日後に受領し、転換日より前に取引相手が発行した修正請求書の仮払消費税の額を減額する権利があります。変換日の変換前に彼らが行った売上、および変換された事業が変換日の前に仮払消費税額を控除しなかった場合に、商品またはサービスの購入者として変換された事業を示しますか?

この件に関して税務署の局長は次の立場をとった。

「申請者に発行された請求書および修正請求書からの仮払消費税の控除に関しては、主への転換日より前に発行された請求書が和解の基礎であり、購入者のデータを修正する義務はないことを述べておく必要があります。サービス/商品。したがって、当社は、VAT請求書および変換前の活動の一部として実行された取得に関してお客様に発行された修正請求書(記録された請求書の場合は自然人の活動)の目的で保持される記録に含める権利を有します。自然人との税金の滞納を引き起こさないでください。
[…]
同様に、有限責任会社申請者に発行され、変換日より前に受領された請求書から仮払消費税を控除する権利があり、申請者の変換日以降に仮払消費税を控除する権利が発生する購入については」。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

原価請求書の修正メモはいつ発行する必要がありますか?

請求書が、変換日の前に変換された起業家によって行われた購入を確認し、彼のデータが含まれている状況では、訂正メモを発行する必要はありません。

一方、請求書に変換日以降に行われた購入が記載されているが、変換された起業家のデータが購入者である場合は、修正メモが必要です。訂正ノートの発行の可能性の確認は、商品およびサービスに対する税法に記載されています。 付加価値税法第106k条
「アートで指定されたデータの範囲内のエラーを除き、エラーを含む請求書を受け取った商品またはサービスの購入者。 106e段落。 1項目8〜15、修正メモと呼ばれる請求書を発行する場合があります」。 この状況では、請求書のエラーは、アートで指定されたデータとは関係ありません。 106e段落。法の1項目8〜15(取引の対象の数量、価格、価値、税率、および金額に関するデータ)が、商品およびサービスの購入者。したがって、商品の配送またはサービスの提供を文書化した請求書が変換日後に発行され、その費用がその会社によって負担される変換された会社の買収に関連する場合、変換された会社は修正ノートを発行する必要があります。 VATを差し引くため。請求書は存在しなくなった事業体に発行され、商品/サービスの実際の購入者は新しく設立された会社です。発行された修正ノートが受け入れられなかったとしても、商品/サービスの実際の購入を文書化した特定のコスト請求書が無効な請求書になり、そこから購入者がVATを控除する権利を奪われるという事実の根拠にはなりません。この立場は、ワルシャワの税務署長が発行した2016年10月27日の税務判決によって確認されています。

要約すると、規則に従って、個人事業主を資本会社に、またはその逆に転換することは、転換された起業家の権利と義務を新しく設立された事業体に譲渡することを意味すると言えます。したがって、転換の結果として生じた事業体は、特に、事業体の転換後に控除する権利が生じた原価請求書から財とサービスに対する税金を控除する権利を有します。ただし、訂正ノートを発行する義務は、請求書を発行する瞬間、つまり個人事業主が個人事業主に変わる日付の前または後によって異なります。