税金費用での輸送手段の購入

Webサイト

事業活動を目的とした社用車の使用は一般的な現象です。納税者は、顧客へのアクセスを容易にしたり、より高い名声を保証したりする他の輸送手段をますます求めています。以下のテキストでは、輸送手段の購入ごとに費用に含めることができるかどうかの答えがわかります。

税額の定義

原則として、以下の条件を満たす費用は、共同で税控除の対象となる費用とみなされます。

  • 納税者が負担した、
  • 決定的(本物)であり、
  • 納税者が行う事業活動に関連している、
  • それらは、収入を得るために、それらの源を保存または確保するために発生したか、または得られた収入の量に異なる影響を与える可能性があります、
  • 適切に文書化されている、
  • それらは経費のカタログに記載されておらず、税金費用を構成していません(第16条(1)PDOP /第23条(1)PDOF)。

発生した費用を税控除可能な費用として分類する可能性を評価する場合、納税者は、その代表的な性質の文脈で特に注意して発生した費用を考慮する必要があります。 2013年6月17日の判決における最高行政裁判所、参照番号。 II FSK 702/1は、次のことを強調しました。

「代表的な活動の目的は、納税者の​​ポジティブなイメージを改善または作成することと、経済的現実を考慮して、外部の彼の企業の特定のイメージを作成することです。」

同時に、2000年9月8日の最高行政裁判所の判決から導き出された結論は、参考文献を提出します。いいえ。ISA/Łd1317/ 98:

「事業活動に関連する費用の発生目的は、税務当局ではなく、事業活動を行う事業体によって決定されます。所得を得るために納税者が負担した費用が適切に文書化されている場合/例:トレーニング会社との契約、トレーニングプログラム、請求書/および保持されている税務記録に記録されている場合、課税ベースを税控除可能な費用として決定する際に考慮されます。

ヨットでの貿易交渉

会社のロゴが付いたヨットを所有することは、会社が負担する費用が広告の性質のものであると考えるのに十分な条件ではありません。 2017年10月26日の判決でキェルツェの地方行政裁判所によって示されているように、I SA / Ke 522/17:

「会社のロゴが付いたヨットの単なる動き、その上に一晩滞在し、将来の請負業者にヨットのビジネス連絡先を確立するように説得する可能性のある他の行動をとることなく、船上で商談を行う可能性一晩)ヨットの使用にかかる費用と、海運関連の活動を含まない会社の活動からの収入との関係の存在を損なう」。

裁判所の見解では、ヨットを所有することは、豪華さ、魅力、名声の表れであるため、原則として、ヨットのメンテナンスに関連する費用は、代表的な性質の費用です。同時に、2011年10月26日の財務大臣の解釈では、IPPB3 / 423-636 / 11-2 / PK1は、次のように示されました。

「(...)クルーズ、製品の受取人および顧客のための旅行を組織することからなる当社が実施するマーケティング活動は、優雅さと壮大さを特徴とし、したがって、税控除の対象とならない代理費用として認められるべきです。 (...)ヨットを使用して製品の受取人と顧客の会議に使用する分野で行われる活動は、特定のカテゴリーの受取人にのみ向けられていることも強調しておく必要があります。結果として、それらは広告の特徴に帰することができず、それは原則としてアートの下での税金費用と見なすことができます。 15秒PDOP法の1。 (...)ヨットの船体に起業家のマーキングを配置することからなる広告キャンペーンは、無制限の数の受信者に向けられています。したがって、一般の人々が個別にマークされる「表現」の本質の制限は含まれていません。

ボートトレーニング

購入にかかった費用を税控除の対象となる費用として含めるという文脈でボートを使用することは、ヨットの場合よりも簡単です。 2013年4月9日の最高行政裁判所の判決によると、ファイル参照。 II FSK 1674/11では、モーターボートの購入費用を税金費用に含めるために、事業活動との関連性、およびモーターボートが会社の収益にどのように影響するかを示す必要があります。

