建築家の活動における著作権費用の適用-それは可能ですか?

Webサイト

税控除の対象となる費用の50%を適用することは、所有権のある著作権を扱う際の作者と実行者にとっての特権です。事業を営む多くの建築家は、自分たちが作成した作品に所有権の著作権を譲渡することによって増加した税控除の対象となる費用を利用できるかどうかを自問しています。この記事では、建築家の活動への著作権費用の適用について説明します。

専有著作権

50%の定額税控除の対象となる費用を適用する権利は、著作権の使用による作者、関連する権利の使用によるアーティストからパフォーマー、またはそれらによるこれらの権利の処分によるものです。所有権の規制により、作者は著作権の譲渡を目的とした契約を締結することができます。このようにして、作成者は自分が作成した作品の経済的著作権を購入者に譲渡します。

アート1秒著作権および関連する権利に関する法律の1
「著作権の対象は、価値、目的、表現(仕事)の方法に関係なく、あらゆる形式で確立された、個々の性質の創造的活動の現れです。」

以下の作品は著作権の対象となる場合があります。

  • 言葉、数学記号、グラフィックサイン(文学、ジャーナリズム、科学、地図作成、コンピュータープログラム)で表現されます。
  • プラスチック;
  • 写真;
  • バイオリン製作;
  • 工業デザイン;
  • 建築、建築、都市計画および都市計画。
  • ミュージカルおよび口頭-ミュージカル;
  • ステージ、ステージと音楽、振り付けとパントマイム。
  • 視聴覚(映画を含む)。

特定の作品が著作権または関連する権利の恩恵を受けるものとして分類されるかどうかを決定する権限を与えられた団体は文化国家遺産省であり、税務当局が決定することはできません。

建築家は50%の税控除可能な費用を適用できますか?

2018年から、個人所得税法と企業所得税法に変更が加えられました。これらは、草案の正当化に従って、納税者が税控除可能な費用の50%を使用できる新しい領域を編成および追加することを目的としていました。 。収入。

当時修正されたアートによると。 22秒PIT法の9bは、税控除の対象となる費用の50%を使用する資格のある職業の中で、とりわけ、アーキテクツ。 50%の定額税控除可能費用の規定は、「建築、インテリアデザイン、景観建築、建設工学、都市計画、文学、美術、工業デザイン、音楽の分野での創造的活動から得られる収入に適用されます。 、写真、オーディオの創造性。オーディオビジュアル、コンピュータープログラム、コンピューターゲーム、劇場、衣装デザイン、舞台デザイン、演出、振り付け、芸術的なバイオリン製作、民芸、ジャーナリズム。」

規則で導入された変更に伴い、著作権コストが増加しました。つまり、以前とは異なり、PLN42,764ではなくPLN85,528まで適用できます。

建築家の活動における著作権費用の適用

独自の事業を営む建築家の間では、50%の定額税控除の対象となる費用を適用する可能性について多くの疑問が生じます。残念ながら、この分野の規制は、この質問に対する明確な答えを提供しないように構成されています。さらに、近年の税務当局は、この問題に関して相互に排他的な立場を示しています。

  1. 事業を営む建築家は、非農業事業活動の一環として、著作権の移転との契約を解決する必要があります。
  2. 建築家の著作権の譲渡に関する契約は、財産権からの収入として分類されます。

上記の収益を事業活動からの収益として会計処理する場合は、一般的な決済規則を適用する必要があるため、ソフトウェア、ハードウェア、オフィスレンタルの購入などの実際の費用によってそれらを削減することができます。など。決済の形式、つまり、税規模に応じた一般的な条件で、またはフラットタックスで。

作成者の税控除可能な費用の50%を使用する特権を利用して、取得した収入は、取得した収入の50%の定額費用によって減額され、課税所得を受け取ります。

事業活動の一環としての著作権収入の会計処理

税務当局の最初の立場によると、特定の作品が実施された事業活動に関連している場合、その著作権から得られる収入は、建築家によって非農業経済活動からの収入として分類されるべきです。この立場の背後にある理論的根拠は、事業を営む建築家が利益のためにそれを行うという事実であり、したがって、作品の作成とそれに権利の移転はこれらのカテゴリーで考慮されるべきです。その場合、作品に関連する財産権を購入者に譲渡するだけで、収入を財産権からの収入として認識するための条件を満たすことは問題ではなく、活動からの収入として実行された仕事の債権の全額を決済します。

