指定期間の賃貸借の終了と家賃の支払い

サービス

住宅所有者は、毎月の家賃という形で一貫した収入を得るために、それらを借りる可能性を利用することがよくあります。最も一般的なタイプの住宅賃貸契約は、一定期間のものです-実際には1年または2年です。残念ながら、有期契約にもかかわらず、テナントはしばしばそれを前もって終了したいと思っています。記事には、そのようなオプションがあるかどうか、いつあるか、また、定期賃貸契約の終了により、家主が賃貸契約の終了まで賃貸を要求できるかどうかが示されます。

賃貸借契約

借地権契約の問題は、法律-民法(民法)で定義されています。賃貸借契約を通じて、家主(アパートの所有者)は、テナント(テナント)に指定された期間または無期限に使用するアパートを提供することを約束し、テナントは、合意された家賃を家主に支払うことを約束します。

したがって、リース契約の重要な要素は次のとおりです。

1)当事者の仕様-家主、テナントの識別。

2)アパートの正確な表示-住所、および契約の対象となる部屋の数(たとえば、アパート全体ではなく、アパートの一部のみが賃貸されている場合があります)。

3)家賃の額と支払い日。家賃は、すべての料金(光熱費、住宅協同組合への家賃など)を含む単一の金額として定額でマークするか、家主の家賃と残りの家賃のみを指定して分類することができます。テナントに請求される個別料金の金額。

賃貸借契約は、一定期間および無期限で締結される場合があります。期間が1年を超える場合は、書面で締結する必要があります。このフォームが保持されない場合、それは無期限に締結されたと見なされます。

一定期間および無期限の賃貸借契約の終了

一定期間と無期限で締結された契約は、特に終了通知を使用する場合、それらを終了する可能性の点で異なります。

無期限に締結された賃貸契約については、以下の解約期限が適用されます。

  • 家賃が1か月より長い間隔で支払われる場合-暦四半期の終わりに3か月前。

  • 月額家賃の場合-暦月末の3か月前。

  • 家賃が1ヶ月より短い間隔で支払われる場合-通知期間は3日です。

  • レンタルが毎日の場合-1日の通知期間が適用されます。

賃貸借契約は、この期間が規則で規定されているよりも短くならないことを条件として、当事者が共同で決定する他の日付を指定する場合があります(したがって、アパートの所有者にとっては通常3ヶ月です)。ただし、解約の可能性がない場合は、家賃の支払い日によっては上記の期間が適用されます。

一定期間締結された契約を終了することはより複雑です。

アートに準拠。民法第673条第3項では、賃貸期間が決まっている場合、家主とテナントの両方が契約で指定された場合に賃貸を終了することができます。

上記に従い、一定期間締結された契約は、明示的に示された場合に限り、合意された期間の前に終了することができます。

契約を解除することはできません

最初のオプションは、契約にテナントまたは家主による解約の可能性が記載されていない状況です。その後、当事者は、契約が締結される期限まで契約に拘束されます。

例1。

マリアンコヴァルスキは、2018年10月1日から2019年6月30日までの期間、2部屋のアパートを学生に賃貸しました-OliwierKlopとMariuszPotocki。契約の早期終了の可能性についての規定はありません。テナントは冬のセッション中に試験に不合格となり、2019年3月に学生のリストから削除されました。契約が早期終了の可能性を規定していなかったため、彼らは2019年6月30日までアパートに住み、その後契約は終了しました。家主は相互の同意により解約することに同意せず、契約の解約に失敗しました。

いずれかの当事者による終了の可能性

ほとんどの場合、契約は家主によって作成され、解約の方法を規制するのは家主であり、多くの場合、彼ら自身の利益のために、テナントを不利に扱います-これは禁止されていません。非常に多くの場合、一定期間締結された賃貸契約は、特定の通知期間をもって、家主によって一方的に終了される場合があります。

契約条項の例:

家主は、以下の場合、1ヶ月前に契約を解除することができます。

  • テナントが2ヶ月間家賃の支払いを滞納している場合。

  • テナントが契約に反して、フラットを第三者に転貸する場合。

  • 入居者が近隣の敷地を利用するのに不便を感じた場合、門限を守らない。

このような状況では、家主のみが賃貸借を終了することができ、この点に関するテナントの声明は無効になります-それらは法的効力を持ちません。

両当事者は契約を終了することができます

また、家主とテナントの双方が契約を解除する権利を有する一定期間の賃貸借契約が締結されています。これは、他の都市で仕事を見つけたり、アパートを変更したりした場合に契約を終了する可能性のあるテナントに最適です。

契約のサンプル条項:

各当事者は、月末に発効する1か月前の通知により、一定期間締結された賃貸借契約を終了することができます。終了は書面で行う必要があります。

ただし、契約期間が確定しているかどうかにかかわらず、当事者間の合意により契約が終了する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

解散したことを疑わしい場合に証明するために書面であることが重要であり、テナントは彼に敷地を提供する請求をすることはできません。

ハンドオーバープロトコル

ただし、テナントが賃貸借契約を解約しようとした場合、実際には解約する権利がないため、私たちが彼の宣言を受け入れる場合は、引き渡しプロトコル、つまり引き渡された施設の状態を作成する必要があります。 。そのような議定書で言及する価値があるのは、アパートの鍵を家主に渡しても、当事者の相互の財産および非財産の主張が終了することはないということです。したがって、テナントによる無効な解約通知は、家主への鍵の引き渡しと、鍵を返却して敷地の使用を辞任するという独立した主権の決定のみであり、締結された賃貸借契約からではありません。非金銭的請求に関する留保は、賃貸契約が終了するまで、賃貸人に鍵の引き渡しを要求する場合があることを意味します。家主の署名は、賃貸借契約が締結された期間が満了するまで、賃貸借契約が終了するまで、希望すればテナントが敷地を利用できるようにすることを意味することは間違いありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

契約終了前に退去した場合、家賃を請求することはできますか?

テナントが一定期間締結した賃貸借契約の終了を宣言した場合(契約にそのようなオプションがないにもかかわらず)、鍵を返却し、アパートに住んでおらず、契約の終了は、例えば、 6か月後、彼は合意された家賃を指定された金額と合意された日付で支払う必要があります。

彼が家賃を払わない場合、彼は最初に書面による支払い要求を送らなければなりません。

召喚状を受け取った後も家賃を支払わない場合、家主は、そのような意思がある場合は、簡単な手順で裁判所に請求を行う必要があります-彼の請求は、締結された契約とテナントが家賃を払う義務がある、はそれを行いません。請求書の簡略化された提出には、請求書よりも低い手数料が含まれます(金額に応じて、紛争の対象の価値である未払いの家賃が20,000ズウォティを超えない場合は最大300ズウォティです)。 一定期間締結された賃貸借契約の本質は、テナント(テナント)が指定された日付まで敷地内に滞在する可能性と、家主(家​​主)が契約で指定された期間の賃貸料を受け取ることを保証することです。 特定の期間に締結されたリース契約の無料終了は許可されておらず、アートの内容によって制限されます。民法の673§3。立法者は、2013年9月20日のグダニスクの控訴裁判所の判決に規定されているように、契約事件でいつ許可されるかを指定した場合に、一定期間締結された契約を終了する可能性のみを規定しました。 I ACa402 / 13。

この判決に照らして、契約の終了は、契約に含まれていない場合、法的効力がなく、無効であり、その終了という形で法的効力を持たないことは争われていません。