車のWNTと物品税の納税義務-それはどのように見えますか?

サービス税

乗用車のコミュニティ内取得(以下、WNT)には、VATだけでなく物品税も支払う義務があります。物品税法は、特に、自動車のWNTに対する納税義務が発生する瞬間を規制しています。納税義務が発生した瞬間の認識の正確さは、次に、申告書の提出と納税の期限の開始に影響を与えます。
この問題の重要な問題は、それが乗用車なのかトラックなのかを判断することでもあります。乗用車のみが物品税の対象となるため、車両の正しい分類が非常に重要であることを強調しておく必要があります。
最初に、どの車両が実際に物品税の対象となるかを検討し、次にこの記事のメインスレッド、つまり自動車の税内責任と物品税に焦点を当てます。

承認「トラック」は納税者を誤解させる可能性があります

最初に、物品税の対象となる乗用車と課税対象のないトラックを区別する方法に関するいくつかのガイドラインを引用する価値があります。

いわゆるを購入することによってバス、非常に多くの場合、そのような車両の登録文書には、それがトラックであるという注釈が含まれています。そのような情報だけに頼ると、納税者は物品税を支払う必要がないと誤って信じる可能性があります。ただし、これらの承認は通常、複合命名法(CN)に基づく分類とは関係ありません。アートに準拠。 3物品税を徴収し、物品税に物品税の印を付けることを目的とした物品税に関する法律。1987年7月23日の理事会規則(EEC)No 2658/87に従って、複合命名法(CN)による分類が適用されます。関税と統計的命名法および一般関税率。物品税法はアートにも含まれています。 100秒それに応じた4つの乗用車の定義
「乗用車とは、CNコード8703に該当する自動車およびその他の自動車であり、自動車およびその他の車両を除く、乗用車および物品車両(ステーションワゴン)およびレーシングカーを含む、第8702項に該当するものを除く主に乗客の輸送を目的としています。道路交通規制に準拠した登録は不要です」。

したがって、特定の車両が主に乗客の輸送を目的とした車両(CN 8703)として分類される場合、その登録証明書に「大型トラック」という注釈が含まれていても、物品税の対象となります。 税務当局は、登録証明書に含まれる車種の決定に拘束されません。 上記の立場は、特に2017年9月14日のワルシャワの地方行政裁判所の判決によって確認されています。 V SA / Wa 1147/17この判決には、車両に変更が加えられた場合にも、課税対象を決定するのに役立つ可能性のある多くの実用的なヒントも含まれています。

車のWNTと物品税の納税義務-それは何に依存していますか?

乗用車のコミュニティ内取得の履行に関連して納税義務が発生する瞬間は、3つの異なる時期に発生する可能性があります(物品税法第101条(2))。

  1. 加盟国の領土から国の領土への乗用車の移動の日に-車が所有者としての乗用車を処分する権利の取得が、自動車がの領土に移動される前に行われた場合国;

  2. 乗用車を所有者として処分する権利を取得した日-乗用車が国内の領域内に移動した後に所有者として乗用車を処分する権利の取得が行われた場合。

  3. 道路交通規則に従って国の領土で乗用車の登録申請を提出する日に-市中取得乗用車の国の領土で登録を申請する事業体がオーナー。

また、物品税に基づく納税義務は、その国の領土に以前に登録されていない自動車の場合にのみ発生することもここで強調する必要があります。 から生じる納税義務の瞬間から乗用車のWNT、納税者は14日以内に適切な申告書を提出する必要があり、このアカウントに支払うべき税金は30日以内に支払う必要があります。申告書の提出と納税の義務は、登録日以降に発生することはありません。 上記の規定は非常に理解しやすいように見えますが、海外でレンタルされ、ポーランドの領土で使用された車の問題は、多くの論争を引き起こしました。税務当局は、「レンタカー」の概念を「乗用車を所有者として処分する」という用語で最小公分母にまで縮小することがよくありました。裁判所の法学は納税者の側に立っていました。このトピックの詳細については、以下をご覧ください。

海外でレンタカーを借りて、結果なしに国に移動する

レンタカーを登録せずにEU諸国からポーランドに移転することは、とりわけ税務上の義務を生じさせる出来事として認識されています。国税情報局長が発行した2018年10月2日の個別判決において、参照番号。 0111-KDIB3-3.4013.195.2018.1.JS。

納税者にとって不利な解釈は、2018年11月27日の判決で、ヴロツワフの地方行政裁判所によって特に疑問視されました。 I SA / Wr 820/18および2019年9月5日の判決、ファイル参照。 I SA / Wr 305/19審判委員会は次のことを発見しました。
'問題の車はドイツ領土でレンタルされ、申請書に指定された活動に従ってレンタカー会社に返却されることに注意してください。これらは、ポーランドではなくドイツで登録され、使用される車両になります。申請書はまた、申請者がポーランドでレンタカーを登録するつもりがないことを示しています。したがって、申請者は、当該車のコミュニティ内取得に関する物品税の対象とはならず、その結果、物品税を決済して支払う義務はありません。」 上記の判例法に照らして、海外で借りた車の移転は、物品税法に基づく納税義務にはなりません。ただし、納税者は、個別の解釈を申請し、特定の場合における申請者の立場を正しいものとして認識することにより、完全な保証を得ることができることを覚えておく必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

物品税なしで30日以内に輸出またはWDT

立法者は、アートで規制されている特定の非難を許可しました。 101秒物品税法の2a。この法規範に従い、乗用車がコミュニティ内に配達された場合、または30日以内に輸出された場合、コミュニティ内の車両課税に関する納税義務は発生せず、納税者は商品の輸出を確認する証拠を持っています。これらの文書には、特に、出荷および通関文書、請求書および配達仕様書、ならびにコミュニティ内の配達または輸出に関連するその他の商業文書が含まれる場合があります(物品税法第107条(3))。

重要なことに、議論された法律は、物品税が国の領域内で支払われ、納税者が特定の乗用車の輸出またはコミュニティ内の供給を行った場合の物品税の払い戻しも規定しています。物品税は、コミュニティ内での乗用車の配達または輸出の日から1年以内に税務署の所長に提出された要求に応じて払い戻されます(第107条(1))。物品税の還付の管轄当局は、申告書が提出された、または物品税の額を決定する決定を下した税務署の長です(第107条(5))。