課税年度中の一時金の権利の喪失

サービス税

起業する起業家は、さまざまな形態の課税を選択できます。そのうちの1つは登録された一括払いです。上記の課税形態は、決済が非常に単純であることを特徴としています。ただし、この決済方法を選択する納税者は、この決済方法を使用するには、法定要件を満たしている必要があることを覚えておく必要があります。上記の要件を満たさない場合、一時金の権利は失われます。

登録された一時金の形での課税-経済活動

アートの提供に従います。自然人が稼得する特定の所得に対する定額所得税に関する法律の1ポイント1、この法律は、非農業経済活動を行う自然人によって得られる特定の所得(所得)に対する定額所得税による課税を規制しています。

それにより、アートに従って。 4秒上記の1点12法の中で、非農業経済活動は、所得税法の意味の範囲内で非農業経済活動として理解されるべきです。

非農業経済活動の概念はアートで定義されています。 5a個人所得税法のポイント6。以下、PIT法と呼びます。この規定に従い、行為が経済活動または非農業経済活動に言及する場合は常に、それは有益な活動を意味します。

  1. 製造、建設、貿易、サービス、
  2. 鉱床から鉱物を検索、特定、抽出することで構成され、
  3. 物や無形資産の使用で構成されています

-結果に関係なく、組織化された継続的な方法で独自に実施され、そこから得られた収入は、アートにリストされたソースからの他の収入に含まれません。 10秒1ポイント1、2、4-9。

ただし、非農業事業活動を行う者の場合、記録された所得に対する一時金の形での課税の可能性は、アートで指定された施設の欠如に依存することを強調する必要があります。自然人が稼いだ特定の収入に対する定額所得税に関する法律の8。

アートに準拠。 4秒上記の1項目1および4この法律で使用される用語には、次の意味があります。

  • サービス活動-非農業事業活動。その主題は、2015年9月4日のポーランド分類に関する大臣評議会の規則によって導入されたポーランド製品およびサービス分類(PKWiU)に従ってサービスとして分類される活動です。製品およびサービス(PKWiU)(Journal of Laws item 1676、of 2017、item 2453、of 2018、item 2440、of 2019、item 2554 and of 2020、item 556)、項目2および3(項目1)の対象;
  • 製造活動-納税者が実施する、自社生産の製品の販売を含む、新しい製品が作成される結果としての活動(ポイント4)。

ポーランドの製品およびサービスの分類とは、サービスを次のように意味します。

  • 新しい物質的な商品を直接作成しない、生産的な性質の活動を行う経済単位の利益のために提供されるすべての活動-生産サービス。
  • 個人、集団、および一般消費を目的として、国民経済単位および国民の利益のために提供されるすべての活動。

上記を考慮して、登録された一時金の形で事業活動に課税することができます。経済活動の概念が一時金法で定義されていないことは注目に値します。立法者は、PIT法の経済活動の概念を使用しています。上記の解決策は、2つの異なる定義を導入しておらず、所得税で事業活動に課税することを困難にする可能性があるため、確かに正しいと見なすことができます。

登録された一括払いの形で課税を選択できるのはいつですか?

アートに準拠。 6秒一時金法第4条では、納税者は、第1項で言及されている活動から記録された収入に対して、課税年度に一時金を支払います。 1の場合:

  1. 課税年度の前年度:

a)2,000,000ユーロを超えない金額で、単独で実施されたこの活動から得られた収入または

b)会社の形で行われた活動からのみ収入を得て、この活動からの会社のパートナーの収入の合計が2,000,000ユーロを超えなかった。

  1. 彼らは課税年度に活動を開始し、所得額に関係なく、税カードの形での課税の恩恵を受けません。

さらに、課税年度の前年度の納税者が独立して、また会社の形で、課税年度に活動を行った場合、納税者は記録された収入の一括払いを支払います。

  1. 独立して実施される活動とは別に、また会社の形で実施される活動とは別に、それがパラグラフに定められた条件を満たす場合4ポイント1、または
  2. 独立して実行されるアクティビティから、秒で指定された条件を満たす場合。 4点1点灯。および、および会社の形で実施される活動-段落で指定された条件を満たす場合4点1点灯。 NS。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

記録された収入の一時金は、課税年度の前年度に独立して、または会社の形で運営されていた納税者が支払うこともできます。納税者からの収入は、税務カードまたは一部の形でのみ課税されます。その年は納税カードの形で、そしてその年の一部について一般的な条件で課税され、課税年度の前の年の総収入は2,000,000ユーロを超えませんでした。このような場合、税務カードの形で課税される所得は、発行された請求書または請求書に基づいてのみ計算されます。これらの納税者は、第1項の規定を準用するものとします。 4と5。

