リース契約の早期終了-税務上の影響

サービス税

起業家はますます多くの場合、オペレーティングリースに基づいて融資された機器や車を使用することを決定します。賃貸借契約の締結により、コンピューター機器や自動車等の一時的な費用が免除されるため、大幅な節約が可能です。納税者は、そのような契約を早期に終了したい、または終了しなければならない場合があります。賃貸借契約の早期解約の影響は?

オペレーティングリース契約とは何ですか?

オペレーティングリース契約の発行は、アートによって規制されています。 23b段落。個人所得税法の1、以下に準拠:

固定資産および無形資産の使用に関して契約の基本期間にユーザーが負担するリース契約に定められた料金は、それぞれ、融資当事者の収入であり、第1項で言及されている場合は、パラグラフに従い、を使用して収入を得る2および3の場合:

1)リース契約は、ユーザーがポイント2に記載されている人物でない場合、リース契約の対象が移動可能または無形資産である場合、通常の減価償却期間の少なくとも40%を構成する一定期間締結されました。減価償却の対象となる、またはその主題が減価償却の対象となる資産である場合は、少なくとも5年間締結されている。

2)利用者が事業活動を行わない自然人である賃貸借契約が一定期間締結された場合。

3)ポイント1または2で言及されているリース契約で合意された料金の合計から、商品およびサービスに対する支払額を差し引いたものが、少なくとも固定資産または無形資産の初期価値に対応します。次の固定資産リース契約または以前にそのような契約の対象となった無形資産の融資当事者による結論は、少なくとも次のリース契約日現在の市場価値に対応します。アートの提供。 19は必要な変更を加えて適用するものとする”. オペレーティングリースの場合、リース資産は貸手の固定資産に属し、減価償却します。借手は、貸手からの請求書に基づいて、リース料を税金費用として認識します。 例1。

ラファウ氏は写真店を経営しており、稼働中のカメラを4年間リースすることにしました。機器リースの分割払いをコストに含めて、そこからVATを差し引くことはできますか?

はい、カメラのリースの分割払いは会社の費用である可能性があり、この機器は課税対象の活動に使用されるため、Rafał氏は受け取った請求書に基づいてこれらの分割払いのVATを差し引くことができます。

リース契約の早期終了-PITにおける税務上の影響

実際には、オペレーティングリース契約が締結された期間が満了する前、および特定のリースオブジェクトの最小リース期間の前に、ユーザーがリースオブジェクトを購入する状況がよくあります。原則として、両当事者は賃貸借契約を終了することができますが、それは個別の問題であり、締結された賃貸借契約の条件に依存します。この場合、賃貸借契約が終了するまでに利用者が負担する費用の決済方法に疑問が生じる可能性があります。

原則として、オペレーティングリース契約の早期終了は税務上の影響はありません。さらに、納税者は以前に認識された費用を帳消しにする必要はなく、収入を訂正する義務もありません。

上記の手順は、2014年6月10日のビドゴシュチュの税務署長ITPB1 / 415-352 / 14 / WMの解釈によって確認されており、次のようになっています。

(...)基本期間よりも短い期間でオペレーティングリース契約が終了し、締結時に上記の条件を満たす場合は、当技術分野で指定されたリース契約とみなされます。 23b段落。個人所得税法第1条では、アートで指定された課税控除費用の適格性の原則のため、これは、リース分割払いの返済のためにそれまでに発生した費用によって税控除費用を調整する義務を生じません。 22秒上記の1税控除の対象となる費用はすべて、実施された事業活動に関連する合理的かつ経済的に正当化された費用であり、その目的は収入の創出、収入源の確保または維持であるという法律。”. リース契約の早期終了は、PITベースに悪影響を及ぼしません。納税者は、初期の期間のコストに含まれるリースの分割払いを調整する必要はありません。

リース契約の早期終了-VATの税務上の影響

付加価値税の観点から、リース契約の早期終了からも疑問が生じる可能性があります。この場合、自動車が事業に使用された場合、リース契約の終了(または完了前の契約の終了)は、会計期間のリース料に課される税額から控除された金額の調整を必要としません。アクティビティ。そのような立場は、2020年6月16日の個別解釈0111-KDIB3-1.4012.241.2020.2.ICZにおいて、国税庁長官によって確認されました。リース契約の終了時(または終了前のリース契約の終了時)に、自動車が事業目的で使用された会計期間のリース料に課される税額の控除額を調整する必要はありません。したがって、申請者は、リースの分割払いから以前に差し引かれた仮払消費税を修正する義務はありません。”. リース契約の早期終了もVATの面で悪影響を及ぼしません-納税者はこのアカウントで差し引かれたVATを修正する必要はありません。

賃貸物件の購入および賃貸借契約の早期終了

リース契約の早期終了は、この契約の早期終了に対する料金の支払いに関連する場合があり、これは、リース資産自体の購入よりも起業家にとって有益ではないことが判明する可能性があります。オブジェクトの購入に伴うリース契約の早期終了は、返済される残りの金額、つまりリースの分割払いと償還額で構成される負債を決済する必要があることを意味します。その結果、リースの対象は購入後に起業家の所有物となり、彼はそれを無制限に管理することができます。ほとんどの場合、起業家は会社または自分自身を個人として購入するオプションがあります。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

個人的な目的でリースされたオブジェクトを購入しても、VATの影響はありません。これは、2020年8月28日の0111-KDIB3-1.4012.419.2020の国税情報局長の個別解釈によって確認されています。
(...)申請者が私的目的で乗用車を譲渡する行為は、リースからの購入時に、商品およびサービスに対する課税の対象にはなりません。なお、当該の場合、乗用車を購入(購入)する際には、仮払消費税額だけ減税することはできません。 (...)結果として、リースから購入する際に私的目的で乗用車を譲渡する行為は、VAT法の規定が適用されない私的領域での活動を構成します。したがって、リースから乗用車を購入し、私的目的で使用するため、申請者は商品やサービスに対する税金を清算する義務を負わないものとします。”.

リースから会社への車の購入の請求書の投稿

wFirma.plシステムでは、リース車の購入の請求書は、経費»会計»追加»バット請求書»乗用車の購入-KŚT741を介して転記し、リース購入請求書に従ってデータを完成させる必要があります。

この方法で入力された請求書は、列13に入力されます。KPiRは、毎月の減価償却費の形で、控除の権利に従ってVAT購入台帳(アクティブなVAT支払人の場合)に入力されます。車両が会社で使用される方法。さらに、車両は固定資産台帳に含まれるため、システムは自動的にOTドキュメントを生成します。このドキュメントは、[記録]»[固定資産]タブを使用して印刷する必要があります。このタブでは、固定資産の名前をクリックした後、[ ASSETDOCUMENTSサブタブ。印刷されたOTは、固定資産の初期値を確認する文書のコピーと一緒に会社の文書に保管する必要があります。

購入したリース乗用車を私的目的で会計処理し、ビジネスで使用する

個人用にリースされた車は、ビジネスで使用できます。まず、[記録]»[車両]»[車両の追加]タブから(固定資産台帳ではなく)システムに入力する必要があります。 [タイプ]フィールドで、[乗用車]を選択し、[プライベートと使用するアクティビティ]を選択して、[所有権の形式]で[プライベート]を選択します。

車に関連する費用は、列13の費用値の20%の制限に含まれます。KPiR-その他の費用およびVATを控除する権利に応じたVAT購入登録(アクティブなVAT支払者の場合)。