特定の特定の仕事の契約の下で起業家によって提供されるサービスが活動の一部として実行されるものと同じ性質である場合、そのような契約からの収入は一般に非農業事業活動からの収入として分類されます。

アートに準拠。 22秒PIT法第12条では、著作権および関連する権利の費用の50%の使用は、事業活動の過程で生み出される収入に関連して除外されています。これは、起業家が自分の事業以外の著作権から収入を得た場合にのみ、50%の定額費用を適用できることを意味します。

事業活動からの収入としての著者の収入-個人の解釈

上記の立場の確認、すなわち著作権の移転を伴う契約からの収入は非農業事業活動からの収入として分類されるべきであるということは、2012年5月30日の個別解釈(ITPB1 / 415-276 / 12)に記載されています。 / MR)Bydgoszczの税務署長によって発行されました。

申請者の質問は、申請者が作成したプログラムへのすべての著作権の販売から得られた収益を所有権からの収益として会計処理する可能性に関するものです。解釈はプログラミング活動に関するものですが、その本質は著作権の移転であるため、著作権の移転を扱っている建築活動にも適用できます。

アプリケーションで提示される将来のイベントでは、ソフトウェアに関連する活動は、上記の法定定義に照らして非農業経済活動の特徴を持ち、そのすべての条件を満たす。とりわけ申請者間違いなく、独自の名前と独自のアカウントで、継続的に(繰り返して一定の)新しいサブルーチンを作成します。また、法的に定義されたエンティティ内で組織され、ビジネストランザクションに参加するという基準も満たしています。アプリケーションに示されているサブプログラム(ソースコード)が、その効果である製品としての事業活動の一部として作成されることは重要です。

一方、起業家の財産に含まれるこれらのサブプログラム(ソースコード)の所有権は、企業の他のコンポーネントと一緒に特定の経済活動の実施に役立つため、使用することができます。

したがって、とりわけ、以下を含む活動の形での申請者の活動の種類。プログラム(ソースコード)の作成については、非農業経済活動として分類する必要があります」。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

財産権からの収入への著作権の移転を伴う契約の適格性

税務当局によって提示された2番目の位置は、財産権からの収入として起業家によって得られた著作権収入の資格です。この見解によれば、著作権の移転を伴う契約から得られた収入は、「所有権からの収入」からのものとして会計処理されるべきである。その場合、特定の活動が非農業事業活動に関連しているかどうかは重要ではありません。

上記の立場、すなわち、著作権の移転を伴う契約からの収入を財産権からの収入に分類する可能性は、とりわけ、カトヴィツェの税務署長が発行した2013年5月7日の個別判決(番号IBPBI / 1 / 415-175 / 13 / BK)。

2014年3月5日、著作権収入に関して税務当局が提示した立場の不一致により、財務大臣は、著作権の著作物への譲渡などから収入を得る事業を営む自然人について説明するコミュニケを発行しました。この活動の一環として作成または取得された場合、非農業経済活動からの収入として会計処理する必要があります。この種の収入は、財産権からの収入として認定することはできません。

要約すると、建築家が稼いだ著者の収入を経済活動からの収入として会計処理するか、財産権の下で収入として分類するかを決定するのは容易ではないと言えます。建築の分野で事業を営む起業家による50%の均一税控除可能な費用の適用は、特に財務大臣が発表した発表を考慮に入れて、検査の可能性がある場合に税務当局によって異議を申し立てられる可能性があります。ただし、個別の税務解釈のリクエストを送信する可能性があることを覚えておく必要があります。この場合、自分の立場を適切に正当化する必要があります。起業家が彼の特定のケースに関してそのような解釈を発行するための申請書を提出しない場合、建築家の収入を企業の収入と見なす方が安全です。