観光サービスとその分類およびVAT

サービス税

近年、私たちは観光サービスの集中的な発展を観察しています。これらは、観光客の物質的および非物質的なニーズを満たすことを目的とした活動です。市場には非常に広範な観光サービスがあり、要求の厳しい顧客のニーズに合わせて調整されています。観光案内所はまた、裕福でない顧客を対象とした個別のサービスを提供しています。 VAT法では、立法者は課税の具体的な手続きを規定しました。したがって、旅行代理店を経営する納税者の観点から、彼が実際に旅行サービスを提供しているかどうかを確認することは非常に重要です。

観光サービスの課税基準

アートに準拠。 5秒物品およびサービスに対する税金に関する2004年3月11日の法律(すなわち、Journal of Laws of 2017、項目1221)の1ポイント1(以下「VAT法」と呼びます)、税金は物品の有償供給の対象となり、国の領土でのサービスの有料提供。

アートで言及されている商品の配達による。 5秒1ポイント1-アートに照らして。 7秒VAT法の1-所有者として商品を処分する権利の譲渡を意味します。アートに準拠。 8秒アートで言及されているサービスの提供を通じたVAT法の1。 5秒1ポイント1は、自然人、法人、または法的な人格のない組織単位に提供されるサービスとして理解され、芸術の意味での商品の供給を構成するものではありません。 7。

原則として、アートによる課税ベース。 29a段落。 VAT法の1、秒の対象。 2-5、アート。 30a-30c、アート。 32、アート。 119とアート。 120段落4および5は、商品の供給者またはサービスプロバイダーが購入者、受領者、または第三者から販売のために受け取った、または受け取る予定のすべての支払いであり、受け取った補助金、補助金、および同様の性質の他の支払いを含みます。納税者が提供する商品やサービスの価格に直接影響を与える。

観光サービスに関連して、立法者は、とりわけ、これらのサービスの課税基準を決定します。

アートに準拠。 119段落。付加価値税法の第1条では、観光サービスの提供に対する課税対象額は、パラグラフに従って、支払われるべき税額によって減額された証拠金の額です。 5.5。

観光サービス-VAT法の意味の範囲内のマージン

観光サービスのマージンの定義はアートに含まれています。 119段落。 VAT法の2。アートに照らして。 119段落。パラグラフで言及されているマージンによるVAT法の2 1は、サービスの購入者が支払う金額と、観光客の直接の利益のために他の納税者から商品やサービスを取得するために納税者が負担する実際の費用との差を意味すると理解されます。観光客の直接的な利益のためのサービスは、提供される観光サービスの要素を構成するサービス、特に輸送、宿泊、食事、保険として理解されます。

アートに準拠。 119段落。 VAT法の3、パラの規定。 1は、誰が観光サービスを購入するかに関係なく適用され、納税者は次のことを行います。

  • 自分に代わってサービスの購入者のために、また自分のアカウントのために行動する。

  • サービスを提供するとき、それは観光客の直接の利益のために他の納税者から商品やサービスを購入します。

アートに準拠。 119段落。 3a第1項で言及されている納税者。 3、第1条で言及されている記録を保持するために必要です。 109販売記録を保持する義務、パラ。 3、観光客の直接の利益のために他の納税者からの商品やサービスの購入に費やされた金額を考慮に入れ、これらの金額が生じる文書を持っている。

注意

第1条で言及されている納税者。 119段落。付加価値税法第3条では、観光客の直接の利益のために購入した商品やサービスの仮払消費税額に課せられる税額を減額する権利はありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

観光サービスの定義

ポーランドの立法者は、VAT法で「観光サービス」という用語の法的な定義を提供していませんでした。さらに、この法律は、他の規範的な法律に含まれる定義を参照していません。

観光サービスの定義はアートの内容にあります。指令2006/112の307/2006年11月28日の評議会のEC(Journal of Laws UE L 347、p。1、修正済み)-以前はアート。 26秒第6指令の最初の2文。参照されたアートに従って。指令2006/112 /理事会のECの307では、旅行の実施において旅行代理店が行った取引は、旅行代理店が観光客に提供する単一のサービスと見なされます。その規定の意味における「単一サービス」の概念には、他の課税対象者から取得した供給が含まれます。

次に、ポーランド語辞書(Wydawnictwo Naukowe PWN、Warsaw 2005、p。1052)は、この概念を次のように定義しています。 「長期または短期滞在のための永住地の外への組織的な旅行、観光または健康目的のために外国の領土をさまよう」。

世界観光機関(WTO)は、統計目的で次の観光の定義を推奨しています。 「観光は、主な目的が有益な活動である旅行を除いて、日常の環境の外で休むことなく、レクリエーション、専門的または他の目的のために1年以内に旅行および滞在する人のすべての活動をカバーします。」

