事業を閉鎖する納税者による前払いを計算する際に在庫の違いを考慮に入れる

サービス税

事業を開始して運営するだけでなく、納税者は、税務当局を含む州当局の前で、関連する通知の作成、申請の補足、計算など、さまざまなアクションを実行する必要があります。また、事業の終了には、特に課税年度中に清算された場合、特別な措置が必要です。税務当局は、事業を営む納税者が自分で所得税(PIT)の前払金を計算することを要求しています。事業が清算された場合、いつどのようにそのような計算を行うのですか?この場合、在庫の違いを考慮する必要がありますか?

事業を営む際の所得税の前払い-計算方法、支払い時期は? - 一般的なルール

アートに準拠。 44秒アートで言及されている事業活動から収入を得ている個人所得税法(以下、PIT)納税者の1。 PIT法(非農業経済活動)の第14条は、パラグラフに定められた原則に従って、課税年度中に所得税の前払金を支払うことを義務付けられています。 3、第2項の規定に従う。 3f-3h、すなわち:納税者は毎月の前払いを支払う必要があります。第22条に従い、前払金の額。 44秒PIT法の3fは、次のように決定されます。

  1. 前払いの義務は、所得が芸術で指定された減税額の商である額を超えた月から発生します。 27秒1Bパラグラフ1および第1条で言及されているスケールで指定された最低税率。 27秒1;

  2. 今月の前払いは、アートに定められた規則に従ってこの収入に対して計算された税金です。 26、27および27b;

  3. 次の月の前払いは、年初から得た所得に対する税金と前月の前払いの合計との差額で決定されます。

アートに準拠。 44秒2文PIT法の1では、収入と支出の税務台帳を保持する納税者との前払いを計算するための基礎を構成する経済活動からの収入は、これらの帳簿から生じる収入とそれを取得するためのコストの差です。

非農業事業からの収入の毎月の前払いは、前月の毎月20日までに支払われます。四半期前払金は、前払金が支払われた四半期の翌月の20日までに納税者によって支払われます。課税年度の前月または最終四半期の前払いは、翌課税年度の1月20日までに納税者が支払うものとします。彼は、支払い期限の前に返品を提出し、アートで指定された条件で税金を支払う場合、それぞれ先月または四半期の前払いを行いません。 PIT法の45。

事業活動の清算時の納税者の義務

事業活動の清算の場合、選択された課税形態に応じて、納税者は以下を行う義務があります。

-税規模または一律19%の税率-

  1. 実地棚卸を行います。

  2. 14日以内の在庫に含まれる商品およびその他のコンポーネントの評価。

  3. 収益と費用の帳簿に実地棚卸を入力します。

  4. 清算日に、納税者が作成した資産を含む資産のリストを作成します。

  5. 特定の規則に従い、適時に事業の最後の月(期間)に税金を支払う。

  6. 確立された公式に従って宣言を提出し、年次決済を行い、税金を支払います。

-登録収入に対する定額税-

  1. 清算日に、納税者が作成した資産を含む資産のリストを作成します。

  2. 特定の規則に従い、適時に事業の最後の月(期間)に税金を支払う。

  3. 確立された公式に従って申告書を提出し、年次決済を行い、税金を支払います。

-税務カード-

  1. 事業活動の清算日から7日以内に、事業活動の清算についてPIT-16Zフォームで税務署長に通知する。

  2. 清算日に、納税者が作成した資産を含む資産のリストを作成します。

  3. 特定の規則に従い、適時に事業の最後の月(期間)に税金を支払う。

  4. 課税年度後、1月31日までに確立された公式(PIT-16A)に従って申告書を提出してください。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

事業の清算時のPIT前払金の収入と金額を決定し、在庫の違いを考慮に入れる

過去には、税務当局は、所得を計算する際に、したがって運用の最後の月の所得税を前払いする際に、在庫の違いを考慮する必要があるとの意見でした。 アートに従って。 24秒個人所得税法の3a、法人ではない会社の形で行われるものを含む経済活動または農業生産の特別部門の清算、またはそのような会社からのパートナーの発生の場合、資産のリストは、事業活動または特別部門の農業生産の清算日、またはそのような会社からのパートナーの撤退日として作成されます。リストには、少なくとも次のデータが含まれている必要があります:順序番号、資産の仕様(名前)、資産の取得日、資産の取得にかかった費用の金額、および税に含まれる資産の取得にかかった費用の金額控除可能な費用、初期値、減価償却方法、減価償却費の合計、および発生日または清算日時点で法定人物ではない会社に参加するためにパートナーに支払われた現金の金額.

