ドライバーとVAT控除でレンタカーを借りる

サービス税

自動車にかかる費用に関連してVATを差し引く可能性に関して、付加価値税法には一定の制限があります。この文脈では、車が運転手と一緒に借りられる場合を検討する価値があります。購入者はVATの全額を控除できますか、それともVAT法に規定されている制限を適用する必要がありますか?

車の費用からVATを差し引くための規則

規則は、購入した商品またはサービスが課税対象の活動に使用される範囲で、納税者は発生した支出から生じる仮払消費税を完全に控除する権利を有するということです。

ただし、乗用車に関しては、このルールにはいくつかの制限があります。アートに準拠。 86a段落VAT法の1ポイント1、自動車に関連する費用の場合、当技術分野で言及されている仮払消費税の額。 86秒2は、納税者が受け取った請求書に起因する税額の50%です。

アートに準拠。 86a段落パラグラフで言及されている自動車に関連する費用に対するVAT法の2 1、以下に関連する費用が含まれます:

  1. これらの車両の取得、輸入または製造、およびそれらの構成部品の取得または輸入。
  2. ポイント3に記載されているものを除き、この契約に関連する同様の性質のレンタル、レンタル、リース、またはその他の契約に基づくこれらの車両の使用。
  3. これらの車両に動力を供給するために使用されるモーター燃料、ディーゼル油およびガスの購入または輸入、これらの車両の修理または保守サービス、およびこれらの車両の操作または使用に関連するその他の商品およびサービス。

アートに準拠。 86a段落法の3-パラの規定。 1は適用されません:

  1. 自動車はどこにありますか:
    1. 納税者の事業活動にのみ使用される、または
    2. 道路交通規則に基づいて発行された文書がそのような目的を示している場合、運転手を含めて少なくとも10人を運ぶように設計されている。
  2. 自動車に搭載された商品、およびこれらの商品に関連する組み立て、修理、保守サービス(これらの商品の使用目的が納税者の事業活動にのみ使用される可能性を客観的に示している場合)。

記事に基づく。 86a段落法第4条では、自動車は次の場合にのみ納税者の事業に使用されると見なされます。

  1. 納税者によるこれらの車両の使用方法、特に納税者が定めた使用規則で指定され、納税者が保持する車両走行距離記録によってさらに確認された方法は、経済活動に関係のない目的での使用を除外します。
  2. これらの車両の設計は、ビジネス以外の目的での使用を排除するか、ビジネス以外の使用を無関係にします。

アートに準拠した、車両の走行距離の記録を保持する条件。 86a段落5点1点灯。法のc-賃貸、リース、リース、または同様の性質の他の契約に基づく支払いに対してのみ使用することを目的とした自動車の場合-支払いのためのこれらの車両の使用が対象である場合は適用されません納税者の活動。

冗談で。 86a段落法第12条は、自動車のみを使用する納税者は、車両マイレージ登録を保持する必要があり、これらの車両に関する情報を、日付から7日以内に税務署長に提出する必要があることを示しています。これらの車両に関連する最初の支出が発生します。

上記の規定に照らして、レンタカーサービスは提示された規制の対象であると明確に述べることができます。したがって、原則として、購入者は請求書の文書化から生じる仮払消費税額の50%を差し引くことができます。サービスの購入。

レンタカーサービスは、完全に控除可能なVATの点で制限されています。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

輸送サービスとしての運転手付きレンタカー

ドライバーと一緒にレンタカーサービスを正しく受けることから、多くの問題が発生することがわかりました。疑問は、私たちがレンタルサービスと輸送サービスのどちらを扱っているかを判断することに関するものです。前者の場合のみ、アート。 VAT法の86a。後者の場合、納税者は仮払消費税の全額控除を受ける権利があります。

