WDT-どの文書があなたにゼロVAT率の資格を与えますか?

サービス税

物品のコミュニティ内供給(物品のコミュニティ内供給)の場合、納税者は0%の優遇VAT率の恩恵を受ける可能性があります。これを可能にするには、特定の条件を満たす必要があります。

  • 供給者と受領者は、自国の2文字のコードが前に付いた納税者番号を持っている必要があります。これは、コミュニティ内取引に登録された納税者であることを意味します。
  • 商品はポーランドから別のEU諸国に輸出する必要があります(適切に文書化されています)。

WDT-最も重要なドキュメント

重要な側面は、取引の適切な文書化、つまり商品の輸出と受取人への配達です。アート42秒物品およびサービスに対する税法の第3条には、貨物輸送業者に出荷が委託されている状況で、物品のコミュニティ内供給の下での物品の買い手への配達を確認するために必要な文書のリストが含まれています。これらには以下が含まれます:

  • 国際委託ノート-CMR。フォワーダーから受け取ったこの文書は、商品がポーランド以外の欧州連合の国の目的地に輸送されたことを確認します。
  • 貨物の個々のアイテムの仕様。

販売者または購入者自身が独自の輸送手段を使用してコミュニティ内の商品供給の下で商品を輸出する場合、少なくとも次の内容を含む文書:

  • 貨物の個々のアイテムの仕様、
  • 商品のコミュニティ内供給を行う納税者およびこれらの商品の購入者の名前と名前、または事業の登録事務所または居住地の名前と住所、
  • 登録事務所の住所または購入者の居住地と異なる場合は、商品の輸送先住所。
  • 商品とその数量の決定、
  • ポーランド以外の加盟国の領土におけるバイヤーによる商品の受領の確認、
  • 商品が輸出される輸送手段の種類と登録番号、またはフライト番号-商品が航空輸送によって輸送される場合。

WDT-追加のドキュメント

収集された文書が、商品が実際に輸出され、受取人に配達されたことを明確に証明しない場合があります。この場合、追加のドキュメントが収集される場合があります。アート42秒VAT法の11は、次のようになる可能性があると述べています。

  • 購入者とのビジネス通信(注文を含む)、
  • 保険または運賃に関する文書、
  • 商品の支払いの受領の確認、
  • ポーランド以外の加盟国の領土内の商品の購入者による受け入れの証明。

WDTと電子形式の文書

0%の税率を使用するには、税務署長が発行した2014年1月8日の個別解釈(参照番号ILPP4 / 443-465 / 13-5 / ISN)から得られた電子文書を使用することもできます。ポズナンで。納税者は、電子請求書を送信し、受取人への商品の配達の電子確認を受信するための既存の規則の簡素化に関連する将来のケースについて質問しました。

納税者は、(商取引上の通信および個々の貨物の仕様に加えて)受取人による商品の受領の確認を返信メール(電子請求書)または安全な電子メールアドレスへのPDF拡張子(従来の請求書)を使用したスキャンの形式。

税務署長はこの議論に同意し、次のことを正当化した。 原則として、商品がその国の領土から輸出され、他の加盟国の領土に配達される可能性が高い限り、いかなる形式の文書も許可されます。広く理解されているテクニカルコミュニケーションの時代では、スキャンやファックスなどで電子形式で送信されたドキュメントの推定値を拒否する理由はありません。コミュニティ内の商品供給に0%のレートを適用する場合、特定の文書を紙の形式で用意する必要はなく、電子版を用意するだけで十分です。

コミュニティ内の供給に優先的なゼロVAT率を使用するには、法律で指定されている文書を収集する必要があります。一方、従来の形式で配信されるか、電子形式で配信されるかは問題ではありません。