第三国の事業体からのサービスの購入-税の和解

サービス税

本社が欧州共同体の領域外にある企業からの、事業を営むポーランドのバイヤーによる購入は、ますます人気が高まっています。買い物自体は楽しいことですが、特定の購入を決済する方法論には多くの問題があります。第三国の事業体からサービスを購入する際に特に注意すべきことは何ですか?税額はどうですか?回避できますか?これらおよび他の多くの問題は、出版物の第2部で解決されています。

居住証明書の重要性と二重課税の回避に関する合意

 

居住証明書は、管轄の税務当局によって発行された文書(証明書)です。たとえば、第三国の事業体(そこで事業を行っている)(会社の登録事務所の住所を含む管轄範囲を持つその国の税務署)に対して発行されます。

居住証明書は、登録された事務所(国)の住所に応じて、たとえば第三国の事業体の所得に対する課税の法的推定を確認します。居住証明書を所持している場合にのみ、二重課税回避協定の適用が可能になることが重要です。つまり、ポーランド共和国の領土内の特定の事業体が(ポーランドにサービスを提供することにより)得た所得に対する優先的な源泉徴収課税から生じることがよくあります。事業活動を行う納税者)。

言い換えれば、居住証明書は、納税者の​​座席の場所の証明書であり、税務上の目的(所得税、つまり、第三国からの事業体によって生成されたこの所得税による課税の目的で)によって発行されます。納税者の居住地の国(ほとんどの場合、税務署)の管轄税務当局。

二重課税を回避するための条約と一緒にのみ居住証明書は、減税の適用を許可します

第三国の事業体からサービスを購入するポーランドの納税者は、次のことを行うことができます。

  1. 二重課税の回避に関する関連協定(企業の登録事務所が所在するEU以外の国と締結)に起因する(減税)税率を使用する、または
  2. 上記の規定に基づく免税を適用する租税協定、
  3. そのような合意に従って税金を徴収しない

-ただし、第三国の事業体(売り手)から居住証明書を取得することにより、納税者の​​納税者の座席を税務上の目的で文書化することを条件としてのみ可能になります。

当技術分野で指定された税率以外の税率を適用するための条件を確認する場合。 21秒1またはアート。 22秒1、二重課税の回避に関する特別規定または合意に起因する免税または税金を徴収しないための条件、ポーランドの納税者は、購入者がデューデリジェンスを行使する義務があります。

第三国および不公正な競争を適用している国の事業体からのサービスの購入

アートに準拠。 26秒ポーランドで事業活動を行っているポーランドの納税者が以下の結果として支払われるべき金額を支払う状況でのCIT法の1m:

  1. アートで言及されている法人または会社への参加(株式)からの収入。 1節3、含む:
    • 償還を目的として行われた売却を含む、1株(株式)の売却による収益、
    • 株式交換の結果として得られた収入。
  2. 法人ではない会社におけるすべての権利と義務の売却からの収入。
  3. 納税者が以前に取得した債権およびキャピタルゲインとして分類された収益から生じる債権の売却による収益。
  4. 収入:
    • アートで言及されている財産権から。 16b段落納税者が生み出すキャピタルゲインおよび権利に含まれない収入の取得に直接関連するライセンス収入を除く、CIT法の1ポイント4〜7、
    • キャピタルゲインに含まれない、収益または費用をヘッジするためのデリバティブ金融商品を除いて、有価証券およびデリバティブ金融商品から、
    • 投資ファンドまたは集団投資機関への参加により、
    • 賃貸借、借地権、または同様の性質の他の契約(上記の所有権を含む)から、
    • 上記の財産権の売却から、
    • 仮想通貨を支払い手段、商品、サービス、または仮想通貨以外の財産権に交換することから、または他の負債を仮想通貨で決済することから

-有害な競争を適用している国の領域に登録事務所または取締役会を持っている事業体の場合、ポーランドの納税者は、支払額の19%の源泉徴収税を(支払額から)徴収する義務があります。 。

不公正な税競争を適用している国のリストは、法人所得税の分野で有害な税競争を適用している国と地域の決定に関する2019年3月28日の財務大臣の規則に記載されています。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

ポーランドの納税者1人に対する年間200万ズウォティを超えるサービスの売上

アートを参照してください。 26秒CIT法の2e、アートに記載されているタイトルについて、ポーランドの納税者が第三国から事業体に支払った債権の合計額。 21秒1とアート。 22秒1(出版物のパート1および2に記載されている所得)が200万PLNを超える場合、ポーランドの納税者は、支払日に定額所得税を基準に従って徴収する(請求書を支払う)義務があります。税率、ただし200万PLNを超える余剰分:

