未払いの前払金の利息を計算する原則

サービス税

すべての事業納税者が毎月の前払い金を支払わないことによる税の影響を完全に認識しているわけではありません。財政上の罰則の可能性とは別に、税務当局が未払いの前払いの利息を計算する方法を説明することも価値があります。未払いの前払いの利息を計算するためのルールを記事に示します!

目覚ましい進歩への関心

時間通りに支払われなかった税金は滞納になります。アートに準拠。税法の51§2では、延滞税も、アートで言及されている前払いを含む、未払いの前払いと見なされるものとします。 23aまたは税金の分割払い。これは、未払いの前払金にも延滞利息が請求されることを意味します。

ただし、知られているように、前払いは、決済期間(例:課税年度)中に存在する部分的な義務です。一方、和解期間が終了すると、前払いは税金に変わるため、法的に存在しなくなります。

例1。

農業以外の事業を行う納税者は、2019年1月のPIT前払金を支払わない。税務当局は、この点に関して税務調査を実施するが、未払いの前払金の支払いを利息と一緒に請求できるのは、 2019.この日以降、個人所得税の範囲で年次納税義務が発生します。

課税年度中に手続が行われる場合、当局は前払税の額を指定して決定の利息を決定します。ただし、課税年度の終了後、税務当局は前払いの金額を指定する決定を発行することはできなくなります。これは、延滞した前払金についても利息を請求できないことを意味しますか? 課税年度中、所管官庁は未払いの前払税の額を決定します。これは延滞税です。納税者は、そのような前払いの利息を自分で計算します。利息期間は、前払金の支払い日から納税者による実際の決済日までの期間をカバーします。

未払いの前払いの利息計算の原則-利息の決定

アートに含まれる特別規則。税法第53a条第1項は、課税年度またはその他の課税期間の終了後の税務手続において、納税者が義務を負っているにもかかわらず、申告書を提出しなかったと税務当局が判断した場合、前払金の金額が申告書に記載されている金額と異なる場合、または前払金の全部または一部が支払われていない場合、この当局は、納税申告書の提出日における遅延支払の利息額を指定する決定を発行します。課税年度または別の課税期間、および納税申告書を期限内に提出しなかった場合-正しい税額が前払いされていると仮定して、申告書の提出期限の最終日の利息。

提示された規定は、特定の構造を規定しています。これは、利息の額のみを指定する税務上の決定です。この条項に従い、税務当局は、年度中に支払われなかった、または本来よりも少ない金額で支払われた前払金の利息の額を決定する権利を有します。規定の内容は、そのような決定が課税年度の終了後にのみ発行される可能性があることを明確に示しています。これは、以前の取り決めに対応しています。 税務当局は、課税年度の終了後に納税者による前払いの決定または支払いに誤りを見つけた場合、デフォルトの利息の額を指定する決定を発行します。源泉徴収税は年末に失効するため、この決定では源泉徴収税の額は指定されていません。 ただし、前払金の金額を指定しないと、税務当局はデフォルトの利息を計算できないことに注意してください。結果として、利息決定自体の本文では、特定の前払額の数学的計算を行う必要があり、それらは利息額を決定するためだけに決定され、それを強制するものではありません。これはアートの内容にも反映されています。税法第53a条では、「税額の前払い額が正しいと仮定する」という表現が使用されていました。

利息の決定は独立しています。これは、税務当局が特定の年の税額を決定する決定を発行していなくても発行できるという事実に表れています。 2019年5月6日のグリヴィツェの州行政裁判所の判決の正当化を読んだように、ファイル参照。 I SA / Gl 1204/18:

「個人所得税の未払い(または未払い)前払金の延滞利息額を指定する決定の発行は、この税の年間責任に関する以前の最終決定に依存しません。 「利息」の決定は、アートの下で、評価決定を発行した結果であることがよくあります。 53a O.p.利息給付には一定の独立性(独立性)があり、別個の独立した決定でその金額を裁定する可能性があります。個人所得税の納税義務に関する決定は、利息決定を発行する可能性についての予備的な問題ではありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

前払利息の計算期限

進歩が計算される期間は、アートの内容から直接生じます。税法の53a。前払金の利息額は、確定申告日、確定申告期限の提出期限の最終日に確定申告することを定めています。規定は明白に見えますが、事実の事例の分析はそれを非常に物議を醸しています。

例2。

事業を営む納税者は2018年に前払金を支払わなかった。2019年2月20日、納税者は未払いの前払金に対して延滞利息を支払い、2019年4月30日にPIT-36宣言を提出した。税務当局は、2019年4月30日までに前払金を請求する利害決定を発行しました。

上記の例の税務当局の運営は、規制に沿ったものでした。納税者は2月20日に全額を支払いましたが、税務署は確定申告日時点で前払いをする権利がありました。上記の場合、納税者はどのような最適な行動を取るべきですか?起業家は4月30日ではなく2月20日に確定申告を行う必要があります。これは、前払いは確定申告の提出日に計算されると規定されているためです。 利息決定の場合、税務当局は、課税年度または別の会計期間の納税申告書を提出した日、および納税申告書を提出しなかった場合に、未決済の前払いに利息を請求します。確定申告の締め切りの最終日。納税者による実際の支払いのタイミングは関係ありません。 前払利息の制限期間は税の場合と同じであり、前払期限が切れた暦年の終わりから5年であることを覚えておく価値があります。

未払いの前払金の利息を計算するための規則は、税法に特別な方法で記載されています。納税者は、税の前払いは年末に失効しますが、税務当局は利息決定を発行する権利を保持していることに注意する必要があります。利息を計算するためのルールも非常に不利です。そのため、追加の利息が請求されないように、できるだけ早く年次申告書を提出することが非常に重要です。