職業教育サービスとVAT免税

サービス税

職業訓練および再訓練サービスは、常にVAT免税の対象となるわけではありません。特定のサービスの提供によりVAT免税を適用する資格があるかどうかを判断すると、納税者は次のような多くの問題を引き起こします。規則における職業訓練サービスの定義の変更による。したがって、職業訓練または再​​訓練サービスがいつVATを免除されるかを分析しましょう。

VAT法における職業教育サービス

アートに準拠。 43秒ポイント26に記載されているもの以外の商品およびサービス、職業教育または再訓練に関する法律の1ポイント29は、VATが免除されるため、ポーランドの教育システム、大学、科学ユニットの対象となるユニットによって提供されるものとは異なります。教育の範囲内の科学アカデミーおよび研究機関:

  • 別の規則で規定された形式および条件で実施され、
  • 教育法の規定の意味の範囲内で、認定の対象となるサービスの範囲内でのみ認定を取得した事業体によって提供されます。
  • 公的資金とサービスの提供およびこれらのサービスに密接に関連する商品の供給から完全に資金提供されています。

「別の規則で規定された形式および条件で実行される」サービスに関して、納税者の​​間で多くの疑問が生じます。説明は財務大臣によって提供され、VAT免除の適用可能性を判断するために、EUと国内法の規定、および特にEUの司法裁判所の管轄権を参照する必要があることを指摘しました。共通の付加価値税制度に関する2006年11月28日の理事会の指令2006/112 / ECへ。 認定は、特定の要件が満たされていること、および提供される教育が質の高いものであることを確認します。認定は、継続教育機関、実習機関、訓練および職業訓練センターを運営している場合に、管轄の評議員会によって発行されます。この場合、教育は学校外の形式で提供されます。

職業の行使に必要な訓練サービス

財務大臣は、特定の専門家グループに現職研修の義務を課す規定は、VATを免除されるこれらのサービスを含めるのに十分な条件ではないことを強調しています。物品サービス税の免税が職業教育サービスに適用されるためには、規定がこの教育の形式と原則を規制する必要があります。

ワルシャワの税務署長の地位を覆すワルシャワの地方行政裁判所の判決
2017年11月10日のワルシャワの地方行政裁判所の判決(III SA / Wa 3096/16)は、8月のワルシャワの税務署長によって発行された個々の判決IPPP1 / 4512-408 / 16-4 / KCに関するものでした。 2016年9月9日。心理療法士および精神療法の分野で専門知識を必要とするその他の人々の職業を実践するための訓練に関連して免税を適用する可能性に関して、個別の判決が出されました。申請書の中で、申請者は、将来のイベント、すなわち、活動の一環として心理療法トレーニングサービスを提供するリミテッドパートナーシップを確立する計画について説明しましたが、この会社は、教育システム。申請者によると、示されたサービスは、第43条に基づくVAT免税の恩恵を受ける可能性があります。 1点29点灯。心理療法士および心理療法の知識が実践に必要な他の人々の認定を受けていない事業​​体によって提供される、職業訓練または再​​訓練サービスとしての付加価値税法のa。正当化において、申請者は、上記の規定の誤った実施のために、EU理事会規則第282/2011号および指令2006/112 / ECの規定を参照する必要があることを示しました。これは、ポーランドの規定では、VATの免除を、別の規制で規定されている条件でのサービスの提供に依存させないでください。

ワルシャワの税務署長は、EU理事会規則第282/2011号および彼女が示した指令2006/112 / ECの規定を無視して、申請者の立場に同意しませんでした。

ワルシャワの税務署長は次のように述べています。

「免除の適用については、所与のサービスを職業訓練または再​​訓練のサービスとして認識し、次にこの規定から生じる追加の条件を満たすこと、すなわち、提供された形式および条件で所与の訓練を実施することが重要です。個別の規制で、または特定の種類のトレーニングの認定を取得するため、または特定のトレーニングに完全に公的資金から資金を提供するため。

したがって、心理療法士およびリミテッドパートナーシップが提供する予定の職業を実践するために心理療法の分野の知識が必要な他の人々のための心理療法の分野でのトレーニングサービスは、で提供されるVAT免除の恩恵を受けないことを述べておく必要があります美術。 43秒1点29点灯。問題のトレーニングは、別の規則で規定されている形式および条件で実施されていないためです。心理療法士のためのトレーニングを組織することにより、会社はアートで指定された免税の恩恵を受ける資格を与える他の条件を満たしていません。 43秒法の1ポイント29ポイントb-c。したがって、心理療法の分野で大学の下請け業者としても提供されるものを含む、計画されたトレーニングサービスは、Artに従って23%のVAT率で課税されます。 41秒1を組み合わせて冗談で。法の146aポイント1」。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

上記に関連して、申請者は、彼女の場合、ワルシャウの税務署長が出した解釈に異議を申し立て、ワルシャウの地方行政裁判所は彼女の権利を認め、会社が提供するサービスは免除される可能性があると述べました。バット。

裁判所は、アートの不完全な実施に関する広範な法学に言及しました。 43秒1点29点灯。付加価値税法は、規定の不完全な実施は解釈機関にそれを省略する権利を与えないと結論付けましたが、EU法の関連規則、すなわち規則282/2011と指令を考慮する必要があります。

要約すると、すべての職業訓練または再​​訓練サービスがVATを免除されているわけではないと言えます。特定の種類のサービスが客観的な免税の恩恵を受ける可能性があるかどうかを判断するには、規定の詳細な分析と発行された税の解釈が必要です。さらに疑問がある場合は、私たちのケースに関して個別の解釈を申請するのが最善の解決策かもしれません。