WDTと購入者がVATに登録されていない-税の決済

サービス税

WDTは一種の商品の内部輸出に相当しますが、地域は欧州連合の領土に限定されています。明らかに、国内およびコミュニティ内の供給の場合の両方で、特徴的な機能は支払いです。コミュニティ内供給を行うための正式な要件の1つは、購入者が適切な識別番号を持っていることです。しかし、買い手は常にそれを持っている義務がありますか?答えは以下の通りです!

VAT課税の対象としてのWDT

アートに準拠。 5秒VAT法の1、以下は課税の対象となります:

  1. 国の領土内での商品の有料配達および有料サービス、
  2. 商品の輸出、
  3. 国の領土への商品の輸入、
  4. 国の領域内での報酬のための商品のコミュニティ内取得、
  5. 商品のコミュニティ内供給。

2017年4月24日の判決でワルシャウの地方行政裁判所によって示されているように、III SA / Wa 345/16:

「コミュニティ内での商品の供給は、アートで規定されているように、商品やサービスに課税される活動の1つです。 5秒法の1ポイント5。法第7条、すなわち、法で指定された条件の下での別の加盟国の領土での商品の配達」。

この定義によれば、特定の活動をコミュニティ内の商品供給として認定するには、その活動に2つの必要な要素が含まれている必要があります。 1つは、その国の領土から別のEU加盟国の領土への商品の輸出であり、2つ目は、配達(実際の行為)の結果として輸出が行われることです。

2019年1月16日の判決で最高行政裁判所によって同様の立場がとられました。IFSK2192/ 18で、納税者は

「彼はコミュニティ内の物資を作り、0%のVAT率を適用することができました」その国の領土から別のEUの国の領土に商品を輸出する必要があり、この輸出は配達の結果として行われなければなりません」、さらに、納税者は、コミュニティ内取引のための適切かつ適切な有効な識別番号を使用して特定の購入者に配達する必要があり、領土内の購入者に配達される商品の輸出と配達を確認する適切な文書を持っている必要があります国の領土以外の加盟国の」」。

サプライヤーが0%のレートを適用するための条件

コミュニティ内の商品の供給は、次の条件を満たした場合、0%の税率で課税されます。

  1. 納税者は、付加価値税に使用される2文字のコードを含む、購入者の加盟国によって割り当てられた、コミュニティ内取引の有効かつ有効な識別番号を持っている購入者に供給を行いました。
  2. 納税者は、特定の課税期間の納税申告書の提出期限前に、コミュニティ内供給の対象である商品が国の領土から輸出され、領土内の購入者に配達されたという証拠を文書に持っています。国の領土以外の加盟国の;
  3. 納税者は、この商品の供給を示す納税申告書を提出すると、EUVAT納税者として登録されます。

納税者は、VIESシステムの公式ウェブサイトまたはVAT情報交換局を通じて、相手方購入者のステータスを確認できます。

購入者によるWDTと税金の決済

アートの文字通りの言葉遣いとして。 42秒VAT法の1では、納税者が0%の税率の恩恵を受けるために、納税時に、請負業者(購入者)は適切で有効な識別番号を持っている必要があります。したがって、そのような数がないということは、納税者が0%の税率を使用できないことを意味します。

ただし、EUとポーランドの税務当局の立場は、これらの正式な要件を緩和しているようです。

最も重要な判決の1つは、欧州連合司法裁判所によって発行されました。これは、2012年9月27日の判決、C-587 / 10で次のように示されています。

「VAT目的の識別番号は納税者の税務ステータスを証明し、コミュニティ内取引の管理を容易にしますが、それでも、重要な条件があれば、いかなる状況でもVATの免除に疑問を投げかけることのできない正式な要件です。コミュニティ内の供給が満たされているため」。

アートに準拠。 138秒付加価値税の共通システムに関する2006年11月28日の理事会の指令2006/112 / ECの1、加盟国は、所与の国の領域外であるが領域内の目的地に発送または輸送される商品の配達を免除するものとします。以下の条件が満たされている場合、商品の売り手または買い手によって、または彼らに代わって、コミュニティの

  1. 商品は、商品の発送または輸送が開始される加盟国以外の加盟国でそのように行動する別の課税対象者また​​は非課税法人に供給されます。
  2. 供給が行われる課税対象者また​​は非課税法人は、商品の発送または輸送が開始された加盟国以外の加盟国でVATの目的で識別され、そのVAT識別番号をサプライヤーに提供します。