上記の規定から、事業活動を清算する納税者は、この活動の清算日時点で残っている資産のリストを作成する必要があります。

アートに準拠。 24秒上記2法の規定では、経済活動から収入を得て、収入と支出の帳簿を保持する納税者の場合、営業利益は芸術の意味の範囲内の収入の差です。 14と、取得コストは、貿易品、基本および補助材料(原材料)、半製品、進行中の作業、完成品、不足およびスクラップの最終在庫と初期在庫の値の差によって増加します。最終在庫の値が初期在庫の値よりも高いか、初期在庫の値が高い場合は、初期在庫と最終在庫の値の差が減少します。

2019年12月23日の財務大臣規則の§24によると、収入と支出の税務台帳を保持することについて:納税者は、商品、基本および補助材料(原材料)、半製品、仕掛品、完成品、不足および廃棄物の性質の目録を作成し、本に入力する義務があります。在庫、1月1日、各課税年度の終わり、課税年度中の営業開始日、および課税年度中に定額所得税課税の権利を失った場合、パートナーの変更、株主の株式の割合の変更または事業の清算。

しかし、納税者は、事業活動を清算する際の所得の計算方法に関する規定の解釈について多くの疑問を抱いていました。したがって、この問題は財務省によって取り上げられ、財務省は次のタイトルの文書を発行しました。 事業活動の清算の場合の収入を決定するための規則、7992 / K。大蔵大臣は次のように述べた 事業活動の清算の場合、納税者は、清算日の在庫の差異を考慮して、営業の最終月の課税所得を決定することにより、前払いを決定する必要はありません。作成された在庫を考慮して収入を決定する義務は、updofで規定された状況でのみ発生します。つまり、月末に納税者の意志で作成された在庫、または税務署。

自分の名前で経済活動を行っている人が経済活動を清算した場合、課税所得を決定する際に、納税者は自分が選択した課税形態に従って決済規則を適用します。.

アートに準拠。 44秒PIT法第2条では、歳入と歳出の納税帳簿を保持している納税者との前払いを計算するための基礎となる経済活動からの収入は、これらの帳簿から得られる収入とそれを取得するための費用の差です。ただし、月末に納税者が商品、原材料、補助資材の在庫を作成する場合、または税務署長がそのような在庫を注文する場合、所得は芸術で指定された原則に従って決定されるものとします。 24秒PIT法の2。

上記の2文目から物品、原材料、補助資材の在庫の作成は、納税者の​​意志(自主的な準備)または税務署長の命令(強制的な準備)のいずれかに依存すると規定されています。

収入と支出の税務台帳の保管に関する財務大臣規則の§24で、納税者は商品、基本および補助材料の性質の目録を作成して帳簿に入力する必要があることが示されました(生材料)、半製品、仕掛品、完成品、不足および廃棄物、以下、 実地棚卸1月1日、各課税年度の末日、課税年度中の営業開始日、および課税年度中に定額所得税の課税権を失った場合は、パートナー、株主の株式の割合の変更または事業の清算。

経済活動の清算日時点で作成された実地棚卸は、主に、経済活動の清算が行われた課税年度の課税所得を正しく決定するために使用されます。それにもかかわらず、納税者が事業活動の清算日に実地棚卸を準備して帳簿に記入する必要があるという事実は、先月の所得税の前払金を計算するときにこの棚卸資産を考慮する義務を生じさせません。事業活動を行う。