輸送手段のコミュニティ内取得

サービス税

輸送手段のコミュニティ内取得。国内または海外で車を購入する選択肢があるため、起業家は2番目の選択肢を決定することがよくあります。特に、欧州連合諸国からの車の購入に出会うことがよくあります-主にドイツから。この買収は、商品のコミュニティ内買収と呼ばれます。それらが何であるか、コミュニティ内の買収取引がどのように正確に進行するか、そしてどのような納税義務がそれらに関連しているかを知ることは価値があります。

コミュニティ内の商品の取得-定義

コミュニティ内の商品取得(WNT)の定義は、Artで説明されています。 9秒VAT法の1。この規定によれば、コミュニティ内の取得は、商品の所有者として、配達の結果として加盟国の領域内に発送または輸送される、その他の処分する権利の取得として理解されます。商品を配達する人、商品の購入者、またはその代理人による発送または輸送の開始の加盟国の領域よりも。この規定は、商品が別の加盟国の領土からポーランド(または別のEU諸国)の領土に移動された場合にのみ、コミュニティ内の取得が行われることを意味します。

コミュニティ内買収のサプライヤーとバイヤー

同法に従い、コミュニティ内の買収は次の場合に行われます。

-商品の購入者は次のとおりです。

  • アートで言及されている納税者。 15(法人、法人格のない組織単位、および独立した経済活動を行う自然人)、または付加価値税の納税者、および購入した商品は課税対象の活動に使用されます。
  • 課税対象外の法人。

-商品を配達する人は課税対象者です。

これらの規定は、供給者はVAT納税者でなければならず、受領者はアクティブなVAT納税者である場合とそうでない場合があることを意味します。さらに、EUVAT-EU納税者として税務署に登録することを忘れないでください。

コミュニティ内での商品の取得からの除外

この法律はまた、商品の取得がコミュニティ内取得とは言えない場合をリストしています。アートで。 10秒VAT法の1には、コミュニティ内で取得できない商品のカタログが記載されています。以下によって購入された商品を除外する、段落のポイント2に焦点を当てる価値があります。

  • 農業活動のための定額農民、
  • 課税対象以外の活動のみを行い、商品やサービスの購入にかかる仮払消費税額だけ減税する権利がない納税者、
  • 納税者は芸術に従って税金を免除されます。 113段落。 1および9(収益が150,000 PLNを超えない)、
  • 納税者ではない法人、

-国内の領土内でのコミュニティ内の商品取得の合計額が、課税年度中に50,000PLNを超えなかった場合。

新車・中古車の購入

アートに記載されている除外事項を覚えておく必要があります。 10秒VAT法の1は、新しい輸送手段または物品税の取得には適用されません。そのため、海外から新車を購入する場合は、購入価格に関係なく、常にコミュニティ内での商品の取得と見なす必要があります。別のEU加盟国からの新しい輸送手段の取得は、常に目的地の国、つまり自動車が使用される国で課税されます。ここでは、売り手と買い手のステータスは関係ありません。取引のいずれの当事者もVAT納税者ではない場合でも(たとえば、2人の自然人がいる場合)、取引は引き続きコミュニティ内での輸送手段の取得になります。したがって、ポーランドでは商品やサービスに対する税金を清算する必要があります。

納税者は、以前に使用された輸送手段でさえ、以下の状況では新しいと見なされる可能性があるという事実に注意する必要があります。

  • 走行距離が6,000km以内で、使用開始から6か月以内の場合は
  • 走行距離が6,000km以内で、使用開始から6か月以上経過している場合は、
  • 6,000 kmを超えて移動したが、使用開始から6か月以内の場合。

中古車購入時の上記の例外には例外があります。これは、起業家がVATを免除され、たとえば40,000 PLN相当の自動車を購入した場合、そのような購入はコミュニティ内税法に含まれないことを意味します。

課税ベース

アートに準拠。 VAT法の31では、商品のコミュニティ内取得の課税対象額は、購入者が支払う義務のある金額であり、さらに次のように増加します。

  • 税金を除き、商品の取得に関連する同様の性質の税金、関税、手数料、およびその他の料金、
  • 手数料、輸送費、保険などの追加費用。これらは、コミュニティ内での買収を行う事業体からサプライヤーが徴収します。

VATの計算

商品およびサービスに対する課税法によると、商品のコミュニティ内取得にはVATが課せられます。アートに準拠。 5秒商品とサービスに対する税金に関する法律の1つであり、税金は特に以下を対象としています。

