特定の条件下でのVATなしのトレーニングサービス

サービス税

事業を立ち上げるには、会社の決済に関して多くの選択をする必要があります。有効なVAT納税者としてのVAT登録に関しては、売上高の制限による免税の恩恵を受ける人もいれば、所得の価値を確認せずに事業プロファイルに起因する人もいます。どのような場合にトレーニングサービスが客観的なVAT免税の恩恵を受ける可能性があるかを確認してください!

VATを免除されるトレーニングサービス

トレーニングサービスのVAT免税の権利を確立するために、アート。 43秒VAT法の1、特に教育活動の免税を規制するポイント26-29。記事に基づく。 43秒VAT法の1ポイント26、免税は以下によって提供されるトレーニングサービスによって使用されます:

  • 2016年12月14日の法律の規定の意味の範囲内で教育システムの対象となるユニット-教育および育成の分野における教育法、

  • 大学、ポーランド科学アカデミーの研究ユニット、教育分野の研究機関

-およびこれらのサービスに密接に関連する商品およびサービスの供給。就学前、初等、中等、三次レベルの教師が提供するトレーニングサービス(私立教育サービス)もVATが免除されます。この場合、免除はアートから生じます。 43秒VAT法の1ポイント27。

この免税は、語学教育サービスであるトレーニングサービスを提供する起業家によっても使用される場合があります。このようなサービスは、アートに従って税金が免除されます。 43秒VAT法の1ポイント28。

職業教育訓練

アートに基づくVATの免除の恩恵を受けるため。 43秒1pt。29では、提供されるトレーニングサービスは、職業トレーニングまたは再トレーニングサービスと見なす必要があります。 職業訓練または再​​訓練サービスには、業界または職業に直接関連する教育が含まれ、職業に必要なスキルおよび資格の訓練または開発の範囲で有能な雇用を開始することができます。

さらに、次の条件の少なくとも1つが満たされている必要があります。

  • トレーニングは、別の規則で規定されている形式と条件で実施されます

上記の条件を満たす訓練の例は、労働安全衛生の訓練です。それは、とりわけ、雇用主または従業員。この場合、労働安全衛生の規定と原​​則に関する知識が仕事を遂行するための前提条件であるため、これらは職業訓練サービスです。 OHSトレーニングを実施する義務は、労働法の規定から直接生じます。したがって、これらの規定に従って実施されるトレーニングは、アートに従ってVATが免除されます。 43秒1点29点灯。 a)VAT法。

2013年5月24日のカトヴィツェの税務署長の個別の解釈を読んだとき(番号IBPP1 / 443-169 / 13 / AW):

'(…)露天掘り鉱山工場の労働安全衛生の分野でのトレーニングサービスも、職業トレーニングサービスの定義を満たしています。 (...)したがって、これらのトレーニングは、アートに基づくVAT免税の恩恵を受ける可能性があります。 43秒1点29点灯。およびVAT法(...)'

  • トレーニングは、教育システムの規定の意味の範囲内で認定を取得したエンティティによって提供されます

VAT法の規定は、VAT法に基づいて提供されるサービスがVAT免税の恩恵を受けるために取得しなければならない特定の認定を示していません。この規則は、教育システムの規定の意味の範囲内で発行された認定のみを要求し、与えられたトレーニングサービスが認定によってカバーされることを要求します。

  • トレーニングは完全に公的資金で賄われています

ただし、財務大臣の条例に従い、免除は職業訓練または再​​訓練サービスにも使用でき、EU基金などの公的資金から少なくとも70%の資金が提供されます。

ここで言及する価値があるのは、「融資」は、たとえば公的資金を受け取るトレーナーと、公的資金からトレーニングの費用を支払う購入者の両方に適用される場合があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

上記のいずれかの場合条件に応じて、このタイプのサービスはVAT免税の対象となります。ただし、納税者がVATの客観的免税の恩恵を受けることができない場合は、主観的免税を選択することができます。このような免税は、前の税年度に課税された純売上高が200,000PLNを超えなかった納税者が使用することができます。活動が一年中実施されなかった場合、この制限は、課税年度に実施された活動の期間に比例して定義する必要があります。

ただし、納税者が上記の条件のいずれかを満たさず、VATを免除される資格がある場合、納税者はVATで税収を課税する義務があります。

wfirma.plでのトレーニングサービスに対するVAT免税

wfirma.plシステムでは、VATを免除されたトレーニングサービスを決済することができます。これを行うには、[設定]»[税金]»[VAT]タブに移動し、[VAT免税]フィールドのチェックを外し、[VAT免税の法的根拠]フィールドで、[事業活動の種類による免税]を選択します(納税者がVAT免税の恩恵を受ける場合)付加価値税法第43条へ)。

次に、[収益]»[販売]»[展示会]»[請求書(VATなし)]タブを使用して、VATなしで請求書を発行できます。これには、免税の根拠が自動的に含まれます。