象徴的なズウォティと税控除の対象となる費用のための商品の購入

Webサイト

起業家は、相互協力と顧客を引き付けたいという願望の一環として、さまざまな種類のプロモーションを提供することがますます多くなっています。そのうちの1つは、象徴的なズウォティの商品の購入です。起業家はそのような購入を運用コストに含めることができ、無料または部分的に支払われた給付から収入を生み出すでしょうか?チェック!

無料特典からの収入とは何ですか?

立法者は、「無償のサービス」という用語が何を理解すべきかを定義していませんでした。無料提供は、そのような無料提供の受信者(受信者)であるエンティティによって相互に同等のパフォーマンスが満たされない単一のエンティティのそのようなタイプの活動として理解されるべきです。したがって、文法的な解釈を行う場合、「無償サービス」は「無料のサービス」と見なす必要があります(NowyDictionaryJęzykaPolskiego、PWN、ワルシャワ2003)。結果として、納税者が相互利益を提供する義務なしに商品または権利または他の利益を受け取るとき、または商品または権利を使用する可能性があるときはいつでも、無料給付からの収入の出現を考慮すべきです。

税収は、恒久的かつ決定的な財産拠出のみである可能性があります。 2014年4月25日の個別判決でウッチの税務署長が述べたように、IPTPB3 / 423-36 / 14-2 / GG:

'(...) 所得とは固定資産であり、実際に受領した場合、場合によっては支払期日が到来したという事実により、所得税を支払う義務が生じます。原則として、収入としての所与の財政的貢献の認識は、それが最終的に実際に資産を増加させるという意味で、貢献の決定的な性質によって決定されます。'

実際には、特定のメリットの価格設定は難しい場合があります。無料給付からの収入の価値が決定されます:

  • サービスの対象がサービスプロバイダーの経済活動の範囲内にあるサービスである場合-他の受信者に適用される価格によると、
  • 特典の対象が購入したサービスである場合-購入価格に応じて、
  • サービスの対象が建物または建物の提供である場合-この建物または建物の賃貸借契約を締結した場合に支払われる家賃に相当するものに従って、
  • その他の場合-サービスの提供または同じ種類と種のアイテムまたは権利の提供に使用される市場価格に基づいて、特にそれらの状態と摩耗の程度、および利用可能にする時間と場所を考慮に入れます。

象徴的なズウォティの商品の購入

象徴的なズウォティの購入は、原則として、無料または部分的に支払われた給付から収入を生み出します。生産者が主催する販促キャンペーンの一環として企業が購入した場合、一定の購入額に達したときに象徴的な金額で購入した場合、その一部として行われたと見なす必要があります。ボーナスセール。現在の法学によれば、そのような購入は無料の利益を構成せず、金銭的割引のある商品の購入として扱われます。これは、請負業者の規則で指定されているプロモーション戦略の要素であり、市場価格を下げた製品の販売ではなく、ボーナスアクションの要件を満たすための値下げされた価格での販売です。商業政策としてのボーナス販売は、市場価格から逸脱した価格の使用を正当化します。

上記の声明の正しさは、2017年4月18日の税法規定の個別の解釈において国税情報局長によって確認されています。 1061-IPTPB3.4511.108.2017.1.PW。同じ立場は、2017年12月7日の個別解釈において、国税情報局長によって提示されています。 0112-KDIL3-2.4011.295.2017.2、ここで私たちは読んだ:

'提示された事実では、個人所得税法の意味の範囲内で所得はありません。申請者は、特定のグループにロイヤルティプログラムを提供するなど、彼の観点から最も効果的な会社の方針を適用する権利を有します。 (...)結果として、無制限のグループの人々(申請者と債務を負っているすべての自然人)によるプロモーションキャンペーンの使用と同等の条件での割引は、これらの人々の収入を生み出しません。'

