外国企業によるレンタカー-VATはどこで決済されますか?

サービス税

異なる国の起業家間のサービスの提供は、顧客が登録事務所または固定事業所を持っている場所(その固定事業所がサービスの受領者である場合)で課税されます。事業体に登録事務所または恒久的な事業所がない場合、課税場所は納税者の居住地または常居所です。上記のルールはアートに起因します。 VAT法の28b。サービスの提供場所に関して特定の方法で正確に考慮されるこの一般規則には例外がありますが、サービスの大部分は上記のガイドラインに従って課税されます。サービス提供場所の適切な決定は、最終的にVAT決済の正確さに影響を与えるため、特に重要な問題です。サービスの提供場所が設立場所、恒久的な事業活動の場所、居住地または滞在場所であるという基本規則からの逸脱は、外国の事業体による自動車のレンタルです。記事の後半では、輸送手段、特に乗用車を借りるサービスのプリズムを通してサービスの提供場所を決定するための規則について説明します。

レンタル期間と利用可能な場所によって、VAT課税の方法が決まります

VATに基づく決済では、外国の起業家がポーランドの会社に提供する輸送手段(乗用車を含む)のレンタルは、主に以下に依存します。

  1. レンタル期間(短期または長期レンタル)、

  2. 賃貸人が輸送手段を利用できるようにする場所(ポーランド共和国の領土またはポーランド共和国の領土外)。

輸送手段のレンタルからなるサービスのVAT課税の場所に関する詳細な規制はArtから生じます。 VAT法の22j。この規定の最初の段落に従い、輸送手段の短期賃貸の供給場所は、輸送手段が実際に受取人の自由に使える場所です。短期賃貸とは、(第2段落に従って)30日を超えない期間(船舶の場合、この期間は90日に延長された)の輸送手段の継続的な所有または使用を意味するものとします。 輸送手段のレンタルに対するVAT課税は、レンタル期間と輸送手段が利用できる場所によって異なります。詳細な規制は短期賃貸にのみ適用されます。短期以外の賃貸料は、一般原則に基づいて説明する必要があります。

「開示の場所」という用語は、まだ簡単な説明が必要です。国内規制ではこの用語を指定していませんが、この場合はEU規制を使用できます。アートに準拠。指令2006/112 / EC(VAT指令)の施行法である2011年3月15日のEU理事会施行規則No. 282/2011の40、「輸送手段が実際に自由に使える場所アートで言及されている借手。 56秒指令2006/112 / ECの1は、テナントまたはその代理として行動する第三者がそれを物理的に所有する場所です。

車両を利用できるようにする場所に関しては、実際の輸送手段は、「鍵」と車両自体を引き渡す時間と場所で、たとえば、車を貸し手が利用できるようにするレンタカー会社。

車両が実際に利用可能になる場所は、車両の所有者の座席であっても、賃貸契約が締結された場所ではなく、車両は実際には賃貸人が行う他の国の領域にあります。彼の所有物を取得します。

実際の外国企業によるレンタカー-課税の可能な組み合わせと変形

賃貸輸送手段の課税場所に関する規制には、アートの転置が含まれます。指令2006/112 / ECの56。

EU請負業者間のレンタカーの件に関しては、すべての加盟国のレベルで議論されている規制の一貫性が想定されます。ここでは、レンタル期間と車両が利用できる場所に応じて、4つの状況があります。

ドイツの事業体がポーランドの事業体に車を借りると仮定すると、事実は次のようになります。

  1. ドイツの事業体はポーランドの事業体に車をレンタルし、レンタル期間は30日を超えず、車はドイツの領土で利用可能になります。

  2. ドイツの事業体はポーランドの事業体に車をレンタルし、レンタル期間は30日を超えず、車はポーランドの領土で利用可能になります。

  3. ドイツの事業体がポーランドの事業体に車をレンタルし、レンタル期間は30日を超え、その車はポーランドの領土で利用可能になります。

  4. ドイツの事業体はポーランドの事業体に車をレンタルし、レンタル期間は30日を超え、車はドイツの領土で利用可能になります。

上記で定義されたように、レンタル期間と車両を利用可能にする場所によって決定される状況は、2つの方法で課税される場合があります。ポイント1からの状況は、特定の国で適切なVAT税率で課税される従来の供給です。この場合、サービスプロバイダーは、請求書の発行時にド​​イツのVATを請求します。次に、ポイント2 a)-c)には、いわゆる"逆の電荷"。これについての詳細は、この記事の後半にあります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