興味深いことに、上記の問題に関する疑問は、税務当局によって発行された税の解釈にも見られます。たとえば、2012年12月24日のワルシャワの税務署長の解釈では、グループ化77.11「運転手なしの乗用車とバンのレンタルとリース」。 「ドライバー付き乗用車のレンタル」PKWiU49.32.12に分類されるサービスは、セクション49-「陸路およびパイプライン輸送」に属します。したがって、問題のサービスは輸送サービスと見なされるべきであり、その結果、それらはレンタルまたはリースサービスと同様の性質のサービスと見なすことはできません。規則のこの形式の解釈をとると、運転手と一緒に車を借りることはあなたに付加価値税を差し引く完全な権利を与える輸送サービスです。

したがって、上記の場合、税務当局は主にPKWiU分類と統計規制に依存していました。

レンタルサービスとしてのドライバー付きレンタカー

2015年1月12日、No。IBPP2/ 443-952 / 14 / ABの解釈において、カトヴィツェの税務署長によってまったく異なる立場が提示されました。この書簡の中で、当局は、ドライバーと一緒にレンタカーを借りる場合、契約期間中、テナントが自由に車を処分できるため、輸送サービスについて話すことはできないと述べています。したがって、ドライバーと一緒にレンタカーを借りる目的は、人の動きとして理解される特定の交通手段ではありません。

上記の解釈では、税務当局は複雑な利益の概念にも言及し、1つ以上の構成要素が基本サービスと見なされるときに複雑なサービスが発生し、別の要素または他の要素が補助サービスとして扱われることを指摘しました。これは、主要なサービスと同じ課税規則です。サービスは、それ自体が目的ではなく、本質的なサービスをより適切に使用するための手段である場合、本質的なサービスの補助と見なされるべきです。経済的観点から、1つのサービスがいくつかの利点に含まれる場合、そのサービスは税務上の目的で分割されるべきではありません。この概念に照らして、税務当局は次のように述べています。

「したがって、申請者が提供するサービスの説明を考慮に入れて、申請者が購入したサービスは、申請者が指定した時間と日数の無期限に自動車にドライバーを提供することからなることを記載する必要があります。は、輸送手段を借りるサービスの特徴的な要素を含む包括的なサービスです。申請者は、輸送手段(乗用車)とは別に、ドライバーも借ります。賃貸契約に関連する申請者は、サービスプロバイダーとの契約に起因する申請書に記載されている多くの権利を有します(ポイントa〜f)。購入したサービスはいくつかの要素で構成されていますが、上記取引は、経済的な観点から、主要なサービス(輸送手段のレンタル)と補助的なサービスで構成される単一のサービスと見なす必要があります。これらのサービスは、それ自体が受信者の目的を構成するものではないためです。 、しかし、メインサービスを使用するためのより良い機会を作成するだけです。

その結果、税務当局は、支配的なサービスはレンタカーであり、運転手サービスは追加の付随的なサービスであり、それ自体が目的ではなく、不可欠なサービスを使用する手段であると判断しました。これは、それが輸送サービスではなく、レンタルサービスであることを意味します。つまり、アートに起因する制限を意味します。 VAT法の86aが適用されます。

運転手と一緒にレンタカーを借りる資格に関して税務当局によって発行された解釈には矛盾があります。レンタルサービスや輸送サービスを扱っていると考えられます。

どちらかの解釈はどのような結果をもたらしますか?

例1。

納税者は運転手と一緒に乗用車を雇った。このサービスの正味価格は10,000ズウォティ、付加価値税は2,300ズウォティです。両当事者は、これが輸送サービスであることに同意しました。その結果、購入者は、仮払消費税全体、つまりPLN2,300を差し引く権利があります。

例2。

納税者は運転手と一緒に乗用車を雇った。このサービスの正味価格は10,000ズウォティ、付加価値税は2,300ズウォティです。当事者は、それが追加の運転手サービスを伴うレンタルサービスであることに同意した。その結果、購入者は仮払消費税の50%、つまりPLN1,150を差し引く権利があります。.

提示された解釈は、ドライバーと一緒にレンタカーを借りる資格は、VATに関してまったく異なる形をとることができることを示しています。これは控除可能な仮払消費税の額の文脈で重要な問題であるという事実のために、納税者は同様の場合に個別の税の決定のために彼ら自身の申請書を提出することが推奨されます。