不動産およびPITの非契約使用に対する報酬

サービス税

不動産の非契約的使用とは、法的所有権のない不動産の使用を意味します。ほとんどの場合、これは、たとえば、敷地またはその他の不動産の賃貸借契約が終了または終了した場合、または土地の場合は賃貸借契約が失効した場合に発生します。財産の法的所有権を失った瞬間から返還されるまで、財産の所有者は、例えばその所有者から、契約外での使用に対する料金(補償)を請求される場合があります。不動産の非契約使用に対する報酬である収入をどのように認定するのですか?どの税率を適用する必要がありますか?この記事で答えを見つけます。

不動産の非契約的使用に対する報酬を取得するための法的根拠

アートに準拠。アートに関連する民法(以下、民法)の224§2。民法の225。所有者は、資産、この場合は納税者の資産である不動産の使用料を支払う義務があります。

物件の非契約使用に対する報酬には、物件の所有者が特定の法的関係(賃貸借契約など)に基づいて使用するために物件を提供した場合に得られると予想される利益が含まれます。

アートの下での報酬に注意することが重要です。 224§2および記事。民法第225条は、所有者に生じた損害の補償とは見なされませんが、所有物が既存の法的根拠に基づいている場合、所有者が所有者に支払わなければならない所有物の使用に対する支払いです。 、すなわち、所有者が有償で不動産を提供した場合に受け取るもの。有効な契約上の法的関係に基づいて使用します。

したがって、民法の規定は、アイテムの所有者に報酬を請求する権利を与えます。これには、所有者がアイテムをリースまたはレンタルした場合に得たであろう失われた利益の補償が含まれます。この場合の利益の喪失は、物事がもたらす民事上の利益を得ることができないことです。

適切な収入源への不動産の非契約的使用に対する報酬の資格

収入源のカタログにはアートが含まれています。 PIT法の10。収入源の列挙は、同様の性質に従ってそれらをグループ化することを目的としており、その結果、たとえば適用される税率の観点から、これらの源泉の差別化された扱いがもたらされます。所得の源泉を決定することは、例えば、所得の課税方法、それを取得するための費用を差し引く可能性などの問題を決定するために非常に重要です。

アートに準拠。 10秒PIT法の1では、この規定のポイント6と9で別々の収入源が指定されています。

1)サービス関係、協同組合雇用関係を含む雇用関係、農業生産協同組合または農業生産に従事するその他の協同組合への加入、支出業務、退職年金または障害年金。

2)直接行われる活動。

3)非農業経済活動。

4)農業生産の特別部門。

5)(廃止);

6)賃貸、サブレット、リース、サブリース、および同様の性質の他の契約。これには、非農業目的または農業生産の特別部門を運営するための、農業生産の特別部門および農場またはそのコンポーネントのリース、サブリースが含まれます。経済活動に関連する資産の例外。

7)ポイント8(a)に記載されているもの以外の財産権を検討するための売却を含む、現金資本および財産権。交流;

8)第2項の規定に従い、対価のための処分。 2:

  1. 不動産またはその一部および不動産への関心、
  2. 住宅協同組合のアパートまたは事業所に対する共同所有権および一戸建て住宅に対する権利、
  3. 土地に対する永続的な用益権、
  4. 他のもの、

対価の売却が経済活動の遂行において行われず、(a)項で言及された不動産および財産権の売却の場合に行われた場合。a-c-取得または建設が行われた暦年の終わりから5年の満了前、およびその他-取得が行われた月末から6年の満了前。切り替えの場合、これらの期間は各切り替え担当者に適用されます。

8A)外国の管理下にあるユニットによって実行される活動。

8B)第1条で言及されている未実現利益。 30da;

9)その他の情報源。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

アートに記載されている情報源の1つに特定の収入を明確に分類することが不可能な場合。 10秒PIT法の1ポイント1〜8の場合、この収入は、その規定のポイント9で言及されている他の収入源からの収入として認定されるべきです。

