設備-清算および廃止措置

Webサイト

各企業には、事業を運営する目的で使用される有形資産があります。それらのいくつかは、規制に従って、2つの条件を満たす資産として理解されるべき機器として分類されます。

  • PLN 1,500を超える初期値(アクティブなVAT納税者の場合は純額、VATを免除されている事業体の場合は総額)、
  • 予想耐用年数は1年未満です。

これらの種類の企業資産は、起業家の私的な目的のために盗まれたり、清算されたり、撤回されたりする可能性があります。それでは、どのような税の影響を考慮に入れる必要がありますか?以下に説明します。

2020年1月1日より、設備の記録保持義務が廃止されました。このタイプの費用は、税金費用に直接計上する必要があります。機器の購入費用は、請求日に税控除の対象となる場合があります。

機器-清算または盗難

機器の盗難と実際の清算の両方は、起業家が機器の購入費用を帳消しにする義務を負わない。どちらの場合も、適切なドキュメントが必要です。

  • 盗難の場合-機器の盗難の報告を確認する警察の報告(または声明)。
  • 廃止措置の場合-機器廃止措置プロトコル。

機器が盗まれた場合、トレーダーが取るべき唯一のステップは、在庫から資産を削除することです。ただし、清算の場合、問題はそれほど明白ではありません-その原因は多くあります:

  • 売却-納税者は、請求書で売却を文書化する義務があります。コンポーネントが課税対象の活動を行う場合、この取引には所得税とVATの両方が課せられます。 KPiRを実行しているエンティティは、列8の機器の販売からの収益を示しています-その他の収益。
  • 処分-取引が破壊プロトコルで文書化されている場合、機器の処分を確認しますが、VATおよびPITの影響はありません。
  • 所有権の放棄(ゴミ箱に捨てるなど)の場合、VATの対象となる無料サービスはありません。そのため、原則として、機器の所有権の放棄はVATと所得税の対象にはなりません。

上記のそれぞれで場合によっては、資産を機器登録から削除する必要があります。 金属くず(収集場所)などの機器を販売する場合、起業家はいわゆる逆請求。これにより、購入者はVATを請求する必要があります。

機器-廃止措置

事業目的での機器の撤退-所得税

起業家は、個人的な目的で機器のコンポーネントをリコールする完全な権利を持っています。次に、取るべき最初のステップは、機器を廃止するためのプロトコルを作成することです。そこでは、廃止の理由が私的な目的で起業家に与えられます。プロトコルは、機器レコードからの削除の基礎になります。

それにもかかわらず、アートから明らかなように。 23秒PIT法の1ポイント49は、個別の規制に従って固定資産に含まれていない、企業の徐々に消費される有形資産の購入にかかる税控除可能な費用とは見なされないものとします-これらのコンポーネントが使用されていないことが判明した場合事業活動の目的のためですが、納税者、従業員、または他の人の個人的な目的を果たしているか、企業の敷地外に不当に離れています。

上記の規定は、機器の撤回と所得税に基づくこのイベントの解決に関して多くの疑問を提起します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

ワルシャワの税務署長は、10,000PLNを超える価値のある個人用機器の引き出しを解決する問題について言及しました。 2012年12月13日の解釈では、参照番号。 IPPB1 / 415-1163 / 12-5 / KSは次のように述べています。

(...)1年未満の事業活動で使用される、徐々に消費する資産(この場合はフラット)として分類される資産の個人的な目的での使用は、費用が発生した場合、税控除可能な費用を調整する必要があります。その購入は、以前は収入を得るための費用に含まれていました。徐々に消費される有形資産の購入費用は、12ヶ月以内に個人的な目的で事業活動から撤退するため、収入を得るために発生したと結論付けることは困難です。

同時に、コスト調整は、特定の資産の取得に発生した費用の全額に適用されることを強調する必要があります。上記のアートの規定の指示。 23秒法の1ポイント49は、取得支出に明確に言及しており、その一部ではありません。この規定は、納税者が予想する使用期間のために有形資産が1年未満である場合、事業活動の目的での資産の使用期間に関連する取得費用の比例決済を許可していません。 、固定資産には含まれていません。減価償却費の形での購入費用の比例会計は、固定資産と無形資産にのみ適用されます(...)。

重要なのは、起業家自身のニーズに見合う価値のある機器を単に撤回するだけでは、所得税に影響がないということです。起業家は、税控除の対象となる費用から費用を償却せず、収入も示しません。 機器が撤去された翌月の初日から6年以内に廃棄された機器の販売は、営業利益を表します。

個人使用の機器のリコール-VAT

一方、納税者が購入時(またはコンポーネントの取得時)にVATを(全体的または部分的に)控除する権利がある場合、私的目的での機器の撤退はVATの結果をもたらします。イベントは適切なVAT税率で課税され、VAT販売台帳に表示される必要があります。この場合、内部伝票の印刷を使用することもできます。 資産が免税活動にのみ使用され、売り手が購入時にVATを控除する権利を持っていなかった場合、私的目的で機器を撤回した場合のVAT免除が可能です-この仮定はアクティブなVAT支払者には適用されません。機器が課税対象の活動に使用されたため。
次の場合でも、リコールによる悪影響はありません。
資産を購入するとき、または構成部品を購入するとき、VATを差し引く権利はありませんでした(たとえば、VAT請求書での購入、証拠金)-この仮定は、アクティブなVAT納税者に適用される場合があります。