従業員が支払う事業購入-決済方法は?

Webサイト

従業員を雇用した後のかなり一般的なケースは、彼らのビジネスに使用されるさまざまな種類の商品やサービスの購入です。彼らはそのような購入に対して私費で支払うことが起こります。それでは、従業員が支払った事業購入の決済方法を確認しましょう!

従業員が支払う事業購入-和解

従業員の私的資金で事業購入の資金を調達することは禁止されていません。その後、提供された請求書に基づいて払い戻しを受け取ります。もちろん、会社のデータとともに発行されます。このような経済活動は、資金の返還を確認する従業員の適切な声明またはKWフォームを使用して文書化する必要があります。レジが発行されます。

従業員が負担した費用の前払い

従業員を雇用している企業でよく使用される2番目のオプションは、製品またはサービスの購入のための現金の形での前払いです。このような前払いは、たとえば出張の前に支払われるため、従業員はお金を使う必要がありません。返還後、前払いの決済が行われ、残りの資金がある場合は返還されます。

経費はどのように文書化する必要がありますか?

企業の購入を行う起業家だけでなく、発生した費用を適切に文書化する義務があることに留意する必要があります。出張中の従業員も、正しく発行された請求書を処理する必要があります。

§11ポイントに準拠収入と支出の税務台帳を保持することに関する2019年12月23日の財務大臣の規則の3、本のエントリの基礎は、次のような会計文書です:

  • 請求書、
  • VAT RR請求書、
  • 手形、
  • 税関書類、
  • 商取引が実際のコースに従って実行され、この規則で指定されたすべての要素を含むという事実を確認するその他の証拠。

特別な状況では、領収書またはチケットで、特定の費用を税金費用として認定するのに十分です。例としては、海外で購入した燃料があります。その場合、領収書に基づいてそのような費用をKPiRに記録することは禁忌ではありません。

例として、従業員のお金から会社の購入資金を調達する

企業を代表して従業員が負担する会社経費の決済は、PITとCITの点で異なります。したがって、例で両方の和解を提示しましょう。

KPiRで従業員が負担した会社経費の決済

例1。

出張中の従業員は、会社が宿泊施設を提供したホテルの料金を支払いました。帰国後、彼はホテルでの滞在を記録した請求書を経理部門に提供し、財務部門は彼に返金しました。

  1. 返金取引はどのように文書化する必要がありますか?
  2. 従業員の私募資金で賄われた購入と、提供された請求書に基づいた払い戻しをどのように決済しますか?雇用主は収入と支出の税務台帳を保管しています。

広告。 1.返金されたら、KW文書を発行する必要があります。レジが発行されます。また、企業に代わって発生した費用について、示された金額を従業員に送金することを確認する声明を出すこともできます。

広告。 2.従業員の私費で賄われた購入は、起業家が直接行った他の会社の購入と同じ方法で会計処理する必要があります。発生した支出の種類に応じて、費用は次のように記録されます。
列10-商品や材料の購入、
列11-商品および材料を購入するための副次的コスト、
列13-その他の費用。

企業に代わって従業員が負担した経費の全額決済

例2。

ここで、会社が完全な会計を維持しているとします。では、トランザクションはどのように転記する必要がありますか?

説明されているケースでは、次の経済的イベントを扱います(簡単にするために、会社がVAT免税の恩恵を受けていると仮定しましょう)。
1.その夜のVAT請求書

  1. 購入したサービスの価値:PLN 200
    アカウント201「買掛金」を持っています(分析:特定のサービスプロバイダーのアカウント)
  2. 購入したサービスの価値:PLN 200
    Wnアカウント402「外部サービス」(分析:宿泊サービス)
  3. 費用の決済:PLN 200
    デビットアカウント550「一般管理費」
    彼はアカウント490「費用の決済」を持っています

2.従業員に対する義務の認識-VAT請求書:PLN 200

借方勘定201「買掛金」(分析:特定のサービスプロバイダーの勘定)
アカウント234「従業員とのその他の決済」を持っています(分析:特定の従業員のアカウント)

3.従業員への経費の払い戻し-レジが支払う(KW):200 PLN

借方勘定234「従業員とのその他の決済」(分析:特定の従業員の勘定)
100「現金」のアカウントを持っています

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

従業員の銀行口座への経費の払い戻し

収入と支出の税務台帳を保持する場合、従業員の私的資金から資金を調達した会社の購入の払い戻しが現金で行われるか、送金で行われるかは関係ありません。両方の取引の決済は同じです。 完全な帳簿を保持する場合、お金が従業員の銀行口座に戻される場合、操作はアカウント130「当座預金」を介して決済される必要があります。 例3。

前の例に関して、従業員が銀行口座に払い戻された場合、KPiRを保持する場合の転記は同じになりますが、完全会計を使用した場合は、最後の経済イベントの次の転記を行う必要があります。

3.従業員への払い戻し-転送注文:PLN 200

借方勘定234「従業員とのその他の決済」(分析:特定の従業員の勘定)
アカウント130「現在のアカウント」を持っています

要約すると、従業員の私費で支払われる事業購入の決済は、雇用主が税収および経費元帳を保持するか、商業元帳を保持するかによって異なります。前者の場合、経費の決済の本質は、従業員への資金の返済と、発生した費用を確認する適切な文書の所持だけです。完全な会計を維持する場合、行われたすべての経済取引は適切に記録されるべきです。