PITアドバンスの支払い方法に関する通知-重要な情報!

サービス税

事業を営む場合、起業家は所得税の前払いを支払う必要があります。この点で報告義務を制限する利点の1つは、年次確定申告で直接PIT前払金を支払うという形式での通知です。その結果、納税者は、四半期ごとまたは簡素化された税の前払いの選択に関する追加の宣言の形で税務署長に通知する期限を守る必要がなくなりました。

四半期ごとのPIT前払金の支払い方法に関する通知

事業を始めた小規模納税者や起業家は、四半期ごとに所得税の前払い金を支払うことを選択できます。 PIT目的の少額納税者は、前の税年度の売上高の値を超えなかった起業家であり、次の金額に対応します。

  • 1,200,000ユーロをPLNに換算-2019年の小規模納税者向け
  • 2,000,000ユーロをPLNに換算-2020年と2021年の小規模納税者向け。

制限は、前年の10月の最初の営業日にポーランド国立銀行が発表した平均NBP為替レートに基づいてズウォティに変換されます。変換された値は、1000ズウォティに最も近い値に丸められる必要があります。 PITを目的とした少額の納税者は、売上高が以下を超えなかった起業家です。
-2020年の制限の場合-2019年の収益額は8,747,000ズウォティ、
-2021年の制限の場合-2020年の収入額は9,031,000ズウォティ。

アートに準拠。 44秒PIT法の3iでは、起業家は、四半期前払い方法を使用した課税年度の年次確定申告とともに、四半期期間のPIT前払いの支払い方法に関する通知を直接提出します。これは、納税者が税務署に追加の手紙を提出する必要がないことを意味します。そこでは、四半期の所得税を会計処理する特権を利用したいことを通知します。

起業家は、四半期末の翌月の20日までに、追加のフォームや申告書を提出せずに、四半期ごとの前払い金を支払う義務があります。

  • 4月20日-第1四半期、
  • 7月20日-第2四半期、
  • 10月20日-第3四半期、
  • 1月20日-第4四半期。

課税年度の終了後、起業家は年次納税申告書を提出する義務があります。

前払いの所得税の支払いについて詳しくは、以下をご覧ください。
-所得税の前払いの簡素化された支払い
-所得税の前払い-変更後の計算方法!
-所得税の前払い-支払い規則
-一言で言えば年次宣言-忘れてはならないことは何ですか? アートに準拠。 45秒PIT法の1では、年次納税申告書の提出の最も早い期限は、次の税年度の2月15日です。 2月15日より前に提出された年次宣言は、2月15日にのみ提出されたものと見なされます。したがって、起業家は、翌年の1月20日までに前年の年次確定申告書を提出した結果として、第4四半期の前払いを回避することはできません。 四半期ごとのPIT前払金の支払いフォームに関する通知は、フォームの年次確定申告書に記載する必要があります。

  • パートCのPIT-36-項目54の追加情報、

  • パートCのPIT-36L-項目18の追加情報

  • パートSのPIT-28-項目1のポイント189の追加情報。



PIT前払金の支払い方法に関する通知-簡略化された前払金

アートに準拠。 44秒PIT法の6bでは、起業家(相続企業を除く)は、簡略化された形式で所得税の毎月の前払いを支払うことができます。つまり、単純化された前払金は、特定の月に得られた実質所得に基づいて計算されません。簡素化は、非農業事業活動から得られた収入額の1/12の金額で、課税年度全体の毎月の前払金の固定額を確立することで構成されます。

  • 特定の課税年度の前の課税年度、または
  • 特定の課税年度より2年前の課税年度(納税者が非農業事業活動からの収入を示さなかった場合、またはこの収入が前の課税年度の免税額を超えなかった場合)。

事業活動からの所得に一般的な条件(税規模)またはフラットタックスで課税する納税者のみが、所得税の前払いの簡略化された形式を使用できます。一時所得税を支払う起業家は、単純化された形で前払金を支払うことはできません。 2019年1月1日以降、納税者は、所得税の前払金の支払いの簡略化された形式の選択について税務署の長に通知する必要はありません。ただし、次の義務があります。

  • 課税年度を通じて選択したフォームを使用し、
  • 前払いが関係する月の翌月の20日までに前払いを行う。
  • 年末以降に年次確定申告書を提出してください。

アートに準拠。 44秒PIT法の6dでは、簡略化された前払金の場合のPIT前払金の支払い方法に関する通知は、納税者が簡略化された形式で前払いを行った課税年度の年次確定申告で直接行われます。

所得税の簡易前払金を支払うことを決定した起業家は、フォームの年次確定申告でこの事実を示します。

  • パートCのPIT-36-項目56の追加情報、

  • パートCのPIT-36L-項目19の追加情報。、

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

要約すると、PIT法の改正により、納税者の​​簡素化が導入されました。これは、前払いの簡素化または四半期ごとの形式の選択について、年度中に税務署長に通知する義務を廃止することで構成されています。これのおかげで、起業家はオフィスでこの点に関して追加の手紙を提出するための期限を守る必要はありません。 2019年1月1日から、納税者は年次確定申告の準備中にのみPIT前払金の支払い方法に関する通知を提出し、納税者は納税年度中、納税者は時間通りに、そして選択したフォームに応じた金額。