税金の滞納がないことの証明書の申請-議論のあるテンプレート

ダウンロード

たとえば、ローン、リース、分割払いの購入を申請する起業家は、銀行の滞納がないことを証明する証明書を作成する必要があります。そのような証明書を受け取るために、納税者は適切な税務署にその発行の申請書を提出しなければなりません。アプリケーションの発行に関する規制は、アートで規制されています。税法の306e。それがどのように見えるべきか、そして税金の滞納のない証明書の申請書に何が含まれるべきかを確認してください!

滞納税のない証明書の申請-何を含めるべきで、どの税務署に提出する必要がありますか?

滞納のない証明書の申請には、とりわけ次のものを含める必要があります。

  1. 申請者のデータと住所、
  2. 弁護士の詳細(特定のケースで弁護士が任命されている場合)、
  3. 証明書の発行の目的と場所、
  4. 申請者の連絡先住所、
  5. 証明書のコピー数、
  6. 証明書を発行するための印紙税の支払いの確認、弁護士の権限、弁護士の権限のための印紙税の提出の確認などの追加の添付ファイル。

納税者が税の滞納証明書の申請書を提出する必要があるオフィスの問題については、証明書がどの税に適用されるかによって異なります。たとえば、申請書が次の情報に関係するかどうかなどです。

  • VAT、PIT、CIT、PCC、または物品税の場合、居住地(自然人)または事業所(例:Z O.O.)により、申請書を管轄の税務署に提出する必要があります。
  • 環境およびリサイクル料金については、申請書を元帥事務所に提出する必要があります。
  • 固定資産税の場合、申請書は、不動産の住所を管轄する市またはコミューン事務所に提出する必要があります。

滞納なしの証明書の申請書は、事務所のウェブサイトからダウンロードするか、事務所で直接入手することもできます。

ダウンロードする:

pdf
non-arrears.pdfの証明書の申請説明:手動記入フォーム doc
non-arrears.docの証明書のリクエスト説明:編集、印刷、保存

必要書類

  1. 税金の滞納がない、または滞納の状態を記載した証明書の申請、
  2. 申請者以外の者の成年後見制度。
  3. 証明書を発行するため、そして場合によっては成年後見制度のための印紙税の支払いの確認。

税務署は、収集した書類や他の税務当局から受け取った情報に基づいて証明書を発行します。

印紙税-税金の滞納がないことの証明書

  1. PLN 21.00の印紙税-滞納のない証明書を発行するため、
  2. PLN 17.00の印紙税-延滞のない証明書を手数料付きで発行するため(環境の使用など)、
  3. PLN 17.00の印紙税-特別な弁護士の権限(弁護士の権限が配偶者、親、祖父、子供、孫、または兄弟に付与されている場合、印紙税の免除が利用可能です)。

申請書の決済期限

納税者は、電子的に、直接、または郵送で、いつでも滞納のない証明書の申請書を提出することができます。正しい申請書を提出した後、オフィスは証明書を準備するために7日間の猶予があります。