廷吏によるB2Bの差し押さえ-どのような規定を適用すべきか

サービス事業

特定の業界での有給休暇や雇用保護を含む雇用契約の利点にもかかわらず、多くの人々はB2B契約を好みます。 B2B(企業間)の一環として企業とサービスを提供する契約を結ぶことは、給与の上昇や柔軟な労働時間などの利点だけでなく、独自の事業を立ち上げ、社会保障負担金を支払い、税金、またはフルタイムの雇用によって保証されている執行の維持および非維持に対する明示的な保護の欠如。しかし、自営業者は完全に無防備ですか? B2Bでの廷吏の発作は、フルタイムの仕事に似ていますか?詳細については、記事をお読みください。

自営業のB2B契約

B2B契約は、多くの業界で見られます。求人では、B2B契約は、人事、会計士、その他の専門家のために、雇用契約の次に選択する協力の形態の1つとしてますます頻繁に登場します。現在、5%のスケールで所得税を決済できる場合、プロプライエタリアプリケーションを作成するプログラマーによる所得税への関心が大幅に高まっています。

B2B契約の当事者は、特定のサービスの提供を命じる起業家であり、たとえば、自営業者、つまり個人事業主を経営している人です。ただし、サービス提供の契約を締結する際には、特別な注意を払う必要があります。それを疑問視し、雇用契約として認識することは、雇用に起因する社会保障負担金や税金の増加など、双方にとってコストがかかる可能性があるためです。契約する。

名前自体はここでは重要ではありませんが、契約の両当事者間の関係の本質は、2008年6月3日に示されているように、最高裁判所、I PK311 / 07:「芸術に照らして。労働法の22§1および1では、裁判所は、当事者が民法契約を誠実に締結した場合にも雇用関係の存在を確立することができますが、その内容または実施方法は雇用関係の特性に対応しています。

ほとんどの場合、B2B契約の当事者はサービス契約を締結します。それは、委任または特定の労働契約のように、大陸法契約の1つであり、アートです。民法第750条は、「他の規定に準拠しないサービスの提供に関する契約は、それに応じて義務付けられた規定が適用される」と明確に述べています。

委任契約の規定は、他の規定に準拠しないサービスの提供に関する契約に適用する必要があります。

廷吏によるB2Bの押収-制限はありますか?

従業員である債務者は、州が保証する最低賃金を受け取る必要があります。これは、2020年1月1日から総額2,600ズウォティです。 2019年1月1日現在、委任契約を締結している者は、報酬が保護の対象となる者に加わっています。この状況では、B2Bの一部としての廷吏の差し押さえは、委任契約で適用される条件と同様の条件で行われますか?

B2B契約は、特定の条件下でマンデート契約と同じ保護を享受する場合があります。

2019年1月1日から、アートの新しい表現。廷吏法の改正により改正された民事訴訟法の833。アートの新しい言葉遣い。 833§2は次のとおりです。 87とアート。労働法(kp)の87¹は、自然人である債務者の生存を確保すること、または唯一の収入源を構成することを目的としたすべての定期的な利益に応じて適用されるものとします。

2019年1月1日から、雇用契約に基づく報酬(労働法第87条および第87条¹)と同じ、保釈者の控除に対する保護が、生存の確保または唯一の収入源となることを目的としたすべての経常給付に付与されます。自然人である債務者。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

仕事に対する報酬の対象となる保護は何ですか?

労働法第87条は、次のように述べています。

仕事の報酬から-社会保障拠出金、個人所得税の前払金、および従業員資本計画への拠出金を差し引いた後、従業員がそれらの作成を辞任していない場合、従業員資本計画に関する法律の意味の範囲内で-以下の債権のみ控除の対象となります:

  • 維持費の執行命令に基づいて執行された金額。
  • 維持費以外の支払いについて執行命令に基づいて執行された金額。
  • 従業員に付与されたキャッシング。
  • 罰金。

控除は以下の制限内で行うことができます:

