公共調達とその手続き

サービス

効率的に機能するためには、行政機関は経済的売上高に積極的に参加する必要があります。つまり、商品を購入し、サービスの提供を委託する必要があります。しかし、公的機関が公的資金を分配しているため、請負業者を選択する自由は非常に限られています。原則として、すべての公的契約の前に入札手続きを行う必要があります。

公共調達は、かなりの形式主義が特徴であり、契約通知の発行から請負業者との契約の署名まで、公共調達手続きの各段階は、公共調達法(以下、PPL)で詳細に規制されています。さらに、法的利益を有する請負業者は、契約当局の決定に対して上訴する権利を有します。残念ながら、これはまた、この手順の長さが長くなる結果になります。では、公的契約とは正確には何であり、それらの規則は何であり、それらを授与するための手順は何ですか?この記事で説明します。

公共調達とは何ですか?

公共調達機関は、PPLで完全に規制されています。アートで。 2節この法律の13には、「公共調達」の概念の法的な定義があります。それらは、契約当局と請負業者との間で締結された金銭的利益のための契約として理解されるべきであり、その主題は、サービス、配達、または建設工事である可能性があります。

公共調達契約の定義の重要な要素は、契約の料金です。契約を締結する場合、契約当局は資金の支出を計画する必要があります。支払いが契約当局の資金から直接行われるのか、請負業者による契約のクレジットを通じて行われるのか、または別のエンティティによる契約の一時的な資金調達によって行われるのかは関係ありません。立法者が契約当局によって費やされた資金の出所を法律で指定しなかったことも重要です。これは、公的契約が公的資金から支払われる必要がないことを意味します。特定の事業体がそのような可能性を持っている場合、その活動の過程で獲得した資金を使うこともあります。

公共調達手続きの重要な要素は、手続きの境界を構成し、これらの契約を実施するための方向性を設定する規則です。 PPLは、いくつかの基本原則を区別します。それらは次のとおりです。

  • 公正な競争の原則-入札に参加するすべての請負業者の利益の平等と尊重を確保する方法で手続きを実施する必要があります。

  • 平等の原則-契約を申請するすべての事業体は、同じ、平等な条件で扱われるべきです。

  • 公平性と客観性の原則-契約当局に関連する事業体の入札への参加を禁止します。

  • 公開性の原則-議事録からの情報と文書が公に利用可能であるべきであることを意味します。

  • 入札手続きの優位性の原則-公開入札と制限入札は、他の手続きよりも調達手続きにおいて優先されます。

公的契約を授与する基本的なモード

公的契約を締結するための手続きは、公的調達手続きを行うプロセスです。各手順は、契約を締結するために契約当局と請負業者が満たさなければならない特定の条件を定義します。

公共調達手続きの基本的な手続きは次のとおりです。

  • 公開入札-関心のあるすべての請負業者がこの調達プロセスに参加できます。

  • 制限付き入札-入札に参加するには、請負業者は最初に入札への入場申請を提出する必要がありますが、入札は入札を提出するよう招待された請負業者のみが提出できます。 無制限および制限付きの入札は、法律で指定されている価値、契約の種類、またはその他の基準に関係なく、すべての調達ケースで使用できます。

契約当局がどの手続きを使用できるかを決定するには、まず、契約の対象を指定する必要があります。次に、契約の計画値、つまり注文者が支払うことができる特定の商品またはサービスの価格を決定する必要があります。上記を決定した後、契約条件を説明してください。彼らはいわゆるで規制されています注文の基本条件の仕様。利用規約の最も重要な要素の1つは、入札評価基準と入札評価方法です。 ただし、これらのモードは最も形式化されていることを覚えておく必要があります。PPLは、これらのモードに最も厳しい手順要件を課します。したがって、特定の注文が他の注文モードのいずれかの基準を満たしている場合、いわゆる簡略化されたモードでは、契約当局が主にそれらを使用します。

公的契約を授与する他のモード

簡略化されたモードのカタログには、次のものが含まれます。

  1. 発表との交渉

公開交渉手続きとは、契約公告後、契約当局が、参加を認められた請負業者を招き、価格を含まない仮入札を行う手続きです。次に、契約当局は彼らと交渉を行い、その後、交渉された申し出を提出するように彼らを招待します。

PPLはまた、最初のオファーを提出するために招待される請負業者の最小数を規制します-少なくとも5つ必要であり、契約額がEUのしきい値(つまり144,000ユーロ)を超えない場合は3つです。

公開を伴う交渉された手順は、以下の状況の少なくとも1つで使用できます。

  • 元の公開入札、制限付き入札、または競争的対話は請負業者の選択につながりませんでした(すべての入札は拒否されました)、そして契約の条件は大幅に変更されませんでした。

  • 供給、サービス、または作業の性質と関連するリスクにより、契約の早期評価が妨げられます。

  • オープンまたは制限された手順で最良のオファーを選択できるように、契約の主題の詳細な特性を定義することはできません。

  • 契約の対象は、研究、実験、または開発の目的でのみ実施される建設工事です。注文された工事は、利益を提供したり、研究または開発の費用を賄うことを目的としていない場合があります。