その規定の内容を念頭に置いて、VIESシステムへの購入者の登録は、コミュニティ内の供給をVATから免除するための重要な理由を構成するものではありません。この立場は、2017年2月9日のC-21 / 16の判決において、CJEUによっても採用されました。

「第131条および138秒付加価値税の共通システムに関する2006年11月28日の理事会指令2006/112 / ECの1は、特定の加盟国の税務当局が、コミュニティ内の供給を付加価値税から免除することを拒否することを妨げるものとして解釈されるべきです。その供給の時点で、仕向地の加盟国に居住し、その国での取引に有効な付加価値税識別番号を持っているバイヤーは、VIESシステムに登録されておらず、コミュニティ内取得税システムの対象にもなりません。税務詐欺の具体的な兆候はなく、付加価値税の免除に関する実質的な法的条件が満たされていることが確認されています。この場合、アート。 138秒比例原則に照らして解釈されたその指令の1は、売り手が買い手の付加価値税の状況を認識し、買い手が後でコミュニティ内の経済運営者として遡及的に登録されると確信した場合にも、そのような拒否を排除します。 。 ' コミュニティ内取引を目的とした有効なVAT識別番号の購入者による取得も、VIESシステムへの購入者の登録も、コミュニティ内供給をVATから免除するための重要な理由にはなりません。これらは、VAT免税に対する販売者の権利を損なうことのない正式な要件にすぎません。 このことを念頭に置いて、国の規定は、正式な義務の履行に応じて、重要な要件を無視し、特に考慮に入れずに、コミュニティ内の供給に0%の税率を適用する権利を与えない可能性があることを指摘する価値がありますそれらが満たされているかどうかの問題。取引は、その客観的特性を考慮して課税されるべきです。
紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

一方、以下は客観的な機能と見なす必要があります。

  1. 商品を所有者として処分する権利を購入者に譲渡すること。
  2. 売り手は、商品が別の加盟国に発送または輸送されたことを確認します。
  3. 発送または輸送の結果として、配達の加盟国の領域を物理的に離れました。

したがって、アートで表現されている税の中立の原則があります。 VAT指令の138は、納税者が特定の正式な要件を省略した場合でも、重要な条件が満たされたときにVAT免税を付与することを要求しています。

しかし、どちらのアートも。 138秒VAT指令の1、およびCJEUの判例法は、コミュニティ内の存在に関する実質的な法的条件の中で、購入者がVAT識別番号を所有する義務、さらには登録する義務について言及していません。コミュニティ内取引およびVIESシステムへの登録の購入者。

上記の状況を考慮すると、0%の税率の適用は、コミュニティ法の規定の意味の範囲内で実際にコミュニティ内の商品の供給があったかどうかに依存することに注意する必要があります。コミュニティ内取引としての供給の分類は、正式な義務の遵守だけでなく、国間の商品の物理的な移動などの客観的な要因に基づいている必要があります。

しかし、ポーランドの起業家精神技術省の立場は異なっているようです。上記で説明したように省:

「VAT-EU目的の登録は、コミュニティ内供給、サービスのコミュニティ内供給、またはコミュニティ内サービスなどの取引に有効です。 NIP-EU番号のおかげで、商品またはサービスの購入者をアクティブな納税者として識別することができます。これは、特定のVAT率を適用するための基本的な要件です。商品またはサービスの購入者がNIP-EU [VAT-EU]番号を持っていなかった場合、商品またはサービスの販売者として、ポーランドに適用される税率で取引に課税する必要があります。購入者は自国でポーランドのVATを控除できないため、コストが高くなることを意味します。」

この見解によれば、購入者がVAT納税者であるが、VAT-EU番号を持っていない場合でも、ポーランドの領土から別の加盟国の領土への商品の販売は、コミュニティ内の商品の供給を構成します。ただし、サプライヤーは0%の税率を適用することはできず、特定の製品に適切なVAT税率の対象となるのは配達のみです。その場合、サプライヤは請求書に0%(優先)VAT率を示しませんが、たとえば23%を示します。 0%の税率を適用すると、請求書に購入者のVAT-EU番号がない場合でも、ほぼ確実に税務監査が開始されます。