EUで購入した中古車のVATマージンと売上高

サービス税

中古車を販売する起業家は、「VATマージン」という用語に出くわしたに違いありません。 VATマージンはいつ中古車の販売に適用されますか?欧州連合の領土で購入された車両に関して、そのような好みは可能ですか?記事のVATマージン手続きに関するこれらの質問やその他の質問に答えます-ぜひお読みください!

VATマージンとは何ですか?

マージンは、特定の商品またはサービスに対して販売された金額と、その商品またはサービスが購入された金額との差です。マージンは、商品やサービスに対する税金を計算するための基礎です。その使用は売り手にVATの利益をもたらすかもしれませんが、この権利を得る資格があるのはごくわずかです。

VAT証拠金手続きは、VAT法に記載されている特定の種類の商品およびサービスにのみ適用できます。

•観光サービス、

•中古品の販売、

•コレクターのアイテム、骨董品、芸術作品の販売。

チェック-VAT請求マージン-何を含める必要がありますか?

VAT証拠金手続きはいつ中古品に適用できますか?

VATシステムで中古品の販売マージンに課税できるようにするには、中古品を使用するだけでなく、再販、つまり商業目的で起業家が購入する必要があります。

アートに準拠。 120段落物品およびサービスに対する税法第4条において、中古品は、芸術作品、収集品および骨董品を除き、貴重品を除き、現在の状態または修理後にさらに使用するのに適した可動材料製品として理解されるものとします。金属または貴石。

起業家が転売のために中古品を誰から購入したかも重要です。アートに準拠。 120段落VAT法第10条では、VAT証拠金手続きは、使用済み商品が納税者によって仮払消費税なしで購入された場合、つまり次の場合に適用される場合があります。

  • 起業家は、VAT納税者ではない、または付加価値税の納税者ではない、法人格のない法人または組織単位から商品を購入しました。

  • 納税者は、VATを免除されている事業体から中古品を購入しました。

  • 商品の供給は付加価値税を免除されました。

  • 商品の取得は、特別証拠金手続きの対象となりました。

アートのクローズドカタログに記載されていない中古品のその他の取得に注意してください。 120段落VAT法の10は、商品を販売する際にVAT証拠金手続きを適用する権利がないことを意味します。 VAT証拠金手続きの使用は権利であり、納税者の​​義務ではありません。つまり、起業家は、中古品の特定の供給の場合に、取引をVAT証拠金として決済するか、課税するかを独自に決定します。一般的な用語で。

WNTで購入した中古車の販売

アートのクローズドカタログ。 120段落VAT法第10条では、コミュニティ内での買収は、起業家がVAT証拠金手続きを適用する権利を有する中古品を購入する方法として言及されていません。チェックこれは、中古車がコミュニティ内の商品取得の一環として欧州連合内で購入された場合、納税者は転売に証拠金税を適用する権利がないことを意味します。

例1。

中古車のトレーダーは、商品のコミュニティ内取得として会計処理されたフランスからの車両を輸入しました。これは、車を購入するときに、起業家が取引のVATを請求および控除する必要があることを意味します。納税者は、自動車を転売するときにVATマージン手続きを適用する権利がありますか?

いいえ、起業家はマージンに基づいてそれ以上の販売を説明することはできません。なぜなら、車両を購入するときに、アートのクローズドカタログにリストされているエンティティの1つからVAT控除と中古品を購入する条件が与えられたからです。 。 120段落付加価値税法の10。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

VATマージンと中古車の販売-EUでのマージンベースの車両の購入

マージンに基づいて欧州連合で購入された中古車の販売に特別なVATマージン手続きを適用する必要がある理由はありません。この立場は、2011年2月8日の個別の解釈で確認されました。 IBPP2 / 443-929 / 10 / Rsz、カトヴィツェの税務署長が発行。

申請の主題は、アクティブなVAT納税者およびEUのVAT納税者であるデンマークの請負業者から転売用の商品として購入した中古車を販売するときにVATマージン手続きを適用できるかどうかという質問でした。デンマークの販売者が発行した請求書には、「この請求書の対象となる商品は、中古品に関する特別なVAT規制に基づいて販売されています。購入者はVATを差し引くことはできません。」申請者は、アクティブなVAT納税者であり、登録済みのEUVAT納税者でもあります。カトヴィツェの税務署長は、申請者の立場を確認しました。これは、特別なVATマージン手続きを使用して自動車の販売が可能であることを意味します。

「申請者は、マージンに基づいて、特別なVAT規則に従って中古車を販売するEU請負業者から以前に取得した中古車の供給からなる取引の課税基準に課税する権利があります。したがって、会社が購入した商品(乗用車またはトラック)をVAT請求書で販売する可能性があるという申請者の立場、つまり購入時にVATが差し引かれなかったため、マージンは正しいと見なす必要がありました。 中古車を販売する場合、マージンVAT手続きを使用する納税者は、「VAT請求マージン-中古品」の表示で請求書にマークを付ける必要があります。一方、VAT請求書には、証拠金の金額とVATの金額は表示されず、支払われる合計金額のみが表示されます。したがって、購入者は特定の取引でVATを控除する権利がありません。 要約すると、ポーランドで購入した車両だけがVAT証拠金手続きを使用して決済できるわけではないと言えます。ただし、証拠金に基づく自動車の販売は、起業家が商品を購入する際に規則で指定された条件を満たす場合にのみ可能であることに留意する必要があります。それらの1つは、納税者が再販のために車両を購入するエンティティのステータスです。