実地棚卸を準備する意思の通知-概要を含むテンプレート

ダウンロード

KPiR(一般規則、定額税)および収益記録(定額)を実行している起業家は、商品、材料、半製品、仕掛品、完成品、および不足と廃棄物の性質の在庫を準備する義務があります営業開始時、各課税年度の終了時、パートナーの変更の場合、および事業活動の清算の日。納税者は、実地棚卸を準備する意向を税務署長に通知する義務がありますか?

実地棚卸を準備する意思の通知-それは必要ですか?

KPiRを維持し、次以外の日に実地棚卸を行いたい納税者:

  • 12月31日と1月1日

  • 活動開始日

-彼らはこの意図について税務署長に知らせるべきだった。この義務は現在廃止されています。 2018年9月15日から、§28パラ。 KPiRに関する規則の4。これは、現在の起業家が実地棚卸に関する情報をオフィスに報告する必要がないことを意味します。

ダウンロードする:

pdf
実地棚卸を準備する意図の通知-サンプル(...)。PDFの説明:手動による完了 doc
実地棚卸を準備する意思の通知-サンプル(...)。ドキュメントの説明:編集、印刷、保存

事業の清算および実地棚卸の準備の意思の通知

事業を清算する場合、起業家は2つの実地棚卸を作成する義務があります。

  • 所得税の目的(商品、材料、完成品など)、

  • VATの目的で(アクティブなVAT納税者である場合)。

さらに、PITの目的のために、起業家は事業の清算日時点で残っている資産のリストを作成する必要があります。清算リストを作成するとき、起業家は原則として市場価格を使用する必要があります。

PIT目的の自然在庫

所得税の目的で作成された在庫は、税務署への提出の対象ではありません。知事に報告する義務もありません。

課税年度の1月1日時点で実地棚卸を作成する義務は、前の課税年度の終わりに実地棚卸を作成した納税者には適用されません。この場合、課税年度の1月1日現在の実地棚卸の代わりに、前の課税年度の12月31日時点で作成された実地棚卸が帳簿に入力されます。 2019年以降、一括払いの納税者は実地棚卸を準備する必要がなくなります。

VAT目的の実地棚卸

VATの目的での実地棚卸には、清算日に会社に残っているすべてのコンポーネントを含める必要があります。これらのコンポーネントを取得すると、起業家はVATを差し引く権利を持ちます(商品、材料、設備、固定資産)。 VATの目的で作成された在庫は、納税者がVAT-7またはVAT-7Kの和解申告書と一緒に税務署に提出する必要があります。重要なのは、在庫に基づいて決定された情報である起業家は、申告項目に表示する必要があります。つまり、アートで言及されている実地棚卸の対象となる商品やサービスに対する税額です。 14秒法の5。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

実地棚卸を準備する意図の通知-何を含める必要がありますか?

実地棚卸を準備する意思の通知には、義務的に以下を含める必要があります。

  • 手紙の日付と場所、

  • 納税者のデータ:名前と名前または会社名、住所(登録事務所)、納税者の​​NIPまたはPESEL番号、

  • 事業活動の形態に関する宣言(納税者が個別に事業を行うか、市民パートナーシップの形態で事業を行うかについての情報が記載されています)、

  • 在庫の理由(例:事業の清算)、

  • 納税者の署名。