留保された預金-それを正しく記録する方法は?

サービス税

賃貸、賃貸、建設の契約、および起業家間または起業家と自然人の間で締結されたその他の契約では、預金の概念に出くわすことがよくあります。保証金は、義務を守ることを保証するために提出された金額の合計です。預金や留保預金などの用語を説明する税法がないため、この定義はポーランド語の辞書から取られました。サービスまたは商品の受領者が契約条件を遵守している場合、保証金は返金されます。ただし、契約条件に違反した場合、サプライヤーは契約の全部または一部を保持することができます。

所得税を考慮した留保預金

所得税の観点から、預金は、納税者がお金を受け取ったにもかかわらず、将来返還される可能性があるため、彼の財産を構成しないため、収入を構成しません。その返品可能な性質のため、預金は税に中立です。預金の受領は、債権者にそれを留置する資格を与える状況がない限り、収入を認識する義務を伴いません。そのため、支払われた保証額は保釈金の性質を失います。預金が支払われるべき金額になったとき、すなわち納税者にそれを保持する資格を与える状況が発生したときに、収入が発生します。当事者間の合意には、保証金がいつ返還されるか、その場合は差し控えられるかを明確に記載する必要があります。当事者が契約を遵守しなかった場合、貸与されたアイテム、資産を破壊した場合、劣化した状態で機器を返却した場合、または契約から時期尚早に撤回した場合など、返品されません。

この場合、留保された預金は補償であり、収入に含まれ、所得税で課税されるべきです。留保された預金で収入と支出の税務台帳を保持している起業家は、預金を保持している月の他の収入として列8に表示する必要があります。その会計の基礎は、支払いの受領の確認とその拘留の理由に関するメモを伴う契約であるかもしれません。

重要!

補償としての留保金は税収を構成します。

例1。

アンナ夫人はウェディングドレスのレンタルを運営しています。ドレスを借りるとき、それは(どんな損害でもカバーするために)PLN500の保証金を請求します。クライアントの1人は、PLN200でアンナさんによって評価された小さな損害賠償でドレスを返しました。

預金の留保部分、つまりPLN 300(PLN 500-PLN 200)は、アンナの所得であり、彼女は所得税で課税する義務があります。

VATに照らして留保された預金

留保された保証金がペナルティ(補償)として機能する場合、契約上のペナルティと損害賠償は売上高、つまり実行されたサービスまたは商品の配達に対して支払われるべき金額ではないため、商品およびサービスに対する課税の対象にはなりません。

商品の配送とは、所有者として商品を処分する権利の移転を意味し、サービスの提供とは、自然人、法人、または法的人格のない組織単位へのサービスを意味し、品。

したがって、上記の定義に照らして、契約条件の不履行の補償として扱われた預金の保持は、商品の供給またはサービスの提供を構成せず、したがって、対象とはなりません。商品やサービスに対する税金。

重要!

ペナルティ(補償)として機能する留保金は、VATの対象ではありません。

預金を保持するために発行する文書は何ですか?

したがって、留保された預金がVATの対象ではない場合、VAT請求書または会計領収書で文書化することはできません。留保された預金は、VAT登録およびVAT申告にも表示されません。その一部または全部の保持を文書化するために、会計記録などの他の会計文書を発行することができます。