休日の支払い-計算方法は?

サービス

年次休暇は、従業員が働いていない期間です。ただし、この期間の従業員は、職務を遂行した場合に受け取ったであろう年次休暇の報酬を受け取る権利があります。従業員に正しい休日の給与を支払うためには、すべての固定および変動報酬コンポーネントを受け取る必要があります。

年次休暇の報酬-基礎を確立する

年次有給休暇の報酬を決定する際には、基本給やその他の雇用関係からの福利厚生を考慮に入れています。

休日の賃金ベースを計算するときは、雇用関係からいくつかの要素を除外することを忘れないでください。

  • 特定のタスクまたは成果に対する1回限りまたは非定期的な支払い、
  • 待機時間および障害のないダウンタイムに対する報酬、
  • ジュビリーチップ(賞品)、
  • 休暇およびその他の正当な欠勤に対する報酬、
  • 年次休暇の現金同等物、
  • 法定代理人のための弁護士の追加報酬、
  • 最低賃金の額までの仕事の報酬に対する補償額、
  • 病気のために働けなくなった期間、または感染症のために隔離された期間の報酬、
  • 会社のボーナスファンドからの報奨、追加の年次報酬、利益または残余剰余金への参加による売掛金、
  • 退職および障害者の退職金またはその他の退職金、
  • 退職時の賃金と給与。

請求不可能な裁量ボーナスは、仕事に対する報酬の構成要素ではありません。したがって、休日の支払いの概念には含まれません。利益の周期性は二次的に重要です。ただし、授与基準が具体的である場合、検証可能な利益は、報酬ではなくボーナスであることが判明する場合があります。 年次休暇の報酬を計算する際、請求不可能な裁量ボーナスは考慮されません。 基本休日給与の計算に寄与する他のコンポーネントは、とりわけ次のとおりです。

  • インターンシップ、機能的、
  • 規制ボーナス、
  • 残業代、
  • 夜間の仕事の手当、
  • アルバイトの残業代。

従業員が雇用主と民法契約(委任契約または特定の仕事の契約)を締結している状況では、休暇の報酬を決定する際にそれは考慮されません。

報酬および年次休暇の報酬の固定コンポーネント

休暇期間中の固定月額で指定された報酬要素は、従業員が休暇を取得した月に支払われるべき金額で支払われます。

例1。

従業員は、雇用契約で指定された固定要素で構成される報酬、つまり3,000 PLN(基本給)と200PLNの機能ボーナスを受け取ります。 1月、彼は10日間休暇を取りました。ただし、当該月に使用された休暇の日数に関係なく、1月の機能手当の3,000ズウォティおよび200ズウォティの報酬を受け取ります。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

報酬および年次休暇の報酬の変動要素

1か月以内の期間で支払われる変動要素で構成される報酬の場合、この報酬を評価するための基礎を計算する必要があります。

期間中に従業員に支払われた構成要素の合計:

  • 休日が始まる月の3暦月前、
  • 休日の開始月の前の12暦月以内ですが、可変コンポーネントが大幅に異なる場合に限ります。

変動要素からの年次休暇の報酬は、計算の基礎を、基礎が決定された期間に従業員が仕事を行った時間数で割ることによって計算されます。次に、この方法で決定された1労働時間の報酬に、従業員が休暇を取らなかった場合に、該当するスケジュールに従って、通常の労働時間の一部として休暇中に働いていたであろう時間数を掛けます。時間。

可変コンポーネントの場合:

  • 休日の3か月または12か月前の期間の休日給与の計算の基礎を決定します。
  • 休日の基準を決定するために使用される期間に働いた時間数を指定し、
  • 1時間の休暇のレートを設定します(休暇の量の基準は、報酬が決定される期間に従業員が働いた時間数で除算されます)、
  • 1時間の休暇のレートに休暇の時間数を掛けます。

例2。

2021年1月、従業員は10日間の休暇を取りました。彼の基本給は、定額の3,000ズウォティ、100ズウォティの機能手当、10月に150ズウォティ、11月に200ズウォティ、12月に250ズウォティの月額ボーナスで構成されています。従業員はフルタイムで雇用されていました。

年次休暇の支払いは次のように計算されます。

-最初の2つの要素(基本給と機能手当)は、休日の使用月、つまり1月に支払うべき金額に含める必要があります-3,000ズウォティ+100ズウォティ;

-変動要素、つまり月次ボーナスは、休日の使用月の前の3か月の合計金額で取得されます-PLN 150( 10月)+ PLN 200(あたり 11月)+ PLN 250(12月の場合)= PLN 600;

--PLN 600の金額は、3か月あたりの従業員の労働時間数で割る必要があります。つまり504時間で割る必要があります»600 PLN:504 = 1.19 PLN;

-得られた結果に、従業員が休暇を取らなかった場合に、該当する勤務時間スケジュールに従って休暇中に勤務する時間数を掛けます»1.19 PLN x80時間= 95.20 PLN;

-休暇の期間中、従業員は変動要素の報酬を次の金額で受け取る必要があります。95,20 ズウォティ。

給与は最終暦日に支払われます。従業員が1月に受け取る資格のある給与は、PLN 3,000 + PLN 100 + 95.20 = PLN3,195.20です。