ユーロ制限は、課税年度の前年の10月の最初の営業日にポーランド国立銀行が発表した平均ユーロ為替レートでポーランド通貨に換算されます。今年、この日は2020年10月1日です。この日にポーランド国立銀行が発表した平均ユーロ為替レートは表No. 192 / A / NBP / 2020に含まれており、PLN4.5153とされています。

したがって、転換を行うことにより、2021年に記録された収入の一時金は、事業活動を継続する納税者が支払うことができ、2020年には9,030,600 PLN以下の独立した活動から、または次の形式で収入を得ることになります。企業の収益であり、すべてのパートナーの収益の合計がこの金額を超えることはありません。

要約すると、高収入を達成せず、複雑な構造を持たない小さな経済活動は、一括で課税されます。

一時金に対する権利の喪失と特定の形態の課税を使用できないこと-否定的な前提

記録された収入に対する一時金の形での課税は、例えば、当技術分野で言及されている否定的な前提がないことに依存している。一時金法第8条。前述の規定に従い、記録された収入に対する一時金の形での課税は、原則として、納税者には適用されません。

  1. (法の)第3章に定められた条件で税カードの形で税金を支払う、

  2. 個別の規制に基づいて、一時的な所得税の免除の恩恵を受ける人、

  3. 全体的または部分的に以下から収益を得る:

    1. 薬局を運営している

    2. 外国為替価値の売買の分野での活動、

    3. 自動車用部品および付属品の貿易分野での活動、

  4. 再生可能エネルギー源からの電力の生産を除いて、別個の規制に基づいて物品税の対象となる製品を生産すること、

  5. 実行される活動を変更した後、課税年度に活動を行う:

    1. 配偶者とのパートナーシップの形で行われる活動のために独立して、

    2. 配偶者の一人またはそれぞれが独立して行う活動のための配偶者とのパートナーシップの形で、

    3. 他の配偶者が独自に行った活動のために、配偶者が独自に

-変更前の配偶者が一般原則に基づいてこの活動に対して所得税を支払った場合、

一時金法の規定の分析は、課税年度中に、事業を営む納税者が記録された収入の一時金の形でこの口座に税金を支払う権利を失う可能性があることを示しています。この場合、一時金の権利を失った日から、税額に応じて所得税を納める義務があります。したがって、一括税の形で課税する権利を失った納税者は、個人所得税法に定められた原則に従ってその活動に課税します。すでに例で示したように、納税者はいつ課税を変更する義務があるかを判断するのに問題があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

納税者が登録収入から一時金から除外されるとすぐに、納税者は課税の形態を変更する義務があります。

一括税から除外された活動から最初の収入を得る日は、起業家が一般規則に切り替えた日です。

アートから生じるルール。 14秒PIT法の1cは、収入が発生する日付は、遅くともその日までに、アイテムの配達、財産権の販売、サービスの実行、またはサービスの部分的な実行の日付であるということです。

  1. 請求書の発行または
  2. 売掛金の支払い。

したがって、収益が発生する日付は、アイテムが配達された日付、財産権が売却された日付、サービスが提供された日付、またはサービスが部分的に実行された日付です。私たちの場合、サービスの日付は5月です。請求書が発行され、支払期日は後日決済されます。そのため、サービスが実行された日に、収入と費用の帳簿を作成し、一般的な規則に従って前払いを計算する義務が発生します。

税法が変更された月には、収入を2つの部分に分割する必要があります(この場合は5月です)。変更前の取引は定額で課税されます。ただし、変更日以降に得られたすべての収入は、一般的な規則に従って課税されます。 除外された収入の分野での経済活動を(これらの収入を得ることなく)報告するという事実は、一時金に対する権利の喪失をもたらさない。

実地棚卸の義務と一時金の権利の喪失

§24秒に準拠。収入と支出の税務台帳に関する規則の1つである納税者は、登録された一時金を支払う権利を失った日に、実地棚卸を作成して帳簿に入力する義務があります。

それは§26秒から生じるので。収入と費用の税務台帳に関する規則の第1項と第4項では、納税者は、実地棚卸の対象となる材料と商品を、購入価格または取得価格、または在庫日からの市場価格で評価する義務があります。購入価格または取得価格よりも低い。半製品(半製品)の在庫、完成品および自家生産の不足は製造原価で評価され、活動の過程で使用中に本来の価値を失ったユーティリティ廃棄物は、結果として生じる価値で評価されます。さらなる使用への適合性を考慮した推定から。 納税者は、実地棚卸の終了から遅くとも14日以内に評価を行う義務があります。

一時金の形で課税する権利を失った納税者によって提出される税申告書は何ですか?

課税年度の終了後、一時金の権利を失い、一般的な条件で課税された納税者は、2つの納税申告書を提出する必要があります。彼は翌年の1月末までにPIT-28を提出し、そこで一括課税所得を決済する必要があります。納税者は、翌年の4月30日までに、課税形態の変更後に得られた収入についてもPIT-36を提出します。