初心者起業家ハンドブック-成功する方法は?

サービス事業

今日、あなた自身の会社はあなたの職業と人生のキャリアを追求するますます魅力的な形になりつつあります。ただし、その起源は多くの課題に関連付けられています。構造化された行動計画は、間違いなく成功を収めるのに役立ちます。あなたが始めるのを助ける初心者の起業家のハンドブックを見てください。

自営業を希望する人にとって、自営業はあなたのキャリアパスの完璧なステップです。いくつかの基本的なルールに従うことで、このしばしば曲がりくねった道を通り抜け、専門家としての成功を収めることができます。

初心者の起業家のVademecum、つまり自分の素因の評価

伝統的に、前世紀の70年代まで、「起業家精神」は生まれつきの特性であり、世代から世代へと受け継がれてきた遺伝的才能であるというのが支配的な見方でした。現在、研究は、与えられた素因が適切な訓練と学習の助けを借りて人に発達することができることを確認しています。あなたが今繁栄したい同様の業界で働いたことがない場合は、専門的なビジネストレーニングを利用してください。そこでは、良いビジネスマンの仕事の秘密を学ぶだけでなく、会社を効率的に管理する方法を学ぶことができます。

ビジネスアイデア

既存のビジネスアイデアをコピーすると、多くの競争にさらされます。さらに、すでに市場に出回っている企業は、はるかに多くの経験を持ち、競争と戦う方法を開発しています。何百もの同様の会社から抜け出すことは非常に困難で時間がかかります。また、会社の運営の初期段階でコストが大幅に増加します。したがって、市場を分析し、管理できるニッチ(地域の経済的伝統、資源、気候)を見つけることは、考える価値があります。革新的なソリューションは、はるかに大きな開発機会を提供します。残念ながら、リスクも高くなります。したがって、重要な問題は、市場を調査し、ターゲットグループを特定することです。定義が適切であればあるほど、仕様とニーズを定義しやすくなります。サービスや商品は潜在的な受信者の期待に応えなければならないことを覚えておく必要があります。良いアイデアはすでに戦いの半分です。

事業計画

会社の事業の性質を知って、私たちは事業計画を書き始めることができます。作成の初期段階では、固定費、つまり会社が毎月負担する費用(建物の賃貸、会計、メディアなど)に焦点を当てる必要があります。この時点で、費用を注意深く分析し、必要性の低いものをあきらめることは価値があります。次に、起業家は、特に会社が貿易や生産に従事する場合、運転資金の必要性を判断する必要があります。後の段階で、単価を指定する必要があります-会社の設備、技術的なデバイスの購入。最後に、会社の存在の最初の、通常は困難な月を考慮に入れて、期待収入のステートメントを準備する必要があります。

起業するときは、採用担当者に行く価値があります。中小企業のためのサポートの多くの形態があります。企業の設備購入のための一時的な手当から、数万ズウォティに達するまで、新しい雇用の創出への協調融資を通じて、そして経済コンサルティングで終わります。

また、ポーランドの起業家精神を支援するEUの助成金を利用したり、ビジネスサポートを専門的に扱っている専門企業に行くことも価値があります。そこでは、起業家精神の最初の一歩を踏み出すのに非常に役立つすべての情報を得ることができます。

税金と会計

私たちがどの組織的および法的形態を選択するかについての決定は、すぐに得られる収入に移されなければならない税の種類を決定します。あなたの収入に課税するためのいくつかのオプションがあります、彼ら自身のビジネスを運営している自然人のために、そして民法パートナーシップのために。すなわち:

-個人の場合、一般的な条件での課税には2つの形式があります。

  • 累進税
  • フラットタックス

-ただし、自然人が稼得する特定の収入に対する定額所得税に関する法律に従い、定額課税には次の2つの形式があります。

  • 登録収入の一括払い
  • 税務カード。

営利企業の場合、完全な会計を維持し、CIT所得税を支払うことが義務付けられています。完全な会計を維持するためのコストは、単純化されたものよりも明らかに高いことは注目に値します。このタイプの法的形式は、高い経済的リスクを伴う活動に推奨されます。

また、会社の会計を維持する方法を検討する必要があります。あなたは会計事務所のサービスを利用するか、コンピュータプログラムを使用してあなた自身の会計を行うことができます。最初のオプションはトレーダーの時間を節約しますが、彼の財布を大幅に減らします。会計事務所のサービスを利用するための月額費用は、事業の規模と種類によって異なります。通常、それは数百ズウォティの範囲です。一方、あなた自身のアカウントを保持するには、専用のコンピュータプログラムで十分です。シンプルですぐに使用できます。ますます人気が高まっているオンライン請求機能を使用することもできます。

企業の株式。将来の起業家が誰にお金を頼るかに関係なく、各機関は綿密な事業計画と投資コストの見積もりを要求します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

スタッフ

当社の事業がどのようになるかを認識し、事業を行うために追加の従業員が必要かどうかを検討する必要があります。この場合、人材や給与などのスローガンに精通する必要があります。最も収益性の高い(経済的に)のはあなた自身の仕事ですが、それが単に不可能な場合もあります。追加の人を雇うときは、彼らのスキルを注意深く見直すことを忘れないでください。資格のない人を受け入れたい場合は、追加でコースに送る必要があり、追加費用がかかることを考慮に入れる必要があります。また、事業計画における従業員の強制雇用についても書く必要があります。

事業融資

事業を始めるとき、あなたは資金源を見つけるべきです。潜在的な起業家が自分の資本を持っていない場合、彼は事業を立ち上げるための補助金のために選択された基金に申請することができます。彼が担保を持っている場合(例えば、不動産の形で)、彼はローンまたは銀行からのローンを申請することもできます。解決策は、親戚や友人にローンを依頼することでもあります。会社の運営の最初の数ヶ月は通常、測定可能な利益をもたらすことも覚えておく必要があります。ほとんどの場合、ビジネスに追加する必要があります。