CEIDGによる課税形態の変更

サービス税

事業を営むとき、起業家はいくつかの形態の課税から選ぶことができます。しばらくすると、最初は最も適切と思われていた形式がもはや当てはまらないことがあります。次に、それを変更することを検討する必要があります。疑問を投げかけるのは、課税形態の変更を税務署に通知する必要があるのか​​、それともCEIDGを介して更新を提出するだけで十分なのかということです。

PIT法に基づき、この法律の個々の条項に記載されている所得および税法の規定に従って徴税が免除されている所得を除き、すべての種類の所得は所得税による課税の対象となります。

課税形態の選択に関する宣言

アートに準拠。 9a段落。 PIT法第1条では、納税者が事業活動から得た所得は、納税者が税務署の所長に書面による申請書または申告書を提出するか、CEIDG-1申請書を提出しない限り、規模に応じて課税されます。変更、納税者は変更される場合があります特定の年に最初の税収が達成された月の翌月の20日までの課税形態。課税年度の12月に最初のそのような収入が達成された場合、その年の終わりまでに変更を行う必要があります。 納税者が税務カードの使用を決定した場合、またはそれをオプトアウトしたい場合は、1月20日までに通知を提出する必要があります。納税者が事業を立ち上げる場合は、開始前に通知を提出する必要があります。

例1。

2020年、岩名さんは事業からの収入に対する課税の一形態として一般規則を選択しました。 2021年から、彼女は課税の形態をフラットタックスに変更したいと考えています。これは、彼女にとってより税制上有利になるためです。岩名さんはいつまでに課税形態を変えるべきですか? 

岩名さんは、活動による所得の課税形態を変えるために、特定の課税年度で最初の所得を得る月の翌月の20日までに行う必要があります。したがって、税務署長またはCEIDG-1申請書に申告書を提出する義務があります。 

例2。

2020年、ヘンリーク氏は営業利益に税カードで課税しました。 2021年から、課税形態をフラットタックスに変更したいと考えています。彼は何日までに課税形態の変更を通知する必要があります。

2021年から課税形態をタックスカードからフラットタックスに変更するには、ヘンリーク氏は2021年1月20日までに通知を提出する必要があります。

さまざまな形態の課税に関する詳細情報は、記事「課税の形態-どのタイプの課税を選択するか」に示されています。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

課税形態の変更-申告書とCEIDGの提出

事業所得に対する所得税を伴う課税の基本的な形態は、税の規模に応じた課税です。上記の課税形態は法の下で利用可能であり、納税者はその選択の宣言を提出する必要はありません。規則で定められた期限内に適切な申告書を提出することは、いわゆる税の形で課税を使用する可能性のための必要条件です。フラットタックス。新年に初所得が得られた月の翌20日までに税務署長に税務形態の変更を通知する義務を課す個人所得税法の規定は、通知は税務署長に直接提出する必要があること。したがって、CEIDGへの登録申請を通じて提出されたという理由だけで、そのような通知の有効性を否定する理由はありません。したがって、CEIDG-1申請書の提出が税法で指定された期限内に行われた場合、上記の情報の提出は関連する義務の履行と見なされるべきです。

納税者が翌年に前年から課税を継続する場合は、税務署に申告する必要はありません。納税者が限度額を超えた場合を除き、課税を継続するのが通例です。特定の形態の課税を使用する権利があります。

wfirma.plシステムの課税形態の変更

wfirma.plシステムを利用して会計を継続する納税者の場合、課税形態を変更する場合は、特定の課税年度の最終期間である12月または4日の決済後にそれぞれ設定を変更する必要があります。四半期、選択した決済形式に応じて、前の形式の課税で決済する必要があります。次に、課税形式の変更は、次のスキームを使用して行われます。設定»税金»所得税。ここで、新年に適用される課税形式を選択する必要があります。

課税形態の変更にもかかわらず、システムは、計算された前払金に基づいて、以前に適用されたものを記憶し、システムで適切な年次納税申告書を生成できるようにします。