フラットの形で予約します-PITを支払う必要がありますか?

サービス税

予約株式は、遺言で指名されていない法定相続人の相続財産に対する権利を含む民法の機関です。結果として、遺言相続人はそれらの法定相続人に留保された株式を支払う義務があります。この記事では、相続財産の所有権を譲渡して留保株式を決済した納税者の例を分析します。そのような状況は、PIT法の下で税務上の影響を及ぼしますか?この問題を説明しようと思います。

フラットの形で予約された部分と有料処分の問題

アートによると。民法の991§1、法律により相続に任命される遺言人の子孫、配偶者および両親は、資格のある人が永久に仕事をすることができない場合、または受益者が未成年である場合、権利があります。法定相続の場合に彼に発生する相続シェアの価値。それ以外の場合は、このシェアの価値の半分(予約部分)。

その結果、相続人は、遺言人によって遺言で指名されておらず、法律の下で相続の権利もある人に対して、留保された株式の下で責任を負います。したがって、私たちは、相続人がその行為から相続した場合に、権利を与えられた相続人に起因するであろう相続の部分の金額で一種の補償を扱っています。

この補償は必ずしも金銭の形である必要はありません。予約された株式を金銭以外の形で支払うことは許可されています。たとえば、相続で取得した不動産の所有権を譲渡する形で支払うことができます。アパートの形で予約された部分。アートに準拠していることをここで思い出してください。 10秒PIT法の1ポイント8では、不動産の課税対象の売却は、取得が行われた暦年の終わりから5年以内に行われた場合、支払いの対象となります。

上記の規定の解釈は、2015年7月27日のワルシャワの税務署長の解釈における納税者と税務当局の間の論争の原因となっています。No.IPPB2/ 4511-453 / 15-4 / MG 。その手紙の中で、当局は「支払い」は広く理解されるべきであるため、この概念には、代金の支払いからなる現金給付だけでなく、債務救済も含まれます。したがって、解釈によれば、所有権の譲渡という形での留保株式からの債務の決済は、支払いに対する売却であり、PIT税に基づく納税義務が発生します。コンテンツを読むことができるように:
上記の考慮事項を議論された事件に移管する場合、申請者は、財産権の債権者(単一テキスト:法定相続人)への譲渡と引き換えに、申請者を予約株式の支払いによる債務。物件を売却することにより申請者が達成する利益は、利益の留保部分(留保部分)を権利者に支払う義務の満了です。したがって、債権者に対して特定の金額を支払う義務がなくなったため、債務の免除は申請者にとって一定の金銭的価値があります。

申請者は、申請者が所有する不動産を売却することにより、留保された株式を受け取る権利を有する遺言人の息子の請求を満たしました。したがって、不動産の所有権の譲渡は、留保された株式の支払いによる遺言人の息子への債務からの申請者の解放に関連していたため、支払いに対する売却でした。”. 上記の場合、税務当局は、相続により取得した財産の所有権の譲渡という形での留保株式の返済は、納税の必要性を生じさせる有償処分であると指摘しました。

地方行政裁判所と最高行政裁判所の位置

納税者は、税務当局によって提示された規定の解釈に同意せず、行政裁判所に事件を照会しました。

ワルシャワのWSA(2016年12月7日の判決、III SA / Wa 3231/15)と最高行政裁判所(2019年3月27日の判決、II FSK 699/17)の両方が、税務当局の見解に同意しませんでした。そして納税者に同意しました。

これらの判断の両方で、アートが参照されました。民法第453条は、債務者が債権者の同意を得て、義務から解放するために別のサービスを実行した場合、義務は失効すると述べています。しかし、そのパフォーマンスは満足の形ではなく、原則として、サービスを実行する人の側に利益をもたらすことはありません。言い換えれば、この場合、予約された株式から生じる義務を果たす人は何の利益も受けません。資産の増加はありません。この行動の唯一の効果は債務救済です。その結果、所得税の対象となる可能性のある課税所得は発生しません。予約株式の支払いが現金給付ではなく財産所有権の譲渡の形で行われたという事実は、代替の形にすぎませんが、そのような行動の分類を変更するものではありません。 行政裁判所の見解では、不動産所有権の譲渡という形で留保部分が充足された場合、有償売却はありません。私たちは債務の免除のみを扱っており、この活動は留保された株式を支払う人の側に収入を生み出しません。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!
最高行政裁判所の引用された判決の法的正当性を読むことができるように:

「[…]現在係属中の場合、元の現金給付の代わりに提供される申請者の現物給付は、留保された株式からの権利者による対価を伴わず、金銭的利益を見つけることは不可能です。申請者の一部。これは、権利を有する当事者の同意を得て、予約された株式に対する彼の請求を満たすための不動産の所有権の譲渡も、アートの意味の範囲内での検討のための不動産の売却を構成しないという結論を得る権利があります。 。 10秒1ポイント8点灯。 a u.p.d.o.f.税収は発生しません。この見解は、上訴中の判決において州行政裁判所によって正しく共有されました。

判断は間接的にアートの内容を参照します。 11秒PIT法の1。これは、収入は通常、暦年に納税者が受け取るか利用できるようにすること、金銭と現金の価値、および受け取った現物給付の価値とその他の無料の給付を規定しています。したがって、収入について話すことができるためには、財産の増加がなければならず、それは納税者の資産を増加させます。一方、法定相続人に留保分を決済する義務を負っている遺言相続人の場合、そのような財産の増加はありません。その結果、課税所得について話すことはできません。

例1。

意志の下で、納税者はいくつかの不動産と現金の形で彼女のパートナーからすべての相続を取得しました。遺言人には、予約された株式を請求した一人息子がいました。債務を返済するために、納税者は不動産の所有権を彼に譲渡しました。この状況は、検討のための不動産の売却から収入を生み出しません。 最近の裁判所の判決に照らして、アパートの形で予約された部分は、不動産の売却に所得税の支払いを必要としません。 提示された事例を考慮に入れると、税務当局によって提示された主題に対する非常に財政的なアプローチに気付くことができます。幸いなことに、この場合の納税者に有利な立場は行政裁判所によって提示されます。結果として、同様の状況にある納税者は法廷で彼らの権利を追求するべきです。ご覧のとおり、予約部分に不動産の形で税金を払う必要がなくなります。