  1. アートで提供される控除を考慮に入れます。 22秒CIT法の1a-1e、
  2. 二重課税の回避に関する関連する合意に基づいて税金を徴収しない可能性がなく、二重課税の回避に関する特定の規定または合意から生じる免税または税率を考慮に入れていない。

余剰税を除く、年間200万ズウォティを超えるポーランドの納税者1名に対するサービスの販売

順番に、芸術によると。 26秒CIT法の7aでは、ポーランドの納税者が次のような宣言を提出した場合、上記の規定は適用されるべきではありません。

  1. 二重課税の回避に関する特定の規定または合意に起因して、税率を適用するため、または税を免除または徴収しないために税法の規定によって要求される文書を持っている。
  2. 秒で参照される検証後。 1、二重課税防止に関する特別規定や協定により、税率の適用や免税、徴収の可能性を排除する状況があるとの想定を正当化する知識がない、特に知識がない条件の充足を妨げる状況の存在の:
    • アートで言及されている条件に関する納税者の宣言。 21秒3ポイント4点灯。 b、秒3aおよび3cまたは記事。 22秒CIT法の4ポイント4、
    • 税金還付の申請に関連する活動に関して納税者が納税義務を負う事業体であるという納税者の宣言、および会社または外国の事業所が実際の所有者であるという納税者の宣言支払われた債権-秒で参照される場合。 CIT法の2ポイント1、
    • 所得が関連する納税者の席の国で実際の経済活動を行っているという納税者の宣言-段落で言及されている場合実施された事業活動に関連して債権が取得された場合のCIT法の2ポイント1。

アラブ首長国連邦の売り手が提供するサービスの例に対する源泉徴収税

事業活動を行っているポーランドの納税者が、第三国の売り手(アラブ首長国連邦で事業を行っている会社の場合、以下UAEと呼びます)からさまざまな種類のサービスを購入することは珍しくありません。

ポーランドと上記との間の協定の規定を分析する国、それは次のように述べられるべきです:

  1. 締約国の企業の利益は、その企業が他の締約国で恒久的施設を通じて事業を営んでいない限り、その州でのみ課税されます。企業が前述のように事業を営む場合、企業の利益は他の国で課税される可能性がありますが、その恒久的施設に起因するものだけです。
  2. 締約国の企業が、その中に位置する施設を通じて他の締約国で活動を行う場合、その恒久的施設の利益は、それが実施された場合に取得したであろう各締約国の恒久的施設に帰属するものとする。独立している場合と同じまたは同様の条件下での同じまたは同様の活動。企業であり、設立された企業との取引において完全に独立している。
  3. 事業所の利益を決定する際に、事業所が所在する国または他の場所で発生するかどうかに関係なく、管理費および一般管理費を含む、その事業所に発生する支出の控除が認められます。この規定は、国内法によって規定されている制限にかかわらず適用されます。

例1。

アラブ首長国連邦の売り手は、地方税務署によって発行された有効な居住証明書を持っています。彼は彼から広告サービスを購入したポーランドのバイヤーにそれを紹介しました。この状況では、ポーランドの納税者は二重課税の回避に関する協定の規定を適用する権利を有します。

これは、UAEからの事業体への債権の支払いは、UAEからの売り手が契約の規定に従って自国でこの債権に課税できるため、源泉徴収税の額だけ減額する必要がないことを意味します。 。

例2。

アラブ首長国連邦の売り手は、自国の優遇源泉徴収税を利用したいと考えています。ただし、中華民国居留はありません。売り手は、ポーランドの有限責任会社にデータ処理サービスを販売しました。ポーランド共和国の領土で活動しています。

この場合、受け取ったサービスの請求書を受け取ったポーランドの有限責任会社は、UAEから売り手に支払うべき金額を支払う前に、徴収された源泉徴収税の金額を減らす必要があります。この場合、税率は標準税率20%になります。

例3。

ポーランド共和国の領土で活動しているポーランドの受取人(有限責任会社)に広告スペースレンタルサービスを提供しているUAEの売り手は、その国での活動を終了し、その事業をモナコ公国に移しました。

アラブ首長国連邦の事業体は居住証明書を持っていますが、これまでにアラブ首長国連邦で行われた事業にのみ適用されます。

モナコ公国が不公正な税競争を適用している国のリストに含まれているという事実のために、広告スペースレンタルサービスの購入者であるポーランドの会社は、から受け取った請求書から支払うべき金額の19%の源泉徴収税を徴収する必要がありますUAEから売り手の席を変更する瞬間。彼女の支払い。