VAT控除の期限の延長-VAT法の改正

サービス税

起業家は、事業を営む過程で、月または四半期の変わり目に費用の請求書を見つけることがよくあります。ただし、これはそのような文書からVATを差し引く権利を排除するものではありません。ただし、VAT控除に適用される制限時間を考慮に入れる必要があります。 2021年にいわゆるVAT控除の期限が延長されたことを確認してみましょう。スリムなVATパッケージ。

誰がVAT控除を受ける資格がありますか?

アートに準拠。 86秒VAT法の1では、アクティブなVAT納税者である起業家は、入力VAT(購入時)の量だけ出力VAT(販売時)を減らす権利があります。条件は、発生したコストが課税対象の活動に関連していることです。

例1。

ピョートル氏はアクティブなVAT納税者であり、XYZ社を経営していると同時に、定額で課税される私的家賃の下でアパートを借りています。ピョートル氏は、賃貸アパートをリフレッシュするために、塗料の購入の請求書からVATを差し引くことができますか?

いいえ、Piotr氏はアクティブなVAT納税者であり、提出されたJPK_V7ファイルにプライベートレンタルの発行済み請求書が含まれていますが、リースは「zw」レートで課税されます。これは、購入した塗料が免税活動に関連していることを意味します。さらに、それが個人賃貸であるという事実(実施された活動の外で一括で課税される)のために、ピョートル氏は塗料の購入の請求書を税金費用に含める権利を持っていません。

2021年からのVAT控除期限の延長

原則として、商品またはサービスの購入者である起業家は、次の2つの条件が満たされている場合に限り、VATを控除する権利があります。

  • 販売者側で消費税の義務が発生しました。
  • 購入者は購入請求書または通関書類を受け取りました。

例外は、VATが現金ベースで決済される場合です。売り手または買い手がVAT現金法を使用するかどうかに関係なく、VATを控除する権利は、請求書が支払われる期間の最も早い時期に発生します。

例2。

Łukasz氏はアクティブなVAT納税者(毎月決済)であり、VAT現金法を使用していません。 1月20日、彼は商品を購入し、同じ日に100%前払いしました。配達は2月1日に行われ、請求書は2月3日に発行されました。 Łukasz氏は3月1日にのみそれを受け取りました。彼/彼女はいつVATの控除を受ける資格がありますか?

Łukasz氏が1月20日に請求額の100%を支払ったという事実により、その日に売り手側のVAT税義務が発生しました。 Łukasz氏は2月1日の配達で請求書を受け取らなかったため、その日にVATを差し引くことができませんでした。この権利は、請求書の受領日、つまり3月1日にのみŁukasz氏に​​付与されます。

例3。

エミリアさんは現金法を使用してVATを会計処理します。 1月31日、彼女は商品を購入し、同じ日に請求書を受け取りました。支払期間は7日に設定されました。エミリア夫人は翌日直接商品を受け取りましたが、彼女は2月7日にのみ請求書を支払いました。彼はいつVATを控除できますか?

現金によるVATの決済に関連して、エミリア女史は、実際の支払い日(購入請求書がある場合)、つまり2月7日にのみVATを控除する権利を有します。

例4。

ローマン氏は、「現金法」という注釈が付いた商品の購入の請求書を受け取りました。請求書は1月31日に発行され、その日にローマン氏はその金額の50%を支払いました。購入した商品は2月1日に配達され、配達日にローマン氏が残りの請求書を支払いました。彼はいつVATを控除できますか?

請求書に「現金による方法」と記載されている場合は、売り手がVATを現金で決済していることを意味します。ローマン氏は1月31日に請求書を受け取り、その日にその金額の50%を支払いましたが、1月31日に100%のVATを控除する権利はありません。売り手側では、1月の最終日に、Roman氏が支払った金額までしか納税義務が発生しなかったため、請求書から50%のVATを差し引くことができます。残りの50%のVATは、請求書の残りの金額を支払った後、2月1日にRoman氏が差し引くことができます。