したがって、観光サービスは、特定の観光イベントを行うことができなかった部分的なサービスをカバーする、観光客に提供されるサービスとして理解されるべきである。したがって、レクリエーションや娯楽(つまり、イベントの包括的なプログラム)と組み合わせたパッケージまたは個別のレジャー旅行は、観光サービスと見なす必要があります。それはまた、観光という言葉の一般的な理解と一致しています-ポーランド語辞書では、「観光」は、通常、観光、スポーツ、遠足などと組み合わされた、より長いまたはより短いレジャー旅行を意味します(ポーランド語辞書、Gazeta WyborczaのPWNライブラリ) 。

アートの内容から。観光サービスに関する1997年8月29日の法律の4(すなわち、2016年の法律ジャーナル、項目187、観光サービスの提供に関しては、経済活動の自由に関する2004年7月2日の法律の意味の範囲内で規制された活動ですまた、観光主催者および観光仲介業者の登録簿(以下「登録簿」と呼びます)への記入が必要です。

この法律で使用されている用語は、次のように理解する必要があります。

  • 観光サービス-ガイドサービス、ホテルサービス、および観光客や訪問者に提供されるその他すべてのサービス。

  • 観光イベント-統一されたプログラムを形成し、共通の価格の対象となる少なくとも2つの観光サービス、これらのサービスに宿泊が含まれる場合、または24時間以上続く場合、またはプログラムが滞在場所の変更を提供する場合(第3条(1) (2)上記法の)。

上記の定義を考慮すると、VAT法に照らして何が観光サービスと見なすことができるかという質問に明確に答えることは困難です。

包括的なサービスのみを観光サービスと見なすことができますか?

税務当局は、マージンに基づいて課税される観光サービスは、ホテルサービスの転売(観光サービスに関連する追加サービスなし)にはなり得ないと考えています。旅行代理店を経営する場合、納税者はグローバルサプライヤーからホテルサービスを購入します。観光客は通常、包括的なサービスを購入します(ホテルサービスとは別に、追加のレジャーサービスが含まれます)。旅行代理店は、競合するときに以前に購入したホテルサービスのみを販売することがあります。転売の場合、ホテルサービスのみ、お客様が休憩所に到着し、ご自身で食事の手配をいたします。上記のレクリエーションの形態は、裕福でないクライアントを対象としています。そのような場合、税務当局はホテルサービスが転売されていると信じており、それは観光サービスとは見なされませんでした。

上記の立場は、第一審と第二審の両方の行政裁判所によって承認されませんでした。

2017年2月15日の最高行政裁判所の判決において、参考文献を提出してください。 Act I FSK 1554/15、私たちは読みます:

「観光サービスは芸術の意味の範囲内であるという税務当局の意見を考慮して、上記の判決から生じる最高行政裁判所の立場を共有する必要があります。 VAT法の119は包括的である必要があります。つまり、ホテルサービスに関しては、別のサービスと組み合わせる必要があります。この見解は、アートを含む法規制によって正当化されていません。指令112の307。この規定の規制は、旅行代理店が観光客に提供するサービスを包括的なサービスとして特定していませんが、課税の目的で、これらのサービスを単一のサービスとして扱うことを指します(それらの構成)マージンスキームの下で課税されます。

C-163 / 91財政グループBeheermaatschappijVan Ginkel Waddinxveen BV、Reisen Passagebureau Van Ginkel BVおよびその他の事件で第一審裁判所が引用した1992年11月12日の判決で法廷が述べたように、芸術。売上高税に関連する加盟国の法律の調和に関する1977年5月17日の第6回理事会指令の26-付加価値税の共通システム:統一税査定ベース(77/388 / EEC-以下「VI指令」)旅行者に宿泊施設を提供するだけで、旅行者のサービスは提供されない旅行代理店および旅行代理店も対象となるように解釈されます。裁判所の見解では、旅行代理店と旅行代理店が旅行者に宿泊サービスのみを提供し、旅行サービスは提供しない(旅行者が自分で宿泊施設に出入りする)という事実は、そのようなサービスがそのようなサービスであるという認識を排除するものではありません。アートの適用範囲に含まれます。 VI指令の26。この判決はアートの下で出されました。この場合に分析された指令112の規定に相当するVI指令の26」。

この判断は、旅行代理店による、観光客の利益のためにマージンベースで購入された単一のサービスに対する課税を引き起こします。もちろん、税務当局は必ずしも上記の判決のこれらに導かれる必要はありませんが、納税者は苦情の中で上記の判決を参照して、裁判所に不利な決定に対して上訴する機会があることを覚えておく必要があります。