海外での燃料の購入と事業での収入を得るための費用

Webサイト

継続的な経済発展の時代に、起業家は彼らが協力を確立することができる外国のパートナーを探しています。この目的のために、彼らはしばしば自家用車または社用車で出張し、その結果、車両の操作に関連するさまざまな費用が発生します。海外での燃料購入の領収書、ビネットまたは駐車料金。ただし、海外での燃料の購入は事業費となる可能性があり、この購入からVATを差し引くことはできますか?以下に説明します。

海外での燃料の購入と税控除の対象となる費用

アートによると。 PIT法第22条では、収入源を達成、維持、または確保するために費用が発生した場合、その費用は営業費用に含まれる場合があります。しかし、それらはアートにリストされていませんでした。控除対象外の費用のリストを含む法の23。さらに、特定の費用を運用コストとして含めるには、適切に文書化する必要があります。

国内の燃料購入の場合、会計領収書は会計書類を構成しません。記録に含まれるそのような費用は、請求書によって文書化されるべきです。 領収書は、その価値がPLN 450を超えず、購入者のNIP番号を持っている場合、簡略化された請求書として扱われ、VATの控除と税金費用の支出の認識の基礎を構成する場合があります。 ただし、海外での燃料購入の文書は異なって見えます。 §13秒によると。 KPiRの維持に関する規則の5で、燃料とオイルの購入のために海外で発生した費用は、次のデータが含まれている場合、領収書またはバウチャーで文書化される場合があります。

  • 発行日、
  • 領収書を発行するユニットのスタンプ(指定)、
  • 購入した燃料/オイルの指定数量、単価、および価値。

納税者は、領収書の裏面に、購入した燃料または石油の名前(植物名)、住所、種類(名前)を入力して内容を記入する義務があります。 したがって、起業家は、規制で要求されるデータを含む、海外での燃料購入の領収書をKPiRに含めることができます。

社用車用の海外での燃料購入

海外での燃料の購入が社用乗用車に関するものである場合、それは列13のKPiRに含まれるべきです-内部証明に基づく費用の75%の価値までのその他の費用。この費用は、費用が発生した日の前の最終営業日のポーランド国立銀行の平均為替レートでPLNに換算する必要があります。

例1。

マリア夫人は社用車でオランダに出張しました。そこで、彼女は車に燃料を補給し、財政領収書を受け取りました。そのような費用を会社の費用に含めることはできますか?

はい、海外で燃料を購入する場合、領収書に基づいて会社の費用に支出を含めることは禁忌ではありません。このような状況では、マリアは領収書をPLNに変換した後、領収書の価値の75%の内部証明を発行し、列13のKPiRに含める必要があります-その他の費用。

非社用車用の海外での燃料の購入

事業の一環として、納税者は自分の自家用車を出張に使用することができます。その場合、会社の費用には、燃料の購入または車両に関連する運営費にかかる費用の20%が含まれる場合があります。 2019年以降、PITの目的でキロメートルを維持する義務はありません。したがって、自家用車に関連する費用は、最大20%の税金費用に含めることができます。 例2。

Zbyszek氏はアクティブなVAT納税者であり、7月に自家用車でドイツに出張しました。 2020年7月17日の旅行中に、彼は燃料に20ユーロを支払い、売り手から領収書を受け取りました。では、彼は発生した費用をどのように説明する必要がありますか?

支出を決済するために、Zbyszek氏はまず、2020年7月16日からの換算レート、つまりPLN 4.4913に従って、レシートの値をPLNに換算する必要があります。ただし、この値の20%のみをコストに含める必要があります。列挙は次のようになります。
20ユーロx4.4913 = 89.83 PLN
PLN 89.83 x 20%= PLN 17.96

計算によると、ズウォティ氏は会社の費用に17.96ズウォティの金額を含める権利があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

海外での燃料の購入とVAT

アートに準拠。 22秒VAT法の1ポイント3、出荷も輸送もされていない商品の購入の場合、取引の課税場所は購入場所、つまり購入時に商品が置かれていた国です。これは、海外での燃料の購入は、購入した国でVATの対象となることを意味します。さらに、Artに従って、納税者は海外で購入した燃料のVATを控除できないためです。 23秒PIT法の1ポイント43で、彼は控除されていないVATを運用コストに含める権利があります。 海外での燃料の購入は、コミュニティ内の取得取引を構成しないため、購入者はこの取引でVATを支払う義務はありません。

上記の確認は、2017年6月28日のPKの参照番号0111-KDIB3-3.4012.21.2017.1を使用した個別の解釈における国税情報のディレクターの位置であり、次のようになっています。
「(...)購入した燃料は事業活動の目的でのみ使用され、国に輸入されたり、その後の転売の対象になったりすることはありません。この場合、購入した商品(燃料)と言っても過言ではありません。ポーランドへの出荷または輸送は行われていません。ガソリンスタンドでの給油時に行われました。ポーランドへの商品(燃料)の移動がなかったため、燃料の購入は、車両の運転中に消費されます。コミュニティ内の取得またはインポートを構成します。(...) "

要約すると、納税者は海外で燃料を購入する際に特定の取引からVATを控除することはできませんが、そのような費用を経済活動の費用に全額含めることに支障はありません。

海外での燃料の購入-wFirma.plでの予約

wFirma.plシステムで海外での燃料購入の支出を追加するには、[支出]タブ»[会計]»[追加]»[内部証拠]»[会計スキーム:車両の使用に関連する支出]に移動します。表示されるウィンドウで、適切な車両を選択し、[合計]フィールドにPLNに変換されたレシートの値を入力します。

wFirma.plシステムで内部IDを発行するための詳細なスキームは、記事「経費を文書化する内部証拠」に記載されています。