家族の健康保険への加入

サービス

家族は健康保険に加入した日から医療サービスを受ける権利があります。家族の健康保険への登録は7日以内に行われます。しかし、誰が家族の一員と見なされ、家族の絆を持つことが本当に必要なのか、それとも共通の農場を経営するのに十分なのか?

健康保険に加入する義務

家族を健康保険に登録することは、家族が自分のアカウントで健康保険の義務を負わない場合に発生する義務になります。たとえば、従業員、請負業者、非農業事業を営む人、失業者、学生などです。

これは、失業者として登録された人だけでなく、出産や育児休暇、失業手当の受給者、または年金受給者についてもZUSに報告する必要がないことを意味します。これは、上記の人が健康保険の独自の権利を持っているためです。

家族は次のように見なされます。

  • 18歳になるまで、自分の子供、配偶者の子供、養子、孫、または養子縁組が確立されている外国人の子供、または養子縁組または家族の孤児院の一部として養子縁組された外国人の子供。医師の研究を実施する教師養成機関、大学、または研究ユニット-26歳まで、および重大な障害またはその他の状態が同等に扱われる証明書がある場合-年齢制限なし。
  • 配偶者;
  • 被保険者と同じ世帯に残っているアセンダント(つまり、両親または祖父母)。

家族を健康保険でカバーするには、被保険者1人が家族を健康保険に登録するだけで十分です。

従業員はほとんどの場合、健康保険に失業している彼の子孫または配偶者を報告しますが、これらの典型的なケースを除いて、あまり標準的な状況もありません。

配偶者の子供の結婚と登録

従業員が配偶者の子供を健康保険に登録したい場合があります。それが従業員の自分の子供ではなく、彼の配偶者であるという事実は、そのような報告がなされるのを妨げる理由を与えません。法の意味上、配偶者の子供は家族の一員として扱われるため、配偶者が自分の社会的権利を持っていない場合でも、従業員が配偶者の子供を健康保険に加入させることができます。保険。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

同居者の健康保険の申請

健康保険に加入している人は、健康に関する規定の意味で家族の一員ではないため、一般家庭を経営していても、非公式な関係にある人を登録することはできません。保険。

従業員のパートナーは非就労者であるため、失業者として雇用事務所に登録した後、失業手当の受給資格がなくても、このアカウントで健康保険に加入します。

例1。

ある従業員が、5歳の息子を、彼が非公式な関係を築いているパートナーと一緒に育てています。従業員のパートナーは健康保険に加入する資格がありません。彼女は健康法の意味の範囲内で家族の一員とは見なされないため、従業員から健康保険の報告を受けることはできません。一方、彼は自分の子供として家族の一員であるため、従業員は息子を健康保険に報告する必要があります。

家族の健康保険への加入

家族の一員を健康保険に加入させるだけで、国民健康基金の下で州の医療サービス(州の診療所や病院)のサービスを利用できるようになります。家族の健康保険への申し込みは無料で無制限です。これは、実際に独自の保険のタイトルを持っていない限り、適格な人をいくつでもZUSに報告できることを意味します。

自営業者を含む自分の保険の拠出金支払人は、自分の家族を健康保険に登録する必要があります。自分で健康保険に加入しない他の人(従業員や請負業者について話している)は、健康保険に加入する資格のある事業体(雇用主または本人)に、この保険に登録する必要のある家族について通知する必要があります。被保険者は、健康保険に家族を登録する資格を与える状況が発生した日から、この情報を支払人に提供するために7日間の猶予があります。

したがって、申請書の形で登録または登録抹消の必要性について拠出金支払人に通知する義務があるのは被保険者であり、拠出金支払人は適切な形式のZCNA宣言を社会保険に提出する必要があります。機関(「健康保険の目的で家族に関するデータを報告する」)。

家族の一員の健康保険への申請は、従業員または請負業者が雇用主またはクライアントを通じて行います。一方、誰かが郡労働局に登録されている場合、彼はそこで家族が健康保険に登録されていると報告します。それはまた、事業を営む人によって行われます。