このポリシーは、同じ条件で特定の受信者グループに対処する必要があることを強調しておく必要があります。受取人の個々のグループのプロモーション条件が異なる場合、彼らは無料の給付金から収入を生み出します(同様に、2017年7月25日の個々の判決における国税情報局長、参照番号0113-KDIPT2-3.4011.197.2017。 1.RR)。

象徴的な金額の取得は、電気通信サービスの場合の商慣習でも発生します。この場合、メインサービスの一部として、納税者は追加の商品(通常は電話、ラップトップ、またはタブレット)の購入に対する報酬を受け取ります。購入者の側では、割引価格での買収は、アートで言及されている部分的に無料の利益を受け取ることからの収入を認識する必要性をもたらさない。 12秒法人所得税法の1ポイント2。プロモーションオファーは通常、顧客が分割払いで購入するように計算され、サブスクリプション外で購入された機器はより高い価格で提供されるため、購入者は象徴的な金額の購入から具体的なメリットを受け取りません。

販促品の購入費用

原則として、以下のすべての条件を満たす費用は、税控除の対象となる費用と見なされます。

  • 納税者が負担した、
  • 決定的(本物)であり、
  • 納税者が行う事業活動に関連している、
  • それは、収入を得るため、その源泉を維持または確保するために発生したか、または得られた収入の額に異なる影響を与える可能性があります。
  • 適切に文書化されている、
  • 税金以外の経費のカタログには記載されていません(PDOPの第16条(1)/ PDOFの第23条(1))。

上記の条件が満たされている場合、実施された事業活動に関連するプロモーションキャンペーンへの会社の参加に関連して象徴的な価値のある商品の購入を文書化した請求書は、税控除の対象となります。

会社が事業活動に関連する目的で優遇価格で購入した商品を会社に預けることを決定した場合、購入にかかった費用は、原則として税控除の対象となる費用になります。

取得した資産が固定資産として含めるための条件を満たしている場合、税額は、原則として、減価償却費になります。初期価値が低い(つまり、10,000 PLNを超えない)資産の場合、納税者は減価償却費を償却できないこと、および上記の取得にかかる費用を覚えておく必要があります。資産は、使用された月の税控除の対象となる費用です。

購入が商品を構成する状況では、商品の購入費用は、販売から収入を得た時点で差し引かれる直接費用を構成することを覚えておく必要があります。

商品が販売される価格、すなわち象徴的な価格または市場価格は、商品の購入を税控除可能な費用として認識することとは無関係です。

同じ立場は、2017年5月19日の書簡で国税情報局長によって提示されています。 0111-KDIB1-2.4010.79.2017.1.ANKまたは2017年3月15日(参照番号付き)番号2461-IBPB-1-2.4510.106.2017.1.ANK。

象徴的なズウォティとVAT控除のための商品の購入

プロモーションキャンペーンの一環として受け取った商品の購入の請求書のため、VATの控除は一般原則に基づいて行われるという象徴的な料金を考慮する必要があります。

アートに準拠。 86秒商品およびサービスに対する課税法の1つとして、VAT納税者は、購入がVATの対象となる活動に使用される場合に限り、商品およびサービスの購入に対する仮払消費税を控除する権利を有します。原則として、納税者が購入または輸入した商品およびサービスに関連して納税義務が発生した期間の和解において、仮払消費税額だけ納税額を減額する権利が生じます。この規則は、前払い、頭金、または分割払いの支払いにも適用されます。控除は、納税者が請求書または通関書類を受け取った期間の和解よりも早く行うことができます。

象徴的な金額で購入された商品が課税対象の活動を実行するために使用されない場合、納税者は購入を文書化した請求書から生じる仮払消費税を控除する権利がありません。

要約すると、象徴的なズウォティの商品の購入がリベートプロモーションの一環として行われる場合、起業家がそのような費用を事業費に含め、そこからVATを差し引くことに支障はありません。この場合、購入によって無料の特典から収入が得られることもありません。