アートに準拠。 20段落アートで言及されている他の収入源からの収入に関するPIT法の1。 10秒1ポイント9、特に:組織の規定の意味の範囲内で、オープンエンド年金基金のメンバーの死亡後に、個人または彼または彼女によって指定された彼/彼女の近親者のメンバーに支払われる金額年金基金の運営;個人の退職証券口座からの返還および個人の退職証券口座からの引き出しから得られた金額。これには、貯蓄者が死亡した場合に資格のある人の利益のために行われた金額が含まれます。社会保険からの現金給付。メンテナンス;奨学金、芸術で言及されているもの以外の助成金(助成金)。 14;追加料金;アートで言及されている収入に含まれていない賞品やその他の無料の特典。 12-14および17、および開示された情報源によってカバーされていない収入。

2019年4月15日の判決でグリヴィツェの州行政裁判所によって示されているように、I SA / Gl 293/18: 「芸術の提供。 20段落PIT法の1は、「アートで言及されている他の財源からの収入について」と規定しています。 10秒1ポイント9、それは特に考慮されなければならない...»。 「特に」という表現は、他の収入源からの収入の定義がオープンであり、アートの提供で直接言及されたもの以外の収入もこのカテゴリーに含めることが合理的であることを証明しています。 20段落1 u.p.d.o.f.税法の下では、個人所得税による課税の対象となる所得は、あらゆる形態の金銭的利益(利益)、つまり金銭的および非金銭的の両方です。

アートに示されている収入源の中で。 PIT法第10条では、立法者は不動産の非契約的使用に対する報酬を収入源の1つとして強調していなかったため、当該報酬は他の収入源からの収入として分類されるべきである。

したがって、不動産の非契約的使用に対する報酬は、特定の財務的側面を備えた資産利益を構成し(実質的に報酬額を計算することが可能)、したがって、以下の課税所得を構成することを指摘しておく必要があります。個人所得税法の意味。

不動産の非契約使用に対する報酬と税率

アートに準拠。 2節定額税法の1aでは、賃貸、転貸、借地権、転貸、または同様の性質の他の契約から収入を得る自然人は、これらの契約が事業活動の一部として締結されていない場合、一時金を支払うことができます。記録された収益の合計。

アートに準拠。 12秒1ポイント3点灯。以上。法の、記録された収入の一時金は芸術で言及された収入の8.5%に達します。 6秒1 a、つまり、とりわけ、賃貸および賃貸からの収入。

例1。

Jan Kowalskiは、定額の8.5%の所得税でリースに課税します。 2018年10月、彼は民法の規定に従って現在の賃貸料を終了しました。借手は現在の賃貸料の解約を受け入れず、解約前に適用される利率で支払いを行った。現在の賃料の解約を有効と認めることを拒否し、解約前の金額を支払うことにより、借手側に家賃の滞納が生じた。家賃の滞納により、JanKowalskiは2018年12月31日をもって予告なしに賃貸借契約を終了することができました。彼は賃貸物件に回収のために行きましたが、その敷地への入場は許可されなかったため、物件は彼に引き渡されませんでした。共同所有者を代表する弁護士は、不動産の再解放を求め、不動産が解放されるまで、テナントは、4回の非契約使用の料金(補償)を請求されることを通知しました最後に適用される家賃。投入報酬は、以前と同様に、8.5%の税率で課税されるべきですか?

賃貸借契約が終了すると、ヤン・コワルスキーと借主との法的関係(黙示的であっても)が終了したため、残念ながら、受け取った報酬が賃貸借料であるとは言えません。また、定額税で課税できるのは賃貸収入のみです。したがって、Jan Kowalskiは、受け取った報酬(不動産の非契約使用に対する報酬)を他のソースの中に含め、一般的な規則、つまり税の規模(PIT法の第27条)に従って課税することができます。

2019年7月30日の個人税の決定でKISのディレクターが述べたように、0114-KDIP3-1.4011.330.2019.2.MG: 「1回限りの給付の受領は、アートで指定された源泉からの収入を構成するものではありません。 10秒個人所得税法の1ポイント6(つまり、賃貸、サブレット、リース、サブリース、およびその他の同様の契約)。これは、その支払いの根拠がこの条項に記載されている契約ではなかったためです。したがって、アートで言及されている収入ではありません。 1ポイント2に関連して冗談で。 6秒自然人が稼いだ特定の収入に対する定額所得税に関する法律の1a。したがって、申請者は、記録された所得に対する一時金の形で問題の金額に課税する権利がありません。