外国企業による短期レンタカー-外国のVATを含む請求書

海外での車両の短期レンタルの場合(車両がポーランド共和国外で30日を超えない期間利用可能になると仮定)、外国の請負業者は、で計算されたVATを含む請求書を発行する義務があります。その国に適用される規制に従って。議論された事実は、以下の例に示されています。

例1。

ポーランドの起業家はドイツの見本市に行き、そこで会社を宣伝しました。ドイツでは、彼は10日間レンタカーを借りました(短期レンタル)。レンタルサービスとして、ドイツの請負業者は、ドイツで施行されている規制に従って、19%の税金を追加した請求書を発行しました。ポーランドの事業体は、VATに基づいてこの取引を決済する義務はありません-いわゆるものはありませんサービスの輸入、このサービスの課税場所はドイツの領土になります。

上記の例によると、ポーランド国外で利用できる短期レンタカーサービスを購入する場合、起業家はVATに基づいてこの取引を決済する義務を負いません。実際には、起業家が海外で支払われたVATの還付を申請しないことを決定した場合、税控除の対象となる費用は、受け取った請求書から生じる総額になります。 EU加盟国は、外国の納税者がVATを回収できるようにする規制を導入する義務があります。この義務は、2008年2月12日の理事会指令2008/9 / ECの規定に起因し、指令2006/112 / ECで規定されている付加価値税の、還付加盟国に設立されていないが確立された納税者への還付に関する詳細な規則を指定しています。別の加盟国で。海外で支払われた税金の還付の申請は、VAT-REFフォームを提出することによって行われます。

海外で支払われたVATの還付を申請する起業家は、アートに起因する制限をさらに考慮する必要があります。 VAT法の86a、つまり自動車に関連する費用の入力VATの50%を差し引く可能性の形での制限。 VAT-REF手続きでそのような制限を適用する必要性は、Artに起因します。 89秒VAT法の1kポイント2。

その他の場合、「逆チャージ」

最初に、乗用車レンタルサービスの輸入を決済する際には、芸術に起因する制限にも従わなければならないことを強調する必要があります。 VAT法の86a、つまり自動車に関連する費用から入力VATの50%のみを控除する可能性に関する規定。

上記の残りの3つのバリエーションを分析すると、取引は逆請求メカニズムで決済する必要があるという結論が導き出されますが、そのような決済の法的根拠は異なります。

30日を超える期間のレンタカーは、アートに起因する一般原則に基づいて決済されるサービスの購入です。 VAT法の28b-車両がポーランドで利用可能になるか、たとえばドイツで利用可能になるかは関係ありません。上記のアートに従って。付加価値税法第28b条「納税者にサービスを提供する場合のサービスを提供する場所は、サービスの受領者である納税者が登録事務所を持っている場所です。 2-4とアート。 28e、アート。 28f段落。 1と1a、アート。段落1の28g。 1、アート。 28i、アート。 28j段落。 1と2と記事。 28n "。

一方、ポーランドで利用可能になった外国企業からの短期レンタカーは、アートに起因する特別な規則の対象となります。 VAT法の28j。その場合、ポーランドの起業家は、アートに従ってこの取引の納税者になります。 17秒VAT法の1ポイント4。ただし、サービスプロバイダーが、ポーランドに登録事務所または恒久的な事業所を持たない納税者である場合。

要約すると、長期(車両が利用可能になる場所に関係なく)と外国企業からの短期車両レンタル(ポーランド共和国の領土で利用可能になる)の両方の場合、ポーランドの起業家-アクティブなVAT支払人は、「リバースチャージ」メカニズムを使用してそのような取引を決済します。取引の決済方法が、最初のケースでは一般規則から、2番目のケースでは特定のルールから生じることは重要ではありません。ポーランド共和国外で利用できるようになった外国企業による短期レンタカーのみが、ポーランドの起業家に税金の義務を課すことはありません。そのようなサービスを提供する場所は、借りた車が利用できる国になるからです。