  • 契約額は特定の年のEUのしきい値を超えません-2019年の基本的なしきい値は144,000ズウォティです。ユーロ(620 885 PLN)。

  1. 競争力のある対話

競争的対話手続きの下で、契約の公示に続いて、契約当局は、選択した経済運営者と対話を行い、入札を提出するように彼らを招待します。

競争力のある対話を行うことができるようにするには、契約当局は少なくとも5人の請負業者を招待し、契約額がEUのしきい値(つまり144千ユーロ)を超えない場合は3人にする必要があります。

このモードは、次の状況の少なくとも1つが当てはまる場合に使用できます。

  • アートに従って契約の主題を説明することができないため、公開入札または制限付き入札の形で公開契約を授与することはできません。 30および31PPL;

  • 最良のオファーを選択するための基準は価格だけではありません。

  1. 発表なしの交渉

これは、契約当局が選択した請負業者とのみ契約条件を交渉し、入札を依頼する調達手続きです。

契約当局が手続きに参加するために招待しなければならない経済事業者の最小数は5人です。ただし、契約が専門的な性質のものである場合、契約当局は2人の経済事業者の招待に限定することができます。

このモードは、次の状況の少なくとも1つが当てはまる場合に使用できます。

  • 元の自由形式または制限付きの入札手順では、契約条件が大幅に変更されていないにもかかわらず、オファーが提出されなかったか、すべてが拒否されました。

  • 授与機関は、賞が公表なしの交渉への招待であり、少なくとも2人の請負業者が選ばれた競争を実施しました。

  • 契約の対象は、純粋に研究、実験、または開発を目的として製造されたアイテムであり、利益を提供したり、発生した研究または開発コストをカバーすることを目的としたものではありません。

  • 予測不可能であり、契約当局に起因しない契約を締結する緊急の必要性があります。

  1. 単一ソース注文

単一調達は、選択された1社の請負業者と交渉を行う調達手続きです。

単一ソース調達を使用できるようにするには、次のいずれかの状況が発生する必要があります。

  • 技術的な理由により、契約の対象は特定の請負業者のみが実行できます。たとえば、創造的な活動の契約の場合などです。

  • 賞品が単一ソース調達手順の下で交渉するための勝者への招待である競争が開催されました。

  • 予測不可能であり、契約当局に起因しない契約を締結する緊急の必要性があります。

  • 当初の公開入札または制限付き入札では、オファーが提出されなかったか、すべてが拒否され、契約条件が大幅に変更されていませんでした。

  • 既存の請負業者に追加のサービスまたは作業を提供する場合、主契約の対象外であり、合計50%を超えない契約履行が必要であるという条件で、適切な履行に必要な、履行されている契約の価値。

  • 過去3年間の既存のサービスまたは建設工事の請負業者に補足契約を付与する場合、最大50%を構成する基本注文値。注文は、同じタイプのサービスの繰り返しに基づいている必要があります。

  • 特定の経済事業者の清算、特定の経済事業者の執行または破産手続きに関連して、特に有利な条件で供給契約を締結することが可能です。

  • 配達の注文は、商品取引所法の意味の範囲内で商品取引所で行われます。

  • 契約額がEUの基準額よりも低い場合、契約は外務局法の規定の意味の範囲内で外国の使節団によって授与されます。

  1. 価格についての質問

これは、契約当局が選択した請負業者に依頼し、最良の条件を提示した請負業者にオファーを提出するように依頼するモードです。さらに、契約の対象は、確立された品質基準で一般的に利用可能な供給またはサービスのみであることが条件です。ただし、契約の価値はEUのしきい値を超えることはできません。

契約当局が招待状を送付しなければならない経済事業者の最小数は5人です。選択した請負業者のうち2社未満が入札を提出した場合、手続きはキャンセルされます。

  1. 電子入札

電子入札とは、ウェブサイトに掲載されているフォームを使用して契約を締結する手続きです。このモードでは、請負業者はいわゆるいわゆる形で何度もオファーを提出することができます入札の増分(従来の入札の場合と同様)。これらのオファーは自動的に分類されます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

公共調達とそのモード-まとめ

したがって、公的機関が契約を締結するためには、商品、サービス、または作業のいずれであっても、最初に公的調達通知を作成する必要があります。契約の主題、オファーを選択するための基準、および提出されたオファーを評価する方法の指定が必要です。重要なことに、契約当局は、それによって実行される各契約が、開放性、公正な競争、平等、ならびに公平性と客観性の原則に準拠するように注意する必要があります。

ご覧のとおり、公共調達手続きは高度に形式化されていますが、公的機関は通常、数十万または数百万ズウォティに数えられる膨大な量で運営されているため、当然のことです。特別な場合や契約の価値が比較的高くない(EUのしきい値を超えない)状況では、契約当局は簡素化された手順を使用できます。これにより、契約当局と経済運営者の両方が時間とお金を節約できます。