サービスまたは商品の部分的な配達および収益が発生した瞬間の前払い

サービス税

販売された商品やサービスの多様性と量は、起業家による昔からの急いでの配達と相まって、商品やサービスの部分的な配達をしなければならない場合があることを意味します。次に、特定の供給またはサービスに所得税を課税する時期を自問します。売掛金と行われた配達が異なる報告期間に発生すると、収益の適切な決済に関する問題が発生します。では、商品の部分配送の前払金を決済する方法と、サービスの部分配送の前払金を決済する方法はどうでしょうか。

VAT収入の発生日の一般的な規則

事業からの収入の出現の基礎は、起業家が実際に受け取られていなくても、その後にそれらを追求する権利を有する、すなわち、締結された書面または非書面の貿易契約から生じる金額です。返品、付与された割引、および続きの価値を除く。

さらに、アクティブなVAT納税者の場合、商品やサービスに対する税金によって売上高が減少します。

アートに準拠。 14秒PIT法の1cで、収入が発生する日付は、その日までに、アイテムの配達、財産権の販売またはサービスの実行、またはサービスの部分的な実行の日付です。

1)請求書の発行、または

2)売掛金の支払い。

サービスが請求期間に請求されることに当事者が同意する場合、収益が発生する日付は、少なくとも年に1回、契約または発行された請求書に指定された請求期間の最終日であることを強調しておく必要があります。

したがって、収益は、商品が配達された日、財産権が売却された日、サービスが提供された日、またはサービスが部分的に実行された日に発生します。ただし、その日付より前に請求書または決済金額が発行された場合、収益はより早く、つまり最も早いイベントの1つの日付に発生します。

前払いはPITの収入を構成しません

アートに準拠。 14秒PIT法の3ポイント1では、収益には、次のレポート期間に実行される商品およびサービスの供給のために回収された支払いまたは予約された売掛金は含まれません。

では、商品の部分的な配達の前払いやサービスの部分的な配達の前払いを受け取った場合はどうすればよいでしょうか。

進歩の本質は収入の資格の本質です

支払いの性質により、前払いとして受け取った支払いの識別が決まります。税収とみなされる拠出は決定的なものでなければなりませんが、前払いと前払いは、支払われたサービスの実行日の前に毎回返還される可能性があるため、この性質のものではありません。したがって、特定の支払いが次のレポート期間に実行される特定のサービスの前払いであるという事実は、締結された契約の規定に起因する必要があり、ドキュメントの内容に反映される必要があります。

2014年5月6日のワルシャワの税務署長の個別の解釈。参照番号付きIPPB1 / 415-161 / 14-2 / ES。

配達の支払い

アートを思い出す。 PIT法第14条(1i)において、上記の所得創出の瞬間を考慮していない事業​​活動からの所得の受領の場合、所得が発生した日は、支払い。たとえば、起業家は請負業者と契約を結びます。その目的は、商品に関連するリスクと、請負業者の倉庫に配達されたときに所有者として商品を処分する権利を移転することです。商品の特定の配達は、特定の日に指定されます。ここでは、起業家が月末に請求書を発行し、翌月に商品をリリースする場合と、1〜2日後に行われた商品の配達に対して月末に支払いを受け取る場合があります。翌月に。

商品が配達される前に請求書が発行された場合、商品が後日配達される場合でも、収入は請求書または支払期日が支払われた日に発生します。

ここで、請求書が発行される前に支払いが行われた場合、収益は支払い日に発生することに注意してください。また、商品がリリースされるたびに前月に請求書を発行することは、ここでは関係ありません。

これは、2014年11月17日のワルシャワの税務署長の個別の解釈によって確認されています。参照番号付きIPPB5 / 423-887 / 14-2 / MW。

サービスの部分的な提供に対する前払い

テクノロジー業界に含まれる活動は複雑であるため、起業家は、作業または商品の生産の個々の段階に部分的な請求書を使用する予定です。最初の部分的な請求書は、クライアントとの契約に署名した後、プロジェクトの開始時に発行されます。契約は、その主題が実施の個々の段階で構成されることを指定します。この請求書は、クライアントにプロジェクトを提供する段階ですでに起業家の関与の解決を文書化するためのものです。

起業家は、部分的な請求書の発行日に収益を認識する必要があります。また、実行された作業の早期の売掛金を受け取った場合、それらは次の段階に関連するため、将来の配達の回収された支払いと見なすべきではありません。顧客との契約締結に起因する製品およびサービスの提供作業。

この立場は、2016年7月6日のポズナンの税務署長の個々の解釈に反映されています。参照番号付きILPB3 / 4510-1-203 / 16-4 / AO。

将来の利益のための前払い

起業家が顧客との口頭で合意した合意に従って、将来のサービスの提供を行う状況を考慮に入れましょう。カウンターパーティは、特定のサービスに関連するサービスの提供に対して最終的な前払いを行います。これらの金額は、これらのサービスのパフォーマンスの価値の全部または一部を表しています。所定の支払いの受領は、事前請求書を発行することによって確認されます。アートに準拠。 14秒PIT法の1cでは、支払われた前払金は、受領時の収入を構成します。

同じ意見は、2014年5月6日の個別の解釈においてワルシャウの税務署長によって共有されています。参照番号付きIPPB1 / 415-161 / 14-2 / ES。

商品の部分配送の前払い

事業活動を行っている起業家は、配達が行われる前にそれに向けて寄付を集めます。注文の履行時間は異なり、外国のサプライヤーからの商品の入手可能性によって異なります。注文を実行できない場合、収集された前払い金額は請負業者に返還されます。

この場合、支払われた前払いは起業家の収入を生み出しません。さらに、上記の支払いが繰延収入と見なされるためには、指定された金額が次の(後で)報告期間。したがって、行われた支払いは、決定的または最終的なものではないため、支払い時の税収にはなりません。

上記の論文は、2014年9月25日の個別の解釈でワルシャウの税務署長によって確認されています。参照番号付きIPPB5 / 423-631 / 14-2 / MK。

最終的かつ決定的な性質の、後日行われる商品またはサービスの部分的な配達に対する前払いの前払いの要約(このサービスまたは商品の配達の価格は、特定のパフォーマンスの前に事前に決定されます)配達またはサービス)は、課税対象の収入が発生した瞬間として扱われる必要があります。

2014年4月15日のポズナンの税務署長の個別の解釈、ファイル参照番号:ILPB3 / 423-16 / 14-2 / JG。

したがって、実際には、商品の部分的な配達の前払いまたはサービスの部分的な配達の前払いは、VATとPITの両方の観点から、受領日の収入を構成する場合があります。