  • 維持費が執行された場合、報酬の5分の3まで。
  • 他の債権の執行または現金前貸しの控除の場合-報酬の最大半分。

会社のボーナス基金からの報奨、利益分配または残余剰余金に関する従業員への追加の年次報酬および売掛金は、全額までの維持費の充足のために執行の対象となります。

労働法第87¹条は、仕事に対する報酬の額には、以下の額の控除がないことを通知しています。

  • 社会保障負担金、個人所得税の前払い、および従業員が退職していない場合の従業員資本計画への支払いを差し引いた後の、正社員による個別の規則に基づいて決定された仕事の最低報酬それら-維持以外の債務をカバーするために執行命令の下で執行された金額を差し引くとき;

  • 最低賃金の75%-従業員に付与されたキャッシングを差し引いたもの。
  • 最低賃金の90%-アートで規定されている罰金を差し引いたもの。労働法の108

B2B契約は、どのような状況で雇用契約と同じ保護の恩恵を受けることができますか?

協力協定を締結している者がいる場合:

  • 彼女は追加の収入を受け取りません-この契約の下で受け取った利益は彼女の唯一の収入源です。

  • 毎月またはその他の定期的な間隔で一定額の報酬を受け取ります-定期的な利益。

  • 受け取った給与は、生存を確保するためのものです

-次に、B2Bに基づく執行吏の差し押さえは、アートに示されているのと同じ条件で実行する必要があります。労働法の87および87¹。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

Piotr氏は、ソフトウェア開発会社の1つでB2B契約に基づいて働いており、12,000プラスVATの月額VAT請求書を発行しています。それが彼の唯一の収入源です。廷吏の押収は、未払いのローンのために職場に持ち込まれました。これは、廷吏の費用と合わせて、19,000ズウォティになります。この状況で職場は何をすべきですか?

まず第一に、それはアートかどうかを決定する必要があります。民事訴訟法の833、すなわち、それが経常利益であるかどうか、そしてそれが唯一の収入源であるかどうか。 Piotr氏の状況では、彼が受け取る利益は条件の1つを満たしています。請求書は毎月発行され、Piotr氏はこのアカウントで毎月支払われるため、これは定期的な利益です。ピョートル氏は契約に基づいて1日8時間働いていますが、他の事業体にサービスを提供できるため、この利益が唯一の収入源であるかどうかを判断するのは難しいかもしれません。

この状況では、雇用主は執行吏に連絡する必要があります。執行吏は、結局のところ、債務者の収入を決定するための手段を持っています。

まず第一に、職場は請求書の全額を執行吏に譲渡することはできません。なぜなら、ピョートル氏は生計の剥奪または単に未払いの請求書の補償を請求することができるからです。そして、この金額は、社会保障負担金と税金を差し引いた後の給与の50%です。

B2B執行吏の発作は、すべての報酬を奪うことはありませんか?

個人事業主を経営し、B2B契約に基づいて報酬を獲得している人から、メンテナンスのための資金を奪うことは、残念ながら時々起こるので、受け入れられません。これは、オンブズマンのアダム・ボドナルによってすでに指摘されています。アダム・ボドナルは、2018年7月9日に起業家精神技術大臣のジャドウィガ・エミレヴィッチに宛てた手紙の中で、執行吏の執行に対して個人事業を行う人々の十分な保護の欠如に注意を向けています。彼は、2001年4月4日の憲法裁判所の判決K 11/00に言及し、「公的機関のすべての行動は、一方で、特定の自治圏の存在を考慮に入れるべきである」と述べています。人は社会的に自分自身を完全に理解することができますが、一方で、これらの活動は、法的状況の作成につながることや、事実上、個人の尊厳を奪うことであってはなりません。

今まで、残念ながらそうだったので、アートの提供が導入されました。民事訴訟法の833は、ある程度の保護を提供しますが、B2Bに基づいてサービスを提供するすべての人に適用されるわけではありません。仕事が終わってから請求書を発行するなど、毎月や定期的に繰り返されるサービスではないなど、この法律を利用できない人もいることは想像に難くありません。彼らには2人の請負業者がいて、それが彼らの唯一の収入源ではありません。個人事業主の報酬を保護するという人権擁護家の訴えが効果的であり、まもなく彼らが従業員や請負業者と同じ保護を享受できるようになることが期待されます。