起業家の出張と提供された食事の手当の額

Webサイト

事業を営むことは、起業家による出張に関連していることがよくあります。その理由は、とりわけ、事業を発展させるために新規顧客を獲得することである可能性があります。起業家は、特定のイベントを文書化して説明する方法がわからないことがあります。この事件は、州または地方政府の予算単位で出張のために雇用された従業員による債権に関する労働社会政策大臣の規則の規定の分析によって明らかになる可能性があります。また、起業家自身の出張にも適用する必要があります。起業家の出張で手当の額を決める方法に答えます!

起業家の出張と税控除の対象となる費用

アートによると。 23秒個人所得税法の1ポイント52は税控除の対象とはみなされません 「事業を営む者と協力する者の出張手当の価値-一部は、担当大臣が発行した別の規則で指定された、従業員による手当の額を超える」。 もちろん、私たちは前述の規制について話しているのです。つまり、起業家は、特定の規制に基づいて指定された金額を超えない金額の食事費用を税控除の対象となる費用に含めることができます。 出張した起業家の手当は、規則で採用されている従業員と同じ原則に基づいて計算されます。
このように決定された食事は、税控除の対象となる費用として分類できます。

宿泊サービス、高速道路の通行料、燃料費、電車や航空券など、出張中に起業家が負担する費用は、適切な書類に基づいて費用に直接「含める」ことができます。たとえば、サービスに応じて、請求書、請求書、またはチケットに基づいて。ただし、宿泊サービスに食事が追加されたかどうか、つまり出張中に起業家にどのような食事が提供されたかに注意する必要があります。この事実は、税控除の対象となる費用の費用の認識方法に大きな影響を与える可能性があります。これについては、以下の記事で詳しく説明します。

起業家の出張手当の額-国内出張

§7秒に準拠。規則の1」国内旅行中の手当は、増加した食事代をカバーすることを目的としており、1日あたり30ズウォティに相当します。」

起業家の手当の額は、§7パラに従って計算されます。所定の規則の2、国内旅行の開始(出発)から公式タスクの完了後の帰国(到着)までの時間は、次のとおりです。
1.旅が1日以内で、次の場合:

  • 8時間未満-食事制限なし、
  • 8時間から12時間-手当の50%が支払われ、
  • 12時間以上-全額;

2.旅行が24時間以上続く場合、1日の手当の全額が毎日、および不完全であるが開始された日に支払われます。

  • 最大8時間-許容量の50%、
  • 8時間以上-完全な手当。

原則として、起業家が自分の食事のために負担する費用は、税控除の対象となる費用に含まれるべきではありません-そのような費用は個人的なものです。税務当局は、問題の問題に関する解釈において何度もそれを強調してきました。同様の立場は、財務省のウェブサイトで利用可能な説明の中で提示されています。 120453 / K

食事または食事が提供される場合、それはホテルのサービスに含まれ、食事の量は、各食事がそれぞれであると仮定して減らされます(規則の§7(4および5)):

  1. 朝食-食事の25%、
  2. 昼食-食事の50%、
  3. 夕食-食事の25%。

上記の規則は、従業員の手当を計算するときに適用する必要があります。これら2つのケースの違いは、以下の例に示されています。

例1。

Jan氏は、10月7〜11日に出張しました。彼は10月7日の午前8時に出発し、10月11日の午後6時に戻りました。 Jan氏は、請求書に記載されている宿泊料金に朝食が含まれています。 1つ目は起業家として出張中、2つ目は従業員の2つのケースを考えます。

ケース1-出張は4日10時間続き、Jan氏(起業家)は150.00ズウォティの食事をとることができます。彼はこの金額を10月11日に彼の税控除可能な費用に直接「投入」することができます。ヤン氏はまた、アートに準拠しているため、宿泊サービスの請求書を総額で費用に含めることができます。 2004年3月11日の付加価値税法(以下、VAT法)の88(1)(4)では、宿泊サービスのVATは控除できないため、起業家の費用となります。 Jan氏は、「ホテルの朝食」の費用を費用に含めていません。