アートに注目する価値があります。 86秒VAT法第11条によると、起業家がそのような権利の取得時にVATを控除しない場合、毎月のVAT決済の場合、3つの連続する決済期間のいずれかで控除することができます。ただし、VAT控除の期限の延長は、四半期ごとのVAT決済を使用するVAT納税者には適用されません。彼らの場合、VATを控除する権利は、請求書の受領の四半期、または2つの後続の会計期間の1つ、つまり2つの後続の四半期の1つに支払われる必要があります。 2020年末まで、納税者は、この控除の権利を取得した期間に続く2番目の決済期間までにVATを控除することができました。 2021年1月1日から、スリムVATパッケージはVAT控除の期限を3つの決済期間に延長しましたが、この変更は毎月のVAT決済にのみ適用されます。 納税者がこの権利を取得した月以降にVATを控除する権利を行使する場合、納税者はこの事実について税務署に通知する必要はありません。 JPK_V7ファイルに請求書を含めるだけで十分です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例5。

アレクサンダー氏はXYZ社を経営しており、毎月VATを決済しています。 1月、彼は商品を購入し、請求書を受け取りました。見落としにより、彼は1月にそれを投稿していませんでした。アレクサンダー氏には後日VATを控除する権利がありますか? 1月のJPK_V7ファイルの修正や事務所への追加説明の提出と関係がありますか?

1月に請求書を受け取ったとき、アレクサンダー氏は1月、2月、3月、または4月にVATを差し引く権利があります。 VAT控除の期限が4月に延長されたのは、2021年のVAT法の改正の結果です。したがって、VAT税は、2月の最も近いJPK_V7ファイルで差し引くことができます。アレクサンダー氏はまた、VAT控除を次の決済期間に延期する権利を行使したことを事務所に追加で通知する必要はありません。

例6。

ハリナさんは四半期ごとにVATを決済し、2021年1月に請求書を受け取りました。彼女が自分の記録を記録に入れていなかったことに気付いたのは2021年9月のことでした。それでもVATを差し引くことはできますか?

はい、ハリナ女史は、請求書の受領期間、つまり第1四半期、またはその後の3つの決済期間、つまり2021年の第2四半期または第3四半期にVATを控除する権利を有します。したがって、9月のJPK_V7ファイルに請求書を含めてVATを差し引く権利があります。 VAT控除の期限の延長は、毎月のVAT決済にのみ適用されます。変更の結果、起業家はVATを差し引くのに4か月もかかります。四半期ごとにVATを決済する場合、VATを控除する権利は変更されません。つまり、4分の3です。

2021年以前のVAT控除と請求書の期限の延長

立法者は、スリムVATパッケージの暫定規定を導入しませんでした。これは、2021年1月1日から新しい規制が施行されたことを意味します。その結果、2021年3月に前年の請求書を見つけた納税者はVATを控除する権利があります。それは芸術の言葉遣いから生じます。 86秒2021年に施行されたVAT法の11。

例7。

Jan氏は、ABC会社を経営しており、毎月VATを決済しています。 2020年12月、彼は会社のニーズに合わせた購入に対するVAT請求書を受け取りましたが、2021年3月まで見つかりませんでした。 Jan氏はVAT控除を受ける資格がありますか?

はい、2021年にVATの控除期限が3か月から4か月に延長されたため、2021年3月に氏。 スリムVATパッケージの規定の適用に関する財務省の説明はまだ草案段階であるため、規定の新しい文言が2020年に受領した請求書に適用されるかどうかについて疑問がある場合は、個別の税務解釈の申請書を提出する価値があります。 要約すると、いわゆるVAT控除の期限の延長は、いわゆる発効の結果として導入されました。スリムVATパッケージは、起業家の要求に対する立法者の対応であり、COVID-19パンデミックの悪影響を打ち消す必要性にも関連しています。同時に、この期限の延長は、VAT控除の期限を逃した結果として起業家によって提出された修正を排除することを目的としています。

wFirma.plシステムでVAT控除の期限の延長を適用するにはどうすればよいですか?

受領月以外の日付にwFirma.plシステムに請求書を転記するには、[支出]»[会計]»[付加価値税の請求書]タブに移動し、次のフィールドに入力します。

  • 請求書発行日-請求書が発行された実際の日付(請求書発行日)。
  • KPIRの会計日-コストがKPiRに含まれる日付。
  • VAT会計日-納税者がVATを控除する権利を行使したい日付。

この方法で転記された請求書は、購入のVATレジスタに入力されるため、VATへの転記日に応じた期間のJPK_V7ファイルに入力されます。