税務手続き中のケースファイルへのアクセス-知っておく価値があります

サービス税

この問題に関する審議の出発点:税務手続き中の訴訟ファイルの検査はアートです。税法第123条。前述の規定に含まれる指示は、当事者が手続きのすべての段階に積極的に参加することを保証することを税務当局に義務付けており、決定を出す前に、当局は、収集された証拠と資料、およびなされた要求。

税務手続の主要な原則の1つとしての上記の法規範の実際的な実施は、とりわけ、ケースファイルに収集された文書を当事者に提供することによって。 ケースファイルの分析は、税務当局との法廷紛争の可能性において重要であることが判明する可能性のある多くの重要な情報を提供することがよくあります。手紙の違法な配達や収集された証拠の範囲内の不規則性などの手続き上の誤りは、税務当局が実施する手続きや税務調査の影響を排除するための真のツールになります。 記事の後半で、この問題に関連するいくつかの重要な問題について説明します。

当局は、法律に従って事件ファイルを利用可能にする義務があります

ケースファイルを共有するルールはArtに基づいています。税法の178。これらの規定により、ウェブサイトは次のことが可能になります。

  1. ケースファイルの検査、メモの作成、コピー、および自分のポータブルデバイス(カメラ、携帯電話など)を使用したコピーの作成。この権利は、手続終了後も適用されます。上記の活動は、税務当局の従業員の立会いのもと、税務当局の敷地内で行うことができます。
  2. ケースファイルのコピーまたはケースファイルの認証済みコピー、またはケースファイルのコピーの認証を要求する。

税法の規定により、当事者は、特に事件ファイルに含まれるデータを取得および表示できる任命された弁護士を通じて手続き上の措置を講じることができます。 最後に、税務当局は、アートで言及されている方法で当事者を特定した後、当事者に上記の活動を提供する、つまり、ケースファイルをICTシステムで利用できるようにすることができることに言及する必要があります。 20a段落公的任務を遂行する実体の活動の電子化に関する法律の1または2。

当局は、ファイルがそのような形式である場合にのみ、ファイルを電子版で利用できるようにします。ウェブサイトは特定の文書のスキャンのみを要求する場合があります。

税法の規定では、税務当局がデジタル化すること、つまり、ケースファイルを電子版にすることを要求していません。したがって、当事者が電子版でファイル全体へのアクセスを提供する権限を要求した場合、その権限は、アートの内容を指摘して、納税者の​​意志を満たさない可能性があります。 178Op。この問題は訴訟の対象でした。 2019年3月28日の判決におけるワルシャウの地方行政裁判所、ファイル参照。 VIII SAB / Wa 2/19、特に

「この規定は、当局が保有する文書をデジタル化する義務を課すものではありません。したがって、当局が独自のITシステムの欠如のために要求に応えることができず、申請者の要求に応じて関連する書簡で申請者に通知した状況では、それはその運用が正しかったことを意味します。

個々の文書のスキャンを電子的に送信するためのアプリケーションは少し異なります。そのような場合、当局は、そのような形式で事件ファイルからの文書を開示することを拒否すべきではありません。アートに従って発行された文書のコピー。 IPの270bは、スキャンされた紙のドキュメントの1ページに対してPLN0.40の料金を提供します。 税務当局がスキャンされた文書の形で事件ファイルから文書を提供することを拒否した場合、当事者はリマインダーを提出し、その後、訴訟の非活動または過度の長さについて苦情を申し立てることができます。 当局が電子形式で(ePUAPプラットフォームなどを介して)提供することを拒否してはならないという論文は、2019年4月26日のワルシャワの州行政裁判所の判決で確認されています。 。 VIII SAB / Wa9 / 19。

税務手続き中の訴訟ファイルの検査-情報の機密性と重要な公益のために、当局は特定の文書を開示しない場合があります

税法の次の編集単位(第179条)には、履行された場合、当局が事件ファイルに含まれる特定の文書の開示を拒否するか、少なくとも特定の情報を完全に削除するという前提が含まれています。

当事者は、機密情報を含む文書、および公益上の理由で税務当局がケースファイルから除外する他の文書にアクセスすることはできません。

機密情報とは、無許可の開示がポーランド共和国に損害を与えるか、損害を与える可能性がある、またはその利益の観点から不利になる情報です(機密情報の保護に関する法律)。一方、開示が公益を侵害する可能性のある情報には、特に、事実に関する調査結果に影響を及ぼさない他の事業体の識別および財務データが含まれ、その開示は、第三者。事件ファイルに含まれる特定の情報の開示の拒否に関連する問題は、特に当局が共同手続きを行う場合、つまり複数の当事者の参加により発生します。このような状況では、当局は、他の納税者/訴訟の当事者に関するデータを開示しないように、訴訟の当事者または代表者に提供する可能性のある情報を評価します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

当局は、決定による文書の開示を拒否します

アートに準拠。 Op。の179§2および3は、情報の機密性または重要な公益のために事件ファイルからの文書の開示を拒否した場合、当局は、苦情の形で上訴の対象となる決定を発行するものとします。

納税者は、上記の理由、特に公益に関連して、税務署が文書の開示を拒否することが多いため、税務署と紛争に巻き込まれます。 「公益」という用語は、法律行為において明確化および規制されていないため、あいまいな用語です。ただし、税務当局は、ケースファイルに含まれる特定の文書またはその断片の開示を恣意的かつ不当に拒否することはできません。当局が当事者に苦情を申し立てる権利がある決定を下す場合、公益を保護する必要があるため、訴訟のファイルに事実上および法的正当性を含める必要があります(Op。の第217条第2項)。

これは、とりわけによって強調されました2017年10月24日の判決におけるグリヴィツェの州行政裁判所、ファイル参照。 I SA / Gl 655/17、特に次のことに注意してください

「彼らの決定において、税務当局は問題の文書の開示の拒否に関連する公益の状態を評価せず、事件における特定の公益とその存在を示さなかったという苦情の主張に同意する必要があります。調査中、その利益がどのように害されるかについて説得力のある理由を提供しなかったし、そうでなければそれを保護することも不可能であり、アクセス制限の持続性を定義することもなかった。