居住者証明書の取得-手続きはどのようになっていますか?

サービス税

所得の課税場所を確認するためには、自由な移動の際に居住者証明書を取得し、給付(金銭的給付を含む)を取得できる可能性が必要になります。居住者証明書に何を含めるべきか、そしてそれを取得する方法を知ることは価値があります。

居住の原則

アートに準拠。 3秒個人所得税法の1、以下PDOF、ポーランドに居住する人は無制限の納税義務の対象となります。これは、収入源の場所に関係なく、ポーランドですべての収入(収入)に対して税金を支払う義務があることを意味します。

ポーランドに住む人は、次のような自然人です。

  1. ポーランドに個人的または経済的利益の中心(重要な利益の中心)を持っている、または
  2. 課税年度に183日以上ポーランドに滞在します。

ダウンロードする:

pdf
税務上の登録事務所の証明書の申請.pdf説明:手動記入フォーム docx
税務上の居住証明書の申請docx説明:編集、印刷、保存

立法者は、個人的および経済的利益の中心の法的定義を導入しませんでした。 2018年10月9日の個別判決における国税情報局長No.0112-KDIL3-2.4011.320.2018.1.JKは、それらを定義しようと試み、次のことを指摘しました。
「個人的利益の中心」は、家庭、社会的、政治的、文化的、市民活動、組織/クラブの会員資格、趣味の追求など、家族の絆として理解されるべきです。次に、「経済的利益の中心」は主に経済活動の場所、収入源、保有する投資、可動および不動の資産、保険証券、取得したローン、銀行口座など」。

順番に、芸術によると。 3秒法人所得税法(以下、PDOPと呼びます)の1-2は、納税者がポーランド共和国の領土に登録事務所または取締役会を持っている場合、どこにいるかに関係なく、すべての所得に対して課税されます。得られた。ポーランド共和国の領土に登録事務所または取締役会がない場合、ポーランド共和国の領土で得た所得に対してのみ税務上の責任が課せられます。

したがって、正しい居住地を決定する問題は、所得が課税対象となる国を示すための基礎であり、したがって、とりわけ、所得税率の適切な決定。

税務上の居住証明書

一方、アートに準拠。 5aポイント21PDOFとアート。 4aポイント12PDOPは、居住証明書への言及がある場合は常に、納税者が設立された州の管轄税務当局によって発行された、税務上の納税者の座席の場所の証明書を意味します。

納税者の税務上の居住地が有効期間を含む居住証明書で文書化されている場合、支払人はこの期間中に行われた支払いについてこの証明書を考慮に入れます。一方、納税者の​​納税者の席の場所が有効期間を含まない居住証明書で文書化されており、外国の請負業者の課税年度を示している場合、支払人はこの証明書を支払いに考慮します証明書発行日から12ヶ月以内に作成。

この時点で、居住者証明書の普遍的なモデルは1つではなく、各国が適切な居住地を確認する証明書の発行とテンプレートの両方に関する独自の要件を決定していることを指摘しておく必要があります。

ビドゴシュチュの税務署長(2008年6月12日の解釈-ITPB3 / 423-211 / 08 / AM)は、次のことを強調しました。
「国際税法における居住地の定義は、所得と財産に対する二重課税を回避するための条約に基づいています。これらの協定は、居住証明書または登録事務所の有効な形式を指定していないため、居住証明書は必ずしも正式な形式で発行されるとは限らず、「居住証明書」という名前を直接含める必要もありません。これらの規定の内容は、居住証明書が少なくとも以下の条件を満たす必要があることを示しています。

  • 管轄の税務当局によって発行され、
  • 税務上の納税者の居住地(居住地または座席)を決定し、
  • 証明書の発行日および/または居住地が確認された日付を含めます。

したがって、所轄の税務当局によって発行された(支払い日に有効な)各証明書は、特定のエンティティがその国の居住地を持っていることを確認するもので十分です。(...)ポーランドの税法では、外国の税務当局による公文書の発行に関連する問題を規制することが不可能であるため、居住証明書の形式が指定されていないことは理解できます。.

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

ポーランドの居住者証明書の取得

アートの規定。税法の306lは、税務当局が納税者の要求に応じて、ポーランド共和国の領土内の税務上の居住地または座席の証明書(居住証明書)を発行することを示しています。税法はアプリケーションテンプレートを示しておらず、そのようなアプリケーションに何を含めるべきかについての明確な定義はありません。

商慣習では、納税者が税務上の居住地または座席の証明書を申請する場合、ポーランドで発行された居住者証明書の特定のテンプレートを最終的に含む情報に基づいてガイドする必要があることが示されています。

条件の1つは、居住地証明書の申請書を(居住地または登録事務所の管轄の納税者に)提出することです。

居住者証明書を取得するためのもう1つの条件は、PESEL番号またはNIP番号を持っていることです。ここで、納税者番号は-Artであることに注意してください。納税者と納税者の登録と識別の原則に関する法律の3-PESEL登録に含まれる自然人であり、事業活動を行わない、または付加価値税の登録納税者ではない納税者のPESEL番号。

さらに、納税者は、居住者証明書を申請する目的と発行期間を指定する必要があります。この時点で、納税者は居住者証明書が有効になるまでの期間をマークしないように申請できることを強調しておく必要があります。過去数年間、指定された終了日を持つ税務上の居住証明書は、受取人を誤解させる可能性がありました-それが証明書の有効期限であるか、指定された日付で証明書の発行国で納税者が税務上の居住地を失ったかは明確ではありませんでした。

納税者は、居住者証明書を申請する際に、所得税の分野における二重課税の回避と脱税の防止に関する合意が居住者証明書を申請することを示す必要があります。

納税者は、申請書を提出する際に、居住者証明書の発行申請数を示すこともできます。税務上の居住証明書を受け取る方法を定義することも価値があります(直接、指定された住所への郵便事業者を介して、または実際の弁護士によって)。

選択した税務署のウェブサイトで、ポーランド共和国の領土内の税務上の居住地または座席の証明書の申請書をダウンロードして補足することができます。管轄の税務当局が既製のテンプレートを提供していない場合は、以下を使用できます。

料金とリードタイム

居住者証明書を取得するには、17ズウォティの印紙税を支払う必要があります。税務当局は、7日以内に申請者に適切な証明書を発行する義務があります。

居住者証明書の発行申請者が納税者の弁護士である場合、彼はまた、関連する許可を添付し、付与された成年後見制度にPLN17の印紙税を支払う義務があります。承認は、PPS-1特別後見制度フォームで行う必要があります。これには、この弁護士の権限の範囲を含める必要があります。たとえば、パートEで、申請書の提出、ポーランド共和国の領土での税務上の居住証明書または登録事務所の発行の範囲での署名など​​を示します。説明を提出し、税務上の居住証明書を収集することとして。