インターネットを介して提供されるサービス-納税義務が発生した瞬間

サービス税

今日、ますます多くの人々がオンラインで購入しています。今まで、彼らは主に商品に関係していました。ただし、オンラインサービスも購入することが多くなっています。インターネットを介してサービスを販売する納税者は、多くの場合、納税に問題があります。納税義務が発生する瞬間を決定することは、特定の問題を引き起こします。インターネットで提供するサービスの納税義務について説明します!

サービスを提供するという概念

VATは有料サービスの対象となります。アートに準拠。 8秒アートで言及されているサービスの提供を通じた付加価値税法(以下、VAT法と呼ぶ)の1。 5秒1ポイント1は、自然人、法人、または法的な人格のない組織単位に対するサービスとして理解されるべきであり、芸術の意味での商品の供給を構成するものではありません。 7。

サービスという用語は非常に広く定義されていることに注意してください。サービスの定義のこのタイプの構築により、VATを経済活動の一部として実行されるすべてのトランザクションに含めることができます。また、一般的な理解では、この概念の範囲よりも間違いなく広いです。この定義には、プロバイダーによる行為の実行からなるトランザクションだけでなく、プロバイダーが積極的に行動する必要のない一連のトランザクションも含まれます。購入したサービスの転売もサービスの提供とみなされます。インターネットを介して提供されるサービスのVAT課税に法的な障害はありません。上記の法規制に照らして、それらは従来の方法で提供されたものとして扱われるべきです。

電子サービス

アートに準拠。 VAT法の2ポイント26では、電子サービスは、当技術分野で言及されている電子通信によって提供されるサービスとして理解されています。規則282/2011の7。アートに準拠。 7秒2011年3月15日の理事会実施規則(EU)No 282/2011の1-3は、2011年3月15日の付加価値税の共通システムに関する指令2006/112 / ECの実施措置を「電子的に提供されるサービス」に規定しています。指令2006/112 / ECには、インターネットまたは電子ネットワークを介して提供されるサービスが含まれます。これらのサービスの提供は、その性質上、本質的に自動化されており、人の介入が最小限で済み、情報技術を使用せずに実行することはできません。

ただし、インターネットで提供されるサービスのほとんどは、人間の関与が依然として重要であるため、これらの基準を満たしていません。上記は、インターネットで非常に人気のあるアドバイザリー、法律、言語、健康(痩身)サービスに特に当てはまります。

納税義務が発生した瞬間

納税義務は、商品が配達されたとき、またはサービスがアートに従って提供されたときに発生します。 19段落VAT法の1、秒の対象。 5秒。セブンイレブン、アート。 14秒6、アート。 20とアート。 21秒1.1。

VAT法の構造は、その規制の対象となる活動を行う納税者は、納税義務が発生したときに特定の活動に課税する義務があることを示しています。上記の規定は、商品の配達またはサービスの実行時にこの義務が発生するという一般的な規則を策定します。これは、商品またはサービスの供給が行われた期間に税金が課税されることを意味し、この期間に決済する必要があります。

立法者は、特定のサービスに対する納税義務の発生を具体的に規制しています(VAT法の第19a条(5)を参照)。アートに準拠。 19a段落。 5ポイント4点灯。付加価値税法のbでは、サービスの提供に関する請求書を発行すると、納税義務が発生します。

  • 電気通信;
  • アイテムに記載されています法の付属書3の140–153、174および175。
  • レンタル、レンタル、リースまたは同様のサービス。
  • 個人の保護およびセキュリティのサービス、監視および資産の保管。
  • 恒久的な法律およびオフィスサービス。
  • 電気、熱または冷却およびラインガスの分配。例外は、Artが対象とするサービスです。 28b。

パラグラフで言及されている場合。 5点3および4は、納税者が請求書を発行しなかった場合、または遅れて発行した場合、アートで指定された請求書発行期限の満了時に納税義務が発生します。 106秒3および4、およびそのような期限が指定されていない場合は、アートに基づく支払い期限の満了時に。 19段落VAT法の7。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

インターネットサービス-納税義務はいつ発生しますか?

インターネットを介して提供されるサービスの場合に納税義務が発生する瞬間は、従来のサービスの場合と同じです。しかし、そのようなサービスを提供することになると、それらがいつ実行されたかはしばしば不明です。

例1。

納税者はインターネットを介して家電製品の修理サービスを提供しています。この目的のために、クライアントがサービスの実行を依頼できるプラットフォームがあります。注文全体は納税者のワークショップで行われます。機器はお客様のドアからピックアップされ、納税者の​​敷地に配送され、そこで修理されてから所有者に返送されます。さらに、顧客満足度を測定するために、納税者は特別なオンライン調査を顧客に送信します。規則に従って記入することは、サービスの受け入れと終了を意味します。このような状況で、質問票に記入することで、納税義務が発生する瞬間が決まりますか?

この状況では、特定の修理サービスが決定的です。調査を完了しただけでは、納税義務を無期限にシフトすることしかできませんでした。これは、店舗の調査規則の規定が法律の内容に反していると見なされるべきであることを意味します。これらの規定は、VAT義務が発生する瞬間が不正確になる状況につながる可能性があります。この種の解釈は、2017年4月5日の最高行政裁判所の判決によって確認されています。 I FSK 1684/15:

「したがって、特定のサービスが実際に実行されたかどうかは、その性質によって決定され、客観的な基準に従って評価されます。また、その履行の性質と時期は、大陸法契約の当事者によって決定されますが、サービスの実際の履行以外の時期に納税義務が発生したことを立証することはできません。サービスは機器の修理として定義されているため、そのパフォーマンスは税金の義務を意味し、無意味であるため、作業の受け入れのみが機器の修理の瞬間になるとは想定できません。また、当事者が何を目指しているように見えるかを事前に想定することもできません。サービスプロバイダーは、自分のしたことを受け入れるまで、自分の義務が何であるかを知らず、自分に支払うべき報酬も知りません。

報酬の最終的な金額は、サービスの受領者が行った作業の受け入れに関する情報がわかるまでわからないという議論は、サービスが支払われるという事実が議論の余地がないままであるため、当事者間の和解の問題に関係しています。これは、サービスプロバイダーが最初から自分のサービスの価格を知っていることを意味します。これは、申請者の概念を採用すると、サービスのパフォーマンスではなく報酬が、法律を超えた納税義務のタイミングに影響を与えると最終的に結論付けられることを意味します。

考慮事項を要約すると、インターネットを介して提供されるサービスの決済は、従来の方法でのパフォーマンスと同じ方法でVATで決済する必要があります。