電子的に提供されるサービスの課税の原則

サービス税

電子貿易サービスはますます人気が高まっています。それらの中で、最も一般的なのは、トランザクションの当事者間でインターネットを介して送信される仮想アイテムの販売です。たとえば、ゲームの仮想世界の通貨やアクセサリーなどです。このような活動に携わる人々のほとんどは、正しいVAT率の適用について疑問を持っています。得られた所得に課税する規則を決定することにも問題があります。

VAT法に基づく電子サービス

交換の対象が無形であり、情報技術を使用して譲渡可能な仮想取引は、付加価値税法の規定に照らして電子サービスと見なすことができます。税務当局の上記の解釈は、その見返りに売り手である人が金銭の形で報酬を受け取る場合、さらに可能になります。

電子サービスの定義は、電子サービスの提供に関する2002年7月18日の法律で指定されました。電子的手段によるサービスの提供は、サービスの受信者の個別の要求に応じてデータを転送することにより、当事者が同時に存在することなく(リモートで)行われます。サービスは電子データ処理装置によって送信され、その全体が電気通信ネットワークを介して送信、受信、または送信されます。

原則として、物品サービス税は、とりわけ、国内の領土内での支払いに対する商品の配達および支払いに対するサービスの提供。ただし、アートに準拠。 8秒上記の1点1法の規定では、サービスの提供は、商品の供給を構成しない、法的な人格のない自然人、法人、または組織単位に対して行われるあらゆるパフォーマンスとして理解されるべきです。これらのメリットには、法的取引が行われた形式に関係なく、無形資産への権利の譲渡も含まれます。

EU規則を参照して

上記の一般規定に従います法の中で、電子サービスは、技術的に言及されている、電子的に提供されるサービスとして理解されるべきです。 2011年3月15日の理事会実施規則(EU)No.282 / 2011の7。前述の規則の条項によると、電子的手段によって提供されるサービスには、インターネットまたは電子ネットワークを介して提供されるサービスが含まれ、次の条件を満たす必要があります。

  • 自動化される、
  • 最小限の人間の参加が必要です、
  • それらの実装は、情報技術を使用しないと不可能です。

電子サービスには、特に次のものが含まれます(規則の第7条(2))。

  • ソフトウェア、その変更または新しいバージョンを含む、デジタル形式の製品の一般的な配送、
  • WebサイトやWebサイトなど、電子ネットワーク上の企業または個人の存在を可能にする、またはサポートするサービス。
  • コンピュータによって自動的に生成され、受信者によって入力された特定のデータに応答してインターネットまたは電子ネットワークを介して送信されるサービス、
  • オンラインマーケットプレイスとして運営されているウェブサイトを介した有料のオークション商品またはサービスの権利の譲渡、
  • 電気通信要素が補助的および二次的である情報へのアクセスを提供するインターネットサービスパッケージ、
  • 規則の付属書Iに記載されているサービス。

オンラインのヒント

会社を経営していて質問がありますか?

起業家ガイドの専門家のアドバイスを活用する

企業向けのオンラインアドバイス

したがって、売り手が報酬を受け取る冒頭で述べたサービスの提供は、売り手がVAT納税者であると定義しているため、そのような売上には課税する必要があります。一方、立法者は、電子サービスの割引率または免税のいずれも規定していませんでした。したがって、取引がその国の領土で行われる場合は、23%の標準税率で課税する必要があります。

電子サービスの販売と所得税

経済活動の自由に関する2004年7月2日の法律の結果として、組織的かつ継続的な方法でのサービスの提供は、事業活動の実施などの活動を検討するための基本条件を満たしています(第2条)。

したがって、営利目的の電子的手段による仮想製品の販売サービスを提供することを決定するときは、ビジネスを開始する必要があります。 CEIDG-1申請書を市役所に提出することで可能になります。市役所では、納税者が得られた収入を決済するための規則を選択します。そのような場合、起業家は記録された収入に対する一括税の恩恵を受けることができますか?はいはい。

起業家は、貿易の分野でサービス活動を行い、その間に以前に購入した製品(商品)または未処理の状態の商品を販売する場合、一括で決済することができます(第4条(1)(3)一時金所得税法)。上記の規定により、電子サービスを提供する者は、その活動の対象が未処理の形で提供される仮想商品であるため、一時金の権利を行使することができます。したがって、アートに従って。 12秒1ポイント5点灯。 b納税者が使用できる適切な定額料金は3%です。

上記は、2013年10月31日の個別解釈(参照番号IPTPB1 / 415-531 / 13-2 / MD)でウッチの税務署長が取った立場によって確認されています。本件の申請者は、仮想ゲーム通貨などの仮想コンピュータゲームアイテムの小売販売を提供する事業を開始することを意図していた。これらの商品は、申請者が購入したものと同じ形で転売されることになっていた。税務当局は次のように述べています。 「上記を念頭に置いて

オンラインのヒント

会社を経営していて質問がありますか?

起業家ガイドの専門家のアドバイスを活用する

企業向けのオンラインアドバイス

申請者が講じた措置の結果、購入した商品(商品)が上記に加工されない場合は、その旨を記載する必要があります。つまり、再販を目的としたこれらのアイテム(商品)は、アートに含まれる定義を満たす商品として扱われます。 4秒1ポイント4点灯。 a)自然人が稼いだ特定の収入に対する定額所得税に関する法律。したがって、仮想ゲームアイテムの販売からなる活動は、貿易分野のサービス活動に含まれるべきです。」

上記に沿って、ゲームで使用される仮想通貨の転売などの形で電子的にサービスを提供する予定の人は、最初の収入を得る日までに事業活動のパフォーマンスを報告する必要があります。その場合、納税者はより低い定額料金の恩恵を受ける完全な権利を有します。問題の仮想販売は、基本的な国内VAT税率で課税される必要があることに注意してください。