不動産の一時的な賃貸による住宅救済の喪失-知っておくと良いことです!

サービス税

不動産を売却し、税金を支払う必要を避けたい納税者は、多くの場合、完全に住宅用の別の不動産を購入するために資金を使用することを選択します。これのおかげで、販売は免税の恩恵を受けます。この記事では、物件の一時的な賃貸によって住宅の救済が失われる可能性があるかどうかという質問に答えます!

自家用住宅の免税

ただし、提示された問題の詳細な説明に入る前に、一般的な問題に対処しましょう。アートに準拠していることを説明する必要があります。 10秒1ポイント8点灯。 PIT法では、対価の売却が経済活動の遂行において行われず、取得または建設が行われた暦年の終わりから数えて、5年の満了前に検討するための不動産の売却。

ただし、この法律はこの点で免税を利用する可能性を規定しているため、納税者は必ずしも税金を支払う義務があるとは限りません。まあ、アートに従って。 21秒PIT法の1ポイント131、不動産および財産権の売却による収入。アートで言及されています。 30e、この収入と、検討のための処分日から開始する場合は、検討のための不動産および財産権の売却からの収入における自家用住宅目的で発生した費用の割合の積に対応する金額。支払いに対する売却が発生した課税年度の終了から3年以内に、この不動産またはこの不動産の権利の売却から得られた収入は、自身の住宅目的に費やされました。これらの目的のために発生した文書化された費用は、支払いに対する不動産および財産権の売却からの収入額まで考慮されます。

したがって、支払いに対する売却による収入が完全に住宅目的に割り当てられている状況では、このアカウントで得られた収入は、所得税の免税の恩恵を完全に受けることになります。そのような住宅の目的は、とりわけです別の不動産の購入(PIT法第21条(25)(1)(a))。 納税者が取得が行われた暦年の終わりから数えて5年が経過する前に検討のために不動産を売却する場合、納税者は売却からの収益全体を自分の住宅目的に割り当てることによって税金を回避することができます。

あなた自身の住宅目的の定義

この時点で、PIT法は自分の住宅目的のカテゴリーに適格な経費のカタログをリストしているが、この概念の法的定義はどこにも見当たらないことを説明する必要があります。

ただし、これは納税者の居住用不動産となる不動産への支出に適用されるものと想定しています。言い換えれば、それはことわざの「あなたの頭の上の屋根」であるはずです。免税の本質は、納税者の​​住宅ニーズを満たすことです。その結果、免税は、他の人のための不動産の購入または利益のある購入(例えば、さらなる転売)のために資金を使うことによって使用することはできません。 アートで言及されている免税。 21秒PIT法の1ポイント131は、納税者の​​直接の住宅ニーズを満たす不動産に資金が費やされた場合にのみ支払われるべきです。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

自分の住宅目的と不動産の一時的な賃貸による住宅救済の喪失

上記の考察の文脈において、免税を認めた不動産が一時的に賃貸される状況において、納税者の​​側にかなりの疑いがあるかもしれません。

まず第一に、PIT法は、納税者が取得した不動産にいつ、どのくらいの期間住むべきかを指定していないことに注意する必要があります。自家用住宅の目的は客観的なカテゴリーであり、この条件を満たすための条件の検討は、購入時に納税者の意思の観点から行われます。納税者が居住ニーズを満たすために不動産を購入したが、彼の制御が及ばない外部の事情により、この特定の不動産でそれらを満たすことができない場合、この状況は芸術で指定された免除の権利を失うことにはならないかもしれません。 21秒PIT法の1ポイント131。

この立場は、裁判所の法学において非常に一般的に受け入れられています。たとえば、2016年11月29日の最高行政裁判所の判決では、II FSK3126 / 14は次のように述べています。

「最高行政裁判所の見解では、客観的な状況によって正当化された購入したアパートの一時的な賃貸は、それ自体では納税者がこれらのアパートで自分の住宅目的を追求しないことを意味することはできません。立法者は、分析された条項の内容において、購入された敷地内の所有する住宅目的が購入日から継続的に実施されることを規定していませんでした。しかし、免税を利用するための条件の充足を認めるためには、示された購入を通じて住宅目的を追求するという納税者の宣言は十分ではないという第一審裁判所に同意する必要があります。立法者は、購入時にそのような意図の口頭での宣言からの免税の権利を利用しませんでしたが、購入は自分の住宅目的で行われなければならないことを明確に示しました。

ただし、重要なことに、免税の権利は、賃貸が客観的な外部の理由によって引き起こされた場合にのみ保持される場合があります。しかし、納税者が賃貸という形で厳密に営利目的で不動産を購入する場合、免税は認められず、これは当初からの彼の意図でした。

例1。

納税者は不動産を売却し、売却代金で自分の住宅目的を追求することを目的としたアパートを購入しました。この物件に住んでから数ヶ月後、彼は病院での長期滞在に関連した深刻な病気と診断されました。アパートは回復期に借りられました。回復後、納税者はその物件に居住しました。このような状況では、一時的な賃貸によって解雇の権利が失われることはありません。

例2。

納税者は相続財産を売却し、売却代金を借りてクラクフのアパートを購入しました。彼自身はワルシャワに永久に住んでいます。この場合、当初から彼の意図は不動産を借りることであり、彼自身の住宅ニーズを満たさないことであったため、解雇の資格はありません。[アラート情報]裁判所の判決に照らして、客観的な状況によって正当化された購入した施設の一時的な賃貸は、アートに記載されている免税の権利の喪失を自動的に意味するものではありません。 21秒PIT法の1ポイント131。一時的な賃貸後、納税者がこの物件の住宅ニーズを満たさなくなることは否定できません。また、PIT法には、購入日から継続的に住宅目的を実現するという条件は含まれていません。

上記の説明を念頭に置いて、特定の状況では、アートの免税の下で取得した不動産を一時的に賃貸することが許容されることを指摘しておく必要があります。 21秒PIT法の1ポイント131。納税者の意図がそのような物件を「頭上の屋根」にすることであり、賃貸が納税者の制御を超えた理由によって引き起こされた場合、自分の住宅目的のために資金を使うための条件が維持されます。