不動産およびVATの形での配当金の支払い

サービス税

企業は、パートナーまたは株主に現金で配当を支払います。しかし、配当は現物で支払われることが増えています。多くの場合、不動産の形で配当金が支払われます。そのような場合、そのような配当がVATにどのような影響を与えるかについては疑問があります。

配当-コンセプト

株式会社による配当金の支払いの原則は、法律-商事会社法の規定に準拠します。

アートに準拠。商法の347§1、株主は、株主に支払われるために総会によって割り当てられた公認監査人によって監査された財務諸表に開示された利益に参加する権利を持っています。ただし、アートに準拠。規範の348§2では、特定の会計年度の配当を受ける権利のある株主は、利益の分配に関する決議の日に株式の権利を与えられた株主です。定款は、特定の会計年度の配当を受ける資格のある株主のリストが確立される日付(配当日)を定義するために総会を承認することができます。

上記の商事会社法の規定に照らして、株主の主な権利は配当金の支払いを受ける権利です。重要なのは、k.s.h。配当金の支払い方法は明記されていないため、現金と現物の両方で配当金を支払うことができます。したがって、会社の定款は、現金と現物の両方で配当金の支払いを規定する場合があります。配当金の支払いは、商事会社法で規制されている特別な種類の法律取引であることに注意してください。また、販売または交換に関する民法の規定は適用されません。

したがって、上記の規定から、配当は会社の年間利益への株主の参加の一形態であるということになります。株主は、株主総会の決議により支払いが割り当てられていることを条件として、所有する株式を所有する会社の利益に参加する権利を有します。したがって、配当金の支払いは、株主に対する会社の一方的な業績です。

無料配達の課税

アートに準拠。 7秒アートで言及されている商品の配達による付加価値税法(以下、VAT法と呼ぶ)の1。 5秒1ポイント1は、所有者として商品を処分する権利の譲渡を意味します。

立法者は、無料で作られた商品の一部の供給を、商品およびサービスに対する課税の対象となる対価の商品の供給と同一視しました。アートの下で。 7秒アートで言及されている商品の配達によるVAT法の2。 5秒1、パラグラフ1は、納税者による彼の企業に属する商品の無料譲渡も意味するものとします。

  • 元従業員、パートナー、株主、株主、協同組合のメンバーとその家族、法人の統治機関のメンバー、協会のメンバーを含む、納税者またはその従業員の個人的な目的のための商品の譲渡または消費。
  • その他の寄付

-納税者が、これらの商品またはその構成部品の取得、輸入、または生産に対する仮払消費税の額だけ、納税額を減額する権利を有している場合。

これらの規定に従い、納税者が仮払消費税の額だけ納税額を減額する権利を有している場合、商品およびサービスに対する税金は、商品の無料譲渡の対象となります。

課税ベース

上記の規定から明らかなように、商品の無料譲渡は多くの場合VATの対象となります。

例1。

納税者は掘削機を購入し、そこからVATを全額控除しました。数年後、起業家は上記の掘削機を息子に無料で渡すことにしました。そのような状況で納税者は上記の譲渡に課税すべきですか?納税者は、VATで課税する必要がある場合に、掘削機のどのような価値をとるべきか疑問に思います。

この場合、掘削機のリコールはVATの対象となります。一方、課税基準は商品または類似商品の購入価格であり、購入価格がない場合は、活動からの撤退時に決定される製造原価です(VAT法第29a条(2)を参照)。 )。したがって、引き渡し時の掘削機の市場価格になります。これは、2018年2月8日Pr。、No。0115-KDIT1-2.4012.942.2017.1.AGWの国家税務情報局長の個別の解釈によって確認されています。上記の取引には、特定の製品に適切なVAT率が適用されます。
紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

不動産の形での配当金の支払い

問題を説明するために例を使用します。

例2。

有限会社。アパートの建設と販売を扱っています。不動産の建設に関連して購入した商品やサービスは、VAT(税額控除)の対象となります。その会社はたくさんの収入を得た。株主の皆様には、自ら構築した不動産の形で、現金以外の形で配当を行う予定です。同社は、不動産の譲渡には付加価値税が課せられるべきかどうか疑問に思っています。

上記で定義するように、上記の活動は商事会社法で規制されており、販売または交換に関する民法の規定は適用されません。ただし、上記は付加価値税法に基づくこの活動の分類には影響しません。現物配当の対象となるのは、当社が所有する不動産、つまりアートの意味での商品です。 VAT法の2ポイント6。会社は不動産の所有権をパートナーに譲渡します。つまり、所有者としてそれを使用する権利が譲渡されます。これは、この活動がVAT法の意味の範囲内で商品の供給を構成することを意味します。

提示された状況では、不動産の形での配当金の支払いが支払われることを受け入れることはできません。この場合、商品の供給者にとって直接かつ明確に定義された利益はありません。株主は、株主総会の決議により支払いが割り当てられている場合に限り、自分が所有する株式を所有する会社の利益に参加する権利を有します。したがって、指定された不動産を受け取るパートナーの側にはリターンパフォーマンスがないという事実のために、無料の活動があると想定する必要があります。 VATは、普遍性の原則に従い、製造形態に関係なく取引の対象となること、および当社が取得したものや事業活動の一環として製造したものの販売の対象となることをお知らせします。 。配当の対象となる不動産の建設および取得に関連して、納税者は仮払消費税額だけ納税額を減額する権利がありました。要約すると、この場合、問題の取引をアートで指定された商品の無料配達として認識するための条件。 7秒VAT法の2。配当の場合、当社に還元可能な利益はありません。この活動は無料です。

上記は、株主に現物で「支払われた」配当がVATの対象となることを示す確立された法学によって確認されていることを強調する必要があります。たとえば、2016年12月7日の最高行政裁判所の判決、参照番号。行為IFSK 1728/16:

「株主による限定的な株式会社パートナーシップでの現金以外の配当は、商品やサービスに課税されます。このような場合の課税対象は配当ではなく、物品の無料供給(付加価値税法第7条(2))またはサービスの無料提供(付加価値税法第8条(2))です。

要約すると、現金以外の配当を支払う場合、企業はVATで課税する必要性を考慮に入れる必要があります。