ケース2-出張は4日10時間続き、ヤン氏(従業員)は112.50ズウォティの食事をとることができます(ビジネス中に提供された朝食により、手当の全額が25%削減されました)旅行)。 Jan氏の雇用主は、この金額を10月11日に彼の税控除可能な費用に直接「投入」することができます。 Jan氏の雇用主は、宿泊サービスに関連してケース1で言及されたケータリングサービスにも同じVAT法の規定が適用されるため、宿泊およびケータリングサービス(朝食)の請求書を総額に含めることができます。一方、従業員の食費は、起業家雇用者の収入を得るための費用を構成する場合があります。

海外出張

§13秒に準拠。規制の1 「海外旅行中の食事は、食事代やその他の小額の費用を賄うことを目的としています」。この食事療法は、海外旅行の目的国に適用される金額で、従業員と起業家の両方が利用できます。 2つ以上の国に海外旅行する場合は、複数の国を指定できます。

§13秒に準拠。関連する規制の3では、日当の手当は次のように計算されます。
1.海外旅行の日ごとに、全額が付与されます。
2.海外旅行の不完全な日のために:

  • 最大8時間-許容量の1/3、
  • 8〜12時間以上-許容量の50%、
  • 12時間以上-完全な手当。

各国での1日あたりの海外旅行の日当の金額は、規則の付録に指定されています(規則の§13セクション4)。海外出張の1日の食事の例を下の表に示します。

食事の量
ベルギー 48ユーロ
チェコ共和国 41ユーロ
スペイン 50ユーロ
オランダ 50ユーロ

国内出張の場合と同様に、海外出張の場合も食事があれば日当が減ります。したがって、各食事がそれぞれであると仮定します。

  1. 朝食-食事の15%、
  2. 昼食-食事の30%、
  3. 夕食-食事の30%、

食事の量は、提供される無料の食事の費用によって削減されます。したがって、条例の§14によれば、フルボードが提供された場合、従業員は手当の25%を受け取る権利があります。

§20パラに準拠。規則の3、「海外旅行費の決済は、支払い日の平均為替レートに応じて、受け取った前払いの通貨、兌換通貨、またはポーランド通貨で行われるものとします」。立法者が為替レートを指定しなかったため、これは非常に不正確な記述です(NBPを想定しています)。海外旅行食の計算方法が明記されていないため、出張決済前日の平均NBP為替レートに換算することをお勧めします。

国内出張の場合のように、起業家の食費は、請求書/請求書またはケータリングサービスまたは他の食品の購入を確認する他の証拠を通じて税控除の対象として認識されるべきではありません。起業家の食費は、計算された食事に基づいて税控除の対象となる費用です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

ヤンさんは飛行機でスペインに出張しました。 10月28日、彼は午前9時20分にワルシャワを出発し、10月30日にポーランドに戻り、午後4時35分にワルシャワに着陸しました(どちらのフライトも変更なしで行われました)。 §12ポイント2に従い、「海外旅行の時間は、輸送手段で旅行する場合にカウントされます:[...] 2)飛行機で-飛行機が最後の空港から海外に向かう途中で離陸した瞬間から飛行機が国の最初の空港に戻る途中で着陸するまで、国で」。

もう一度2つのケースを検討します。1つ目は起業家としてのJan氏が料金に含まれるボード付きのホテルを購入し、2つ目は従業員としてのJan氏が料金に含まれる夕食の形でボードを提供されることです。宿泊施設の価格。

ケース1-出張は2日、7時間15分続きました。スペインへの海外旅行の1日あたりの手当は50ユーロであり、ヤン氏はこの旅行に対して1日あたり116.67ユーロの手当を受け取る権利があります。これらの費用は起業家個人のものであり、ケータリングの費用は食事療法によって購入で決済されるため、彼は購入に昼食​​の費用を含めていません。

ケース2-出張は2日、7時間15分続きました。この場合、従業員として、氏。
1泊目:50ユーロx 30%= 15ユーロ、
2日目:50ユーロx 30%= 15ユーロ
3番目の開始日50EUR x 30%= 15EUR。
したがって、従業員の場合、提供された昼食付きの食事は次のようになります。
116.67ユーロ-45ユーロ= 71.67ユーロ。