自転車でお客様へ

会社が座席以外の町で契約を結んでおり、輸送手段として自転車を使用する予定の場合、購入費用は税控除の対象となる場合があります。お客様の敷地内でサービスを提供し、自転車を輸送手段として利用する場合、発生した支出と発生した収益との因果関係は維持されます。 10,000 PLNを超える値の自転車の購入は、減価償却費の償却を通じて時間の経過とともに有効化される費用になります。上記の考慮事項の正しさの確認は、国税情報局長の2018年8月16日の税法規定の個別の解釈に記載されています。 0114-KDIP3-1.4011.320.2018.2.KS1。

自転車の企業経費としての購入に関する同様の回答は、クライアント、機関、裁判所、および執行吏の事務所への移動を目的とした輸送手段として自転車を使用することを意図した法律顧問によって受け取られました。弁護士は、重大なコミュニケーションの困難と時間のかかる通勤を回避するために自転車を使用することを意図していました(2014年8月1日のカトヴィツェの税務署長の個別の解釈、参照IBPBI / 1 / 415-490 / 14 /ŚS)。同じ意見が、2008年3月6日の個別の解釈において、ビドゴシュチュの税務署長によって表明されました。 ITPB1 / 415-802 / 08 / MM、ここで私たちは読んだ:

「(...)自転車の購入にかかった支出は、実施された事業活動に関連する場合、つまり自転車がその目的および活動の一部として使用される場合、税控除の対象となる費用として認識される場合があります。申請内容は、購入した自転車を医師である申請者が市内の異なる場所にある診療所間を移動するために使用することを示しており、上記のつながりの存在を示しています。リース契約に基づいて乗用車を使用するという単なる事実は、自転車の購入費用を税控除の対象となる費用として含める可能性を排除するものではありません。」

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

税金費用の輸送手段の購入としてのモーター

バイクの購入費用は、上記の一般規則を満たしている場合、税控除の対象となります。購入した車両が固定資産でない場合、購入費用は税金費用です。固定資産の場合、納税者は、初期値が10,000PLNを超えない固定資産の減価償却を行うことはできません。購入にかかる費用は、使用された月の税控除の対象となります。

税金にはバイクの購入だけでなく、保険、防護服、ヘルメットも含まれます。この点に関して有利な立場は、2011年4月20日の判決において、シュチェチンの地方行政裁判所によって提示されました。 I SA / Sz60 / 11。同時に、税務当局はヘルメットと特殊な衣服を個人的な性質の費用として認識しているため、実施される事業活動において税控除の対象となる費用を構成するべきではないことを強調する必要があります。

クワッド

実施される事業活動において、クワッド自動車は税控除の対象となる費用を構成する場合があります。クワッドバイクを一度に購入するための購入金額で、または減価償却の償却によってそれを認識する可能性は、クワッドバイクの購入費用が実施された事業活動に関連しているかどうかによって異なります。その結果、それは収入源の創造、保存または確保に影響を及ぼします。この立場の正しさは、2013年1月8日のウッチの税務署長の個別の解釈によって確認されています。番号IPTPB1 / 415-628 / 12-2 / MAP。

飛行機/ヘリコプターチャーター

航空機の雇用または用船は、税控除の対象となるはずです。それが収入を得るという目標に直接関係しているのか、それともそれを確保するという目標に直接関係しているのかによって異なります。

収入源を保護または確保することにより、立法者は、事務所の外国人ゲストがポーランドから米国に直接戻ることを許可するために会社が航空機を借りる費用を負担した状況を認識しません。税務当局は、そのような費用は、発生する収入に直接関係するのではなく、クライアントの目から見た会社のイメージを構築することに関係していると判断しました。法律事務所が国際的な法律事務所のネットワークに属していることは関係ありません。会社の戦略的決定は、他の外国のパートナーの助けを借りて行われます。上記の結論は、2017年4月5日に国税情報局長が発行した個別の解釈の結果です。 1462-IPPB1.4511.87.2017.1.KS。