受託者から不動産を購入する-それは価値がありますか?

サービス

消費者破産を含む、裁判所が発表した破産の数は毎年増加しています。後者の理由の中で、最も一般的なのは住宅ローンを返済できないことです。倒れた資産の清算の過程で、受取人は彼らの不動産を売りに出します。そのような物件の販売提案は、しばしば非常に費用効果が高いです。企業が所有する不動産も売りに出されています。多くの場合、高度なインフラストラクチャを備えたこのような不動産を購入することで、ビジネスの準備が整います。受託者からの不動産の購入はどのように見えますか?そのような購入は危険ですか?あなたは以下の記事で見つけるでしょう!

不動産の料金-住宅ローン、権利、個人的な請求

アートに準拠。破産法第313条では、破産手続で行われた売却は、執行売却の効果があります。破産不動産コンポーネントの購入者は、破産の宣言後に発生するものを含め、破産者の納税義務について責任を負いません。 原則として、不動産の購入者は不動産の債務について責任を負いません。 不動産の売却は、土地登記簿への記入によって開示された、またはこのように開示されなかった権利および個人の権利と請求の満了をもたらしますが、宣言についてMSiGでの発表から30日以内に裁判官に報告されます破産の。 また、土地および住宅ローンの登録簿に開示されている権利および個人的な請求は、通常、破産手続きの過程で不動産を売却すると失効します。 失効した権利の代わりに、権利を与えられた人は、妨害された財産の売却から得られた価格から失効した権利の価値を満たす権利を取得します。この効果は売買契約の締結時に発生します。

売却の結果として失効した権利の削除の根拠は、障害のある不動産の売却から得られた金額を分割するための法的拘束力のある計画です。住宅ローンを削除するための基礎は、不動産の売買契約です。

有効期限が切れていない権利-購入リスク

それらは購入価格からそれらの価値を差し引くことなく効力を維持します:

  • 必要な道路の地役権;

  • 送電地役権;

  • 建物やその他の装置を建てるときに国境を越えることに関連して確立された地役権。

一部の種類の地役権は、破産手続きの過程で不動産を売却した結果として失効しません。このため、購入する前に法律の観点から物件を注意深く検討することは価値があります。 用益権と年金の権利は、それらがすべての住宅ローンよりも優先される場合、不動産が住宅ローンで妨げられていない場合、または年金の使用と権利の価値が購入価格で完全にカバーされている場合、引き続き有効です。ただし、後者の場合、これらの権利の価値は購入価格に含まれます。 使用と生活には特別な規則が適用されます。これらの権利は、販売された場合でも引き続き有効ですが、特定の条件が適用されます。 抵当権のある不動産の売却から得られた金額の分配計画に遅くとも異議を申し立てた支配不動産の所有者の要請に応じて、裁判官-コミッショナーは、そうではない地役権を決定することができます支配不動産に必要な場合は、購入価格で完全にカバーされた状態を維持し、抵当資産の価値を大幅に低下させないものとします。

購入する方法?プロパティ値と負担の見積もり

破産手続の過程で破産不動産の受領者は、破産不動産を清算することによって行われる破産の資産を清算することです。これには、とりわけ、破産者に属する不動産が含まれます。

破産事業全体の売却を予定している場合、在庫を作成して破産不動産を見積もる場合、または別途売却の可能性が明らかになった場合は、受託者が任命した専門家が説明を作成します。破産者の事業の見積もり。 破産者が不動産を引き継ぐ不動産または事業の価値は、受託者の要請に応じて専門家によって見積もられます。 企業の説明では、特に、活動の主題、その構成に含まれる不動産、その面積、土地登記または文書の収集、その他の固定資産、確立された権利、および負担を定義する必要があります。

見積もりには、販売のために分離できる場合は、企業全体とその組織化された部分の価値を含める必要があります。

企業の構成要素が住宅ローン、質権、登録質権、財政的先取特権、海上抵当またはその他の権利、および個人の権利と請求の開示の影響に悩まされている場合、見積もりでは、これらの権利のどれが売却後に有効であるかを個別に指定する必要があります、およびそれらに妨げられているそれらの価値と価値の構成要素、およびそれらに妨げられている個々の構成要素の価値と企業の価値との比率。 専門家が作成した説明と評価では、どの権利が資産に課されているか、そしてこれらの権利の価値が何であるかが正確に示されます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

受託者からの不動産の購入-最良のオファーを選択するための手順

不動産の売却は、入札またはオークションによって行われる場合があります。入札またはオークションの条件は、裁判官委員によって承認されます。 破産手続きの過程で、不動産は入札またはオークションを通じて購入することができます。 入札またはオークションは、少なくとも2週間の発表によって発表されるべきであり、入札またはオークションが公開会社の企業に関係する場合は、その実施のために指定された会議の日付の少なくとも6週間前に発表されます。

入札・オークションは公開裁判所で行われます。それらは、裁判官委員の監督の下で受託者によって運営されています。入札者は受託者によって選択されます。ただし、選挙には裁判官の承認が必要です。 入札/オークションは公開されています。それらは受託者によって運営されています。入札者は受託者によって選ばれますが、裁判官委員によって承認されます。 入札者の選択を承認するという裁判官委員の決定は、上訴される可能性があります。