  • 国の領域内での検討のための商品の配達および検討のためのサービスの提供。
  • 商品の輸出;
  • 商品の輸入;
  • 国の領域内で検討するための商品のコミュニティ内取得。
  • 商品のコミュニティ内供給。

コミュニティ内での商品の取得は、商品の発送または輸送が完了した時点で、商品が所在する加盟国の領域で行われたと見なされます。これは、受取人の国で適用される税率が決済に使用されることを意味します。つまり、ポーランドの起業家が車を購入した場合、23%になります。コミュニティ内での商品の取得の決済は、VAT納税者が発行する内部請求書に基づいて行われます。この請求書は、このタイプの取引中に発行できます(必須ではありません)。

納税および請求

アートに準拠。 VAT法第86条では、購入した商品やサービスが課税対象の活動を行うために使用される範囲で、納税者は仮払消費税額だけ納税額を減額する権利を有します。コミュニティ内取得に対する税金は、仮払消費税と仮払消費税の両方です。アートに準拠。 86ポイント2秒4、この場合の仮払消費税額は仮払消費税額です。

実際には、これは、そもそも、コミュニティ内での買収を行う事業体は、自動車の購入に対して税金を支払う必要があることを意味します。この支払いは、納税義務が発生した日から14日以内、つまり輸送手段を物理的に受け取った瞬間から、外国のVAT納税者が請求書を発行した瞬間までに行う必要があります。納税者は、購入した輸送手段に関する情報を記載したVAT-23申告書を税務署に送付する義務があります。車の購入を確認する請求書のコピーを申告書に添付する必要があります。 VAT-23フォームは税申告ではなく、輸送手段のコミュニティ内取得に関するVATの決済には使用されないことに注意してください。

VAT-23フォームを提出する義務は、次の場合に発生します。

  • 私たちは、コミュニティ内での輸送手段(新規または異なる)の取得を扱っています。
  • 輸送手段は、その国の領土で購入者が登録するか、そのような義務の対象ではない場合は、その国の領土で使用されます。

さらに、アクティブなVAT納税者および非課税事業体ですが、EU諸国からの購入額または独自の選択により、コミュニティ内での商品の取得に対するVATの決済により、税金に支払われる自動車購入に対する税額を認識します。納税者としてのオフィス。この税金は、コミュニティ内の商品取得のための特別な場所で、毎月のVAT-7(または四半期ごとのVAT-7K)申告書に示されています。

納税者が毎月または四半期ごとの税申告書を提出する義務を負わないが、新しい輸送手段のコミュニティ内取得を行う事業体である場合、その事業体はVAT-10申告書を完成させて提出する必要があります(発生する納税義務)。

アクティブなVAT納税者は、以前に税務署に支払われたVATを控除する権利もあります。コミュニティ内の買収に対する税金は、仮払消費税の価値を減らします。したがって、税金は「0」に等しいと結論付けることができます。ただし、乗用車の場合は、税額控除の可能性を制限することを忘れないでください。控除は、合計税額の60%の金額でのみ行うことができ、6,000PLN以下です。したがって、自動車のコミュニティ内買収の場合、仮払消費税を支払う必要があります。納税義務は、コミュニティ内での買収が行われた月の翌月の15日に発生し、納税者は14日以内に納税する必要があります。

無税

規制は、コミュニティ内での商品の取得がVATを免除される状況を規定しています。買収の対象が次の場合、買収は非課税です。

  • 人間の臓器と母乳、
  • 血液、完全な組成の血漿、血球またはヒト由来の血液製剤、薬物ではない、
  • 法定通貨として使用される通貨、紙幣、およびコイン。ただし、金、銀、またはその他の金属製のコインであるコレクターのアイテム、および通常は法定通貨として使用されない、または貨幣価値のある紙幣は除きます。
  • ポーランド国立銀行の金。

また、物品の輸入に関する規定に定められた条件での輸入が免税となる物品も免税となります。このリリースは、国の領土以外の加盟国の領土で、輸入関税を完全に免除された通関倉庫、輸送、一時入国手続き、一時停止システムの下での内向き処理の下に置かれた商品にも適用されます。国の領土でこれらの手続きの対象となることをやめます。

車のコミュニティ内取得は、VATを法的に免除されていません。したがって、そのような買収を行う事業体は、上記で説明した、コミュニティ内での商品の買収に適用される一般規定を考